不況時代に重宝するバリスタの資格

バリスタ

通信講座の中にはバリスタになるための講座もあります。
バリスタといえばコーヒーのプロですが、バリスタになりたいと思っている人で学校に通うことができない人にとっては通信講座という学習方法はとても向いているといえるでしょう。

仕事をしつつバリスタとしての知識を身につけたいと思っていてもなかなか学校に通うことができない人もいると思いますが、趣味でバリスタになりたいと思っている人も、将来コーヒーショップやカフェを営みたいと思っている人にとっても、バリスタの通信講座は今の生活のスタイルをそれほど変えることなく学習することができるのでとても便利な学習スタイルです。

バリスタはコーヒーのソムリエだと思っている人もいるかもしれませんが、イタリア語でバールでサービスをする人という意味があります。
バールとはカウンターのことですから、カウンターで働いているスタッフやオーナーを総称してバリスタといっているのです。
ですからコーヒーのプロというよりも本来ならば、接客におけるプロという形で、一人ひとりのお客様の好み、体調に合わせておいしいコーヒーを1杯ずつ気持ちを入れて淹れてあげることをバリスタというのです。

バリスタは日本でもカフェ経営をするには必須ですから将来の夢を持って通信講座を受けている人も多いのです。

実は知らない… バリスタ通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

バリスタの通信講座をこれから受けたいと思っている人はメリットが満載なので学習しやすいといえるでしょう。
バリスタは、コーヒーのプロですが、さまざまな知識を身につけて一人前のバリスタになることができます。

通常学校に通って身につけるケースが多いのですが、通信講座なら、自宅で仕事と両立させながら効率よく、バリスタの知識を身につけることができるメリットがあるのです。
学校に通うとなると、どうしても、仕事と両立させようと思ったら仕事の都合をつけて学校に生活スタイルをあわせなければいけないと思います。

しかしバリスタの通信講座なら仕事の都合をあわせる必要はなく、自宅で学習を進められるのでそれが最大のメリットです。
自分のペースによって学習することができるということは、それはかなり融通も利きますので仕事の合間に資格取得が目指せます。

バリスタの知識が身につけば自分や家族のためにおいしいコーヒーを淹れることができるようになるのはもちろんですが、今カフェの仕事をしている人、将来的にカフェで働きたいと思っている人にとっても、役に立つでしょう。

学校に通うよりも時間的にも融通が利きますが学費の面でも学校に通うよりも安く学習できることもメリットといえるでしょう。

知って得する! バリスタ通信講座のデメリット

デメリット

バリスタの通信講座を受けるデメリットは、通信講座なので自分のペースで学習できるので時間がない人や仕事と両立させたい人にとってはぴったりです。
ですが、意志が弱い人、根気がない人などは、継続して学習を続けられないので、向かない学習方法といえるでしょう。

通信講座を受ける人は気をつけなければいけないのが、途中で挫折してしまう可能性があるという点です。
カリキュラムも、計画も教材も整っているというのに、通信講座を受けたがために、続かなくてそして挫折してしまったというケースはとても多いのです。
途中で挫折しないためにも、しっかりと計画に沿った学習をしなければいけません。

せっかく通信講座を受け始めたのに、途中で挫折してしまったという人は意外に多いのです。
空き時間もできると思っていても空いた時間を自分で作る努力をしなければそれはぜんぜん進みませんし、強い意志を持って続けようとしなければ続くものも続かないのです。

バリスタの通信講座を受けるデメリットとして自分のペースを持ってきちんと計画に沿って学習をする強い意志を持っていない人は、学習が進まないことがあげられますので自分に必ず学習方法が向いているかどうか確認した上で続けるようにしましょう。

バリスタの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
主な活躍の場は、カフェやレストランなど。
最近ではこだわりのコーヒーを提供するカフェチェーンも増えてきており、美味しいコーヒーやお茶を淹れる技術を持った人材に対するニーズは今後ますます高まっていくでしょう。

≪必要な知識とスキル≫
コーヒーや紅茶などドリンク類に関する正しい知識と、それらを美味しく淹れる技術は必須。
また、お客様の好みやリクエストにぴったりなものを提供できる力も大切です。

そのためには高いコミュニケーション力が不可欠。
さらに、忙しい日常の中でお客様に「ほっとできるひと時」を感じてもらえるよう、おもてなしの心(ホスピタリティ)も欠かせません。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

ハーブの栽培法から、ハーブ料理、ハーブティー、石鹸作り、ポプリなどのクラフト作りまで!ハーブの知識が身につき、資格も取れる! 【ハーブコーディネーター養成講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】43,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払あり(3,980円×12回)
標準期間 約7ヶ月
送付物 テキスト2冊、ガイドブック、ハーブシーズ(種子)10種、ドライハーブ10種、質問用紙、提出課題、他。
対象 ★初心者歓迎
・ハーブを暮らしに取り入れたい方
・カルチャースクールの講師等を目指す方
目指せる資格 日本園芸協会認定「ハーブコーディネーター」資格
美味しい紅茶の入れ方が身につき、資格が取れる!紅茶専門店の開業や、紅茶教室の講師など、プロとして活躍することも! 【紅茶コーディネーター養成講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】62,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払あり(4,300円×15回)
標準期間 約9ヶ月
送付物 テキスト3冊、DVD2巻、ガラスティーポット、テイスティングカップ2組セット、メジャースプーン、回転ストレーナー、世界の紅茶5種セット、紅茶グッズカタログ、他
対象 ★初心者歓迎
・紅茶を楽しみたい方
・紅茶専門店の開業を目指す方
・紅茶教室の講師を目指す方
目指せる資格 日本創芸学院認定「紅茶コーディネーター」資格
美味しいコーヒーの入れ方から、カフェ開業のノウハウまで身につく!ラテアートやカフェフードの作り方も! 【コーヒーコーディネーター検定講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】81,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払あり(5,670円×15回)
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト4冊、DVD3巻、電動コーヒーミル、レンジサーバー、ドリッパー、実習用コーヒー豆8種類、他
対象 ★初心者歓迎
・バリスタを目指す方
・美味しいコーヒーを楽しみたい方
・カフェやコーヒー豆専門店などを開業したい方
目指せる資格 日本創芸学院認定「コーヒーコーディネーター」資格