不況時代に重宝する栄養士の資格

栄養士

栄養士の通信教育では栄養士を目指している人が国家試験として受験することを手伝ってくれます。
国家試験対策学習が栄養士通信教育ではできるのです。
栄養士になりたければ受験資格の条件をまずはクリアした上で国家試験に合格をする必要があります。

栄養士の資格は栄養士養成施設を出ていれば誰でも卒業は可能です。

ですが、自力で栄養士になる場合には国家試験を受験して合格をして、そして栄養士名簿への登録も必要です。

栄養士の通信講座では、知識やさまざまな広い範囲のことを学ぶことができます。
それは学校に通っても学ぶことができるのですが、学校へ行くよりも、自宅で自分のペースで学習ができるというメリットがあります。

さまざまな通信教育がありますが、中には大学の通信制もありますので、通信制になると合格率も上がりますし修了すればそのまま資格を取得できる大学などもありますので検討してみてはいかがでしょうか。

栄養士の通信講座なら無理なく自宅で学習することができるので、仕事と両立しながら取得したいと考えている人にとってもぴったりです。
家事や子育ての合間に資格取得の学習をすることができるので主婦の間でも、子育てや家事と両立させて人気です。

実は知らない… 栄養士通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

栄養士の通信教育のメリットは、家で自分のペースで学習をすることができること、それが一番のメリットです。
学校に通うこともできますが学校よりも通信教育ならかなり費用が安くなりますし、通学にかかる時間も必要がないのが特徴です。
通学にかかる時間を、その分学習に当てはめることができるというメリットもあるのです。
学費も通学より安くすむのは嬉しいメリットです。

栄養士の資格を独学で目指すこともできるかもしれませんが、その場合は費用がテキスト代くらいですむのでさらに安くすむとはいえ、それでも自力で学習して合格するのはかなり大変なことなのです。
その点通信教育なら試験内容にとても沿った内容になっているので、受験対策にぴったりであるメリットもあります。

また通学なら仕事の合間にでも家事の合間にでも学習できて好きなときに続けられるメリットもあります。
学校へ通うとなると、どうしても仕事の都合をつけて学校に通わなくてはいけませんし、どうしても学校へ行けない日もあるかもしれません。

しかし自宅での通信教育なら自分のできるときに学習をすればいいので、その点融通が利くというメリットがあるのです。
自分でコツコツ学習ができる人にとっては、ぴったりな学習方法です。

知って得する! 栄養士通信教育のデメリット

デメリット

栄養士の通信教育のデメリットについてですが、勉強できる環境を自分で整えなければいけないことです。
学校へ通う場合には自分で整えなくても学校が学習できる環境を整えてくれていますし、通えばそれだけで環境が整っているというメリットがあります。

ですが、通信教育は自宅で自分で学習をしなければいけないので、学習をする環境を自分で整えなければいけませんし、最初は整っていたとしても最後まで継続して整え続ける必要があります。

なかなかずっと最後まで継続して学習を続けることは大変なことで、学習をするという習慣が普段からある人ならいいのですが、その習慣がない人にとっては、家で集中できる環境を整えることはとても難しく、自分の意志が弱い人ならとくに、途中で挫折するデメリットも出てくるのです。

通信教育で栄養士を目指すなら、よほどの強い意志をもっていなければいけませんし、モチベーションをいかにして維持し続けるのか、それが注目すべき点です。
自分に向いている学習方法なのかどうか、その点を自分でしっかりと考えた上で受けるかどうか検討したほうがいいでしょう。

費用の面は安くすみますが、期間内に終えられればいいですが伸びれば延長料金や追加料金がかかるデメリットもあります。

栄養士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
就職先は、保健所、行政機関、病院をはじめ、学校の給食センター、スポーツ施設、企業の社員食堂、老人福祉施設、研究機関など多岐にわたり、献立作成や栄養指導を行う専門家として活躍しています。

またフードコーディネーターにも当資格をもっている人は多いようです。
但し、栄養士の資格は無試験で取得することができるため、有資格者は非常に多く、資格を強みとするには、更に上級の管理栄養士の資格取得が有効です。

≪気になる将来は?≫
フィットネスクラブでダイエットメニューのアドバイスをしたり、食品メーカーで健康食品の開発を手がけたり、栄養士の仕事が多様化してきています。
スポーツ界では、トレーニングに加え栄養面からの体づくりが注目され、栄養士への期待も高まっているようです。

また料理研究家やコンサルティング業など、フリーで働くというスタイルも増えてきており、新しいフィールドは、今後ますます増える傾向にあると言えるでしょう。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【 食育講座 】 野菜編/穀類編/畜産編/魚編/くだもの編
費用 【入学金】0円
【受講料】17,000円(総額制・税込)
【その他】※穀類編/野菜編/畜産編/魚編/くだもの編 各17,000円
※全編セット講座 81,000円
≪支払方法≫
[一括・分割]クレジット/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払い/代金引換払い
標準期間 約6ヶ月
送付物 1.テキスト 1冊
2.添削課題レポート
[添削:4回]
対象 初心者歓迎
食育に興味がある方大歓迎です!
目指せる資格 フードインストラクター
[NPO法人みんなの食育認定]
おいしく、楽しい健康づくり 食育実践講座
費用 【入学金】0円
【受講料】22,000円(総額制・税込)
標準期間 約3ヶ月
送付物 テキスト/お食事診断(カロリーママ)/修了試験問題、解答解説/食育実践レシピ集/学習ガイドブック
対象 栄養バランスの取れた食事作りができるようになりたいと思っている方。一人暮らしで食事の栄養バランスが気になる方、小さな子供のいる主婦の方など
目指せる資格 修了証書を発行
食育指導の決定版 !子育てや家族の健康に活かせる食育を学ぶ!
服部幸應の食育インストラクター養成講座
費用 【入学金】0円
【受講料】39,900円(総額制・税込)
【その他】分割払いあり
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト5冊、サブテキスト3冊、DVD(ビデオ)3巻、指導課題集、ガイダンス 他
対象 初心者歓迎
子どもに正しい食生活を教えたいお母さまはもちろん、学校や保育園、食品関連会社、福祉施設などで食育のインストラクターとして活躍されたいという方にも最適です。
目指せる資格 NPO日本食育インストラクターPrimary