不況時代に重宝する食育の資格

食育

食育の通信講座は、食育についていろいろと学ぶことができる通信講座です。
講座によっては食育インストラクターの資格を取得することができる講座もあり、主婦を中心にして人気があります。

食育、これは子供も大人も人それぞれ心身ともに健康で健全な食生活を送ることを目的として自分の食生活について考えたり、職に関してのいろいろな知識、食を選ぶ力を楽しく身につけるためのことをいいます。

なぜ今食育が注目されているのかというと、今の子供は偏食が多いとされていますし、肥満に味覚障害などもあり、職に関するたくさんの問題を抱えているといわれているのです。
それはキレやすい子供にもつながっていると考えられているので、食育は今とても注目されているのです。

子供への食育は8歳までにちゃんとした味覚を身につけないと影響がでるといわれています。

通信講座では、食育に関して学ぶことができますし、インストラクターやアドバイザーの資格を取得することができるので注目されています。
主婦が自分のお子さんや家族のために通信講座を受けて学ぶケースもあれば、その学んだことをいかして再就職やインストラクター、アドバイザーへの就職に活かしていることも多く注目されています。

実は知らない… 食育通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

食育の通信講座を受けるメリットは、家族のことを考えて学習をしたいと思っている人で、お子さんが小さくて学校に通えなくても、通信講座なら自宅で学習することができるメリットがあります。
食育の通信講座を受講して修了試験に合格すればインストラクター協会認定のインストラクターとして活動をすることができます。

食育インストラクターになれば、自分のお子さんや家族の食育を豊かにすることはもちろんですが、普及や推進をする場所で講師、スタッフとして食育活動に参加して活躍することもできるメリットもあります。

現在飲食関係の仕事をしている人は、仕事と両立させながら食育の通信講座なら学ぶことができて、家で学習することができるのでそれが最大のメリットです。
自分のペースで自宅で学習できて家族にとっても、これから将来の自分の活躍のためにも役立てられる資格を取得できるのもメリットです。

学校などへ通うこともできますが、仕事と学校の両立は難しいですし、子育てをしている人はお子さんを預けて学校に通うことが難しいですから通信講座という学習方法はとてもメリットとして大きいでしょう。
学校に通うよりも学費が安いということもメリットとして上げられます。

知って得する! 食育通信講座のデメリット

デメリット

食育の通信講座を受けるデメリットは、通信講座なので、教材も計画もカリキュラムもすべて用意されているので、それをするだけだとは言っても、それが最大のデメリットになります。
自己管理、計画の管理をすることが得意な人ならいいのですが、自己管理が苦手な人、計画に沿って進めることが苦手な人にとっては、デメリットとなるでしょう。
主婦で家族のためや、将来の仕事のために、食育の通信講座を受ける人はとても多いのですが、主婦は、それでなくても忙しい存在です。

家事、そしてお子さんがいらっしゃる場合には子育てもしなければいけませんから毎日忙しいと思います。
それに加えて食育の通信講座をするとなるとかなり大変で、空き時間に片手間にやればいいというほど楽なものでもないのです。

そのために最初はやる気を持ってがんばっていた人でも途中で挫折してしまう可能性が高くなります。
教材ばかりがたまってしまって、モチベーションも下がってきて、ついには継続が困難になることがデメリットといえるでしょう。

通信講座をはじめるにあたっては、よほどの意志がなければ続かないでしょう。
一人で学習をしますから孤立感を味わいやすいこと、そして質問をしたくても質問はできますが答えが返ってくるまでに時間がかかるのもデメリットといえるでしょう。

食育の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
人々が「食」に触れる機会があるところすべてが活躍の場となります。
勤務先としては、学校や病院、福祉施設はもちろんのこと、食品・製薬関連の企業および研究所や、食べ物を扱うスーパー・デパートなどが候補にあげられます。
2005年6月に「食育基本法」が制定され、今や国家プロジェクトとして推進されている食育。

食育に関する確かな知識を持った人材は、今後ますます求められるようになるでしょう。

≪必要な知識とスキル≫
健康・栄養・食品に関する知識および調理技術は必須です。

また、食育の仕事では幼い子供と接する機会も多いため、相手の理解度に合わせてわかりやすく説明する力や、食事のマナーあるいは郷土食といった食文化全般にわたる知識も求められます。
栄養士・管理栄養士・調理師などの資格があれば、より幅広いステージで活躍できるでしょう。

なお一般的な食育関連の仕事の場合、公的資格は特に必要ありませんが、学校で働く栄養教諭の場合は「栄養教諭普通免許状」が必要となります。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【 食育講座 】 野菜編/穀類編/畜産編/魚編/くだもの編
費用 【入学金】0円
【受講料】17,000円(総額制・税込)
【その他】※穀類編/野菜編/畜産編/魚編/くだもの編 各17,000円
※全編セット講座 81,000円
≪支払方法≫
[一括・分割]クレジット/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払い/代金引換払い
標準期間 約6ヶ月
送付物 1.テキスト 1冊
2.添削課題レポート
[添削:4回]
対象 初心者歓迎
食育に興味がある方大歓迎です!
目指せる資格 フードインストラクター
[NPO法人みんなの食育認定]
バランスのよい献立作りが身につけ資格取得!
食育メニュープランナー養成講座
費用 【入学金】0円
【受講料】20,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約6ヶ月
送付物 1.テキスト 1冊(A4サイズ・オールカラー)
2.添削レポート
[添削:4回]
対象 初心者の方にも自宅で楽しく学習していただけます。
目指せる資格 メニュープランナー
※認定料:別途3,000円が必要です
食育指導の決定版 !子育てや家族の健康に活かせる食育を学ぶ!
服部幸應の食育インストラクター養成講座
費用 【入学金】0円
【受講料】39,900円(総額制・税込)
【その他】分割払いあり
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト5冊、サブテキスト3冊、DVD(ビデオ)3巻、指導課題集、ガイダンス 他
対象 初心者歓迎
子どもに正しい食生活を教えたいお母さまはもちろん、学校や保育園、食品関連会社、福祉施設などで食育のインストラクターとして活躍されたいという方にも最適です。
目指せる資格 NPO日本食育インストラクターPrimary