不況時代に重宝する調理師の資格

調理師

調理師の通信教育は調理師を目指す人のための通信講座です。
調理師は、食品に関する栄養はもちろん、衛生面や適切な調理の方法などの知識も必要で、ただ単に食事を作るだけでなく、安全に料理を作ることができるかが重要になっています。

調理の経験、知識があることの証明が調理師国家試験に合格をした後煮えられる調理師免許です。
調理師免許を取得すれば就職や転職、キャリアアップにも活用することができますし、独立して店を持ちたいと思っている人、店をオープンさせたいと思っている人にとっても、メリットとなるのです。

調理師が活躍できる場所は飲食店に限らず、福祉、病院、食堂などさまざまな場所で役に立つことができるので、活躍できる場所は幅広いのです。
働き方もさまざまでアルバイト、パート、正社員などあなたのライフスタイルに合わせて働くことができることがメリットといえるでしょう。

調理師通信教育では教材を使って自宅で、無理なく調理師の資格取得を目指せる通信講座ですので、将来夢を持っている人はもちろんですし、仕事に活かさなくても、家族のために活かすことができる資格でもあります。

働きながらでも家事をしながらでも通信講座なら学べます。

実は知らない… 調理師通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

調理師の通信教育は、働きながら調理師を目指したいと思っている人にとって、効率よく無理なく両立できるメリットがあります。
また飲食業会に就職したいと思っている人や転職をしたいと思っている人にとっても、調理師免許を持っていれば有利になりますので、そのための学習が自分のペースで自分の家でできることは大変メリットとしては大きいでしょう。

調理師免許を持っていれば飲食店を開く際に必要となる食品衛生責任者資格を申請するだけで取得できるメリットもあります。
仕事をしている人で学校に通うことが難しい人にとっても、自宅で自分のペースで通信教育なら学習をすることができるので、両立がスムーズです。

調理師の学校に通うよりも、かなり学費が安く済むこともメリットとしてあげられます。
飲食業界で今いるポジションよりもステップアップをしたいと思っている人にとっては、仕事をしつつ調理師の通信教育を受けることによって給料アップにつながることもあります。

パートやアルバイトの人は調理士免許を取得したら正社員にステップアップすることができるメリットもあるのです。
仕事に活かすだけでなく、家事や子育てをしている主婦が調理士について通信教育で学ぶことも可能です。
子供が小さくて外に出られなくても家で学習できて家族のためになります。

知って得する! 調理師通信教育のデメリット

デメリット

調理士の通信教育を受けるデメリットについてですが、これは調理士の通信教育に限ったことではないのですが、通信教育ということですべて自己管理で学習を続けなければいけないデメリットがあります。

学校へ通った場合には、学校に通うだけで学習が進みますし、わからないことがあっても教えてもらえますし、調理士に必要な知識も技術も身につけることができるでしょう。
しかし通信教育ですから自分のペースで学習をコツコツと地道に進めていかなくては、何もしないのであれば学習は一向に進まないのです。

調理士通信教育は自己管理ができる人でなければ挫折する可能性が高いこともデメリットとしていえるでしょう。

自己管理ができる人は計画に沿って学習が進みますから、いいですが、そうでない人はモチベーションを維持することも難しく、最後までやり遂げられないかもしれません。
通信教育は自宅でできる学習方法であり空き時間が使えば手軽に学習できるとはいいますが、それは空き時間を必ず確保した上での話です。

仕事との両立、家事や子育てとの両立をしていくなら、空いた時間があったら学習するというスタイルではなく、確保して学習時間を作らないと進まないでしょう。

調理師の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
日本料理、西洋料理、中華料理などの飲食店、企業や病院などの給食、あるいは飛行機の機内食、食品関係企業の開発部門など、料理がつくられるありとあらゆるところに活躍の場があります。
将来の調理師資格の義務化をにらんで、資格は就職や転職の強い味方となるでしょう。

また資格取得によって、職場での待遇や収入のアップにつながります。
さらには飲食店などで修業ののち、独立して自分の店を持つことも夢ではありません。

≪気になる将来は?≫
調理師法の改正により飲食店などでは「調理師を置くように努めなければならない」という努力規定が設けられました。
採用時に免許が必須の職場も増えており、これから料理人として活躍したい人はぜひ取得したい資格です。

また調理師の資格があれば、申請するだけで食品衛生責任者の資格を取ることができます。
さらなるキャリアアップに専門調理師、調理技能士の資格を取れば、一般調理師より高いレベルにあることの証明となります。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

まずは、受験資格をチェック!【調理師講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】41,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々2,980円 ×14回)
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト7冊、用語・条文・資料集、パワーアップ問題集、ガイドブック、解答集、合格BOOK、合格ナビ(DVD)、添削関係書類、その他
対象 初心者歓迎!
試験合格を目指す方に。(※受験資格あり)
目指せる資格 調理師
■家庭でも楽しめ講師としても活躍できる■ 薬膳インストラクター養成講座〈86〉★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!
費用 【入学金】0円
【受講料】47,000円(税込)(総額制)
【その他】※分割払いあり (※各種クレジットカードによる支払可)
標準期間 約4ヶ月
送付物 ・テキスト2冊
・DVD6枚(講義&実技)
・添削問題1冊(添削回数5回)
・レシピカード2冊
①「覚えておきたい♪基本のレシピ」(全37レシピ)

②「おうちでちょっとひと手間 薬膳料理」(23品)

・食材五行分類表

対象 「健康的な薬膳に興味のある方」
「飲食業界で働く方のプラスαの資格として」
「生活習慣病予防や日々の体調管理を大事にされる方」
目指せる資格 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定
「薬膳インストラクター資格」