不況時代に重宝するフードコーディネーターの資格

フードコーディネーター

フードコーディネーターの通信講座は、今女性にとても人気がある通信講座です。
フードコーディネーターは食に興味がある人や、料理好きな人にぴったりです。

そもそもフードコーディネーターというのは、食の歴史であったり文化やメニューなどを企画したり構成、そして演出するのが仕事であり、店舗のマネージメントなど、食にかかわるような幅広いジャンルで仕事をすることができる人のことをいいます。

最近は雑誌の料理のページや、テレビの料理番組、飲食店のコーディネーターとしても活躍している人が多く、有名なフードコーディネーターになると冠番組なども持っていることから知っている人も多いのではないでしょうか。

フードコーディネーターになるためには、知識を身につけなければいけません。
調理の知識はもちろんのこと、技術や、企画の立て方からテーブルセッティングなど幅広いことを身につけることになります。
学校に通って学ぶのもいいですがそれでは時間の拘束があり、仕事をしつつ学ぶことが難しい人もいますので、両立を考えて効率よく身につけたいと思っているのであれば、通信講座という学習スタイルがぴったりです。

学習後はフリーで独立をしている人も多く料理教室を開く人もいるのです。

実は知らない… フードコーディネーター通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

フードコーディネーターの通信講座を受けるメリットは自宅で手軽に学習を進められることにメリットがあります。
フードコーディネーターを学ぶなら、通学講座と、通信講座がありますが、通学になると仕事と両立して学ぶことが難しくなることもあるでしょうし、また、子育てをしながら主婦がフードコーディネーターの学習をしようと思った場合にも、お子さんがいらっしゃるとなかなか学校に通うことができません。

しかし通信講座なら自宅で無理なく学習を進めることができますから、これなら通信講座で仕事と両立させたり家事や子育てと両立させてフードコーディネーターの学習ができるのです。

メリットはそれ以外にも通信講座で学んでおけば、スクールの先生にもなれますし料理教室を自宅で開くこともできるので、子育てにひと段落ついたら、やりたいことを仕事にすることもできるメリットもあるのです。

通信講座なので自分の好きな時間に自分の好きな場所で自分のペースで学習できることが最大のメリットといえるでしょう。
子育てとの両立も無理なく、そして効率よく学べて学校に通うよりも安い学費で学習することができるのもメリットです。

フードコーディネーターは人気のある通信講座で調理師、栄養士の資格と一緒に持っていても有利です。

知って得する! フードコーディネーター通信講座のデメリット

デメリット

フードコーディネーターの通信講座を受けるデメリットですが、人によっては教室や学校に通ったほうがいい場合もあるというデメリットがあります。
なぜなら、フードコーディネーターの通信講座は教材も用意されていますし、計画も立てられているのですが、それでも、最終的に計画に沿って学習を行うのは自分です。

自分のやる気次第では、学習が続かないこともありますし、モチベーションが継続できずに、途中で挫折してしまう可能性もあるのです。
フードコーディネーターの通信講座をこれから受けようと思っている人は、自己管理できるかどうか、最後まできちんと続けられるかどうかをしっかりと検討したうえで受講するかどうか考えましょう。

またフードコーディネーターになるためには実力なども必要です。
通信講座を受けたからといってすぐにフードコーディネーターとして活躍できて仕事が入ってくるとも限らないのです。

仕事や子育て、家事との両立もしやすいとは言っても、それでも、空いた時間を自分で確保して必ず学習をするという気持ちがなければ長続きもしなければ、最後まで続けることもできないのです。

通信講座を受けることが向いているかどうか考えた上で学習するかどうかを検討したほうがいいでしょう。

フードコーディネーターの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
テレビ、雑誌の特集、広告の撮影など、さまざまなメディアで、視覚的な食の演出能力を発揮します。

また、食品メーカーやコンビニ、レストランチェーンなどで新商品開発のアドバイザーをつとめることも。
もちろん料理教室の講師の仕事もあります。

フードコンサルティングなどの会社に所属するほか、個人で仕事をする場合は、レシピコンテストに応募したり、企画を雑誌社に持ち込んだりと、売り込みの努力が必要です。

≪こんな人が向いています≫
アート感覚、特に視覚的なセンスが活かせる仕事です。
もちろん、栄養士、調理師など、基本的な食の資格も役立ちます。

はじめはアシスタントとして撮影準備をしたり、下積みの仕事のくり返しですから、根気強く、しかもとっさの機転が利く人が向いています。
肉体的にもハードですが、テーブルセッティングなど、女性らしさを活かせる分野でもあります。

パン、フルーツ、健康メニューなど、得意分野があると仕事を受注する上で有利でしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【 食育メニュープランナー養成講座 】 バランスのよい献立作りが身につけ資格取得!
費用 【入学金】0円
【受講料】20,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約6ヶ月
送付物 1.テキスト 1冊(A4サイズ・オールカラー)
2.添削レポート
[添削:4回]
対象 初心者の方にも自宅で楽しく学習していただけます。
目指せる資格 メニュープランナー
※認定料:別途3,000円が必要です
【フード検定セット講座(フードコーディネーター3級+フードアナリスト4級)】W資格取得でフードスキルの理解を深める!
費用 【入学金】0円
【受講料】53,500円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約7ヶ月
送付物 【フードコーディネーター】
1.試験対応テキスト「フードコーディネーター教本」 1冊
2.講義DVD 全2巻
3.講義レジュメ 1冊
4.過去問題集 1冊
5.模擬試験 2部[I:デザイン・アート/II:文化・科学]
6.受講ガイド(学習の進め方、カリキュラム、3級試験の概要) 1冊

【フードアナリスト】
1.テキスト教材 6冊
2.添削問題 6枚
3.フードアナリスト検定教本4級 1冊
4.フードアナリスト検定問題集4級 1冊
5.五感で楽しむ食 1冊
6.レポートの作成(課題) 1回
7.フードアナリスト手帳(食べ歩き手帳) 1冊

対象 初心者歓迎
・フードの資格を取得したい方
・フード業界での就転職を目指す方
目指せる資格 フードコーディネーター3級
フードアナリスト4級
美味しいコーヒーの入れ方から、カフェ開業のノウハウまで身につく!ラテアートやカフェフードの作り方も! 【コーヒーコーディネーター検定講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】81,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払あり(5,670円×15回)
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト4冊、DVD3巻、電動コーヒーミル、レンジサーバー、ドリッパー、実習用コーヒー豆8種類、他
対象 ★初心者歓迎
・バリスタを目指す方
・美味しいコーヒーを楽しみたい方
・カフェやコーヒー豆専門店などを開業したい方
目指せる資格 日本創芸学院認定「コーヒーコーディネーター」資格