不況時代に重宝する旅行業務取扱管理者の資格

旅行業務取扱管理者

旅行業務取り扱い管理者の通信講座は、旅行代理店などに勤めている人にとっては、持っていたほうがいい資格ですから、学習するのにぴったりです。
旅行業務取扱管理者は旅行業法で旅行業者、代理業者の営業所によって資格を持っている人を必ず置かなければいけないことが決まっています。

旅行は形に目で見えないことですから、旅行者が見て選ぶことができないですし、クーリングオフをしたくてもできない特質のサービスですから前もって説明をちゃんとした上で契約する必要があるからなのです。

旅行業務取扱管理者は国家資格で試験に合格をしなければいけません。
旅行会社に今勤めていて、今は資格を持っていない人でも昇進する際に必要になったり、また持っていれば資格手当てがもらえるので、旅行業界で働いている人にとっては持っていたほうがいい資格となります。

その際に、仕事と両立させながら学習をしている人は多く、学校に通ったり独学で学習するよりも、通信講座で学習をしたほうが仕事との両立もしやすいですし、資格試験に沿った内容になっているのでメリットとして大きいのです。
通信講座なら子育てをしている人でも学習できるスタイルなので、再就職に役立てることもできます。

実は知らない… 旅行業務取扱管理者通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

通信講座で旅行業務取扱管理者の学習をすることのメリットは、自分のペースで学習することができることが一番です。
好きな時間に家にいながらにして学習をすることができるのがいいですね。

会社へ行くまでの通勤時間を利用して学習することもできますし、寝るまでの時間を使っても休みの日を使っても効率よく学習をすることができるのがメリットなのです。
スケジュールもカリキュラムどおりに進めていけば試験を取得するために必要なことを身につけられますから自己管理が独学ではしにくいですが、それが可能なのもメリットです。

通信講座はプロが管理をしていますから、旅行業取扱管理者の資格試験に必要な知識、応用についてや問題なども丁寧に説明されている教材で充実しています。
検定試験対策に沿った内容ですから独学で学習するよりも効率よく学習することができます。

プロが管理してカリキュラムも教材も作られているので、それにあわせてあなたは空いた時間を利用して学習をするだけで旅行業務取扱管理者の資格試験受験に向ける学習をスムーズにすすめることができるのです。

通学に比べると費用が安い点もメリットといえますし、何より仕事との両立が手軽にできるのもいいでしょう。

知って得する! 旅行業務取扱管理者通信講座のデメリット

デメリット

旅行業務取扱管理者の通信講座を受けるデメリットは、自己管理ができない人にとっては、向かない学習方法であることがデメリットとしていえるでしょう。
カリキュラムも教材も整っているので、後は自宅で自分の好きな時間に学習をするだけなのですが、その学習するだけというのが一番難しくそれができない人は挫折してしまい学習が続かないデメリットがあるのです。

旅行業務取扱管理者の通信講座を受けても、教材ばかりがたまってしまって、結局途中で挫折してしまう人もいるほどです。
学校へいったりすれば強制的に学習ができるかもしれませんが、それができないのが通信講座です。

やる気があっても、それが長く続かなくて最後まで続けることができなくて挫折する可能性が高いのです。
仕事と両立をして学習する人が多いですが、仕事の合間にやれるほど簡単でもなく、仕事の合間の時間を自分で確保しなければ続けることができないでしょう。

旅行業務取扱管理者の通信講座は自分でコツコツと学習をすることができる人でなければなかなか難しいといえるでしょう。
自分にあっている学習方法であるか確かめた上で学習をしたほうがいいといえるでしょう。
期限も限られていて期限内にできなければ追加料金がかかることもあります。

旅行業務取扱管理者の資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
この資格は「旅行に関する知識をもっている」という証。旅行業界への就・転職には必須の資格です。

国内旅行のみを扱う「国内旅行業務取扱管理者」と海外まで扱える「総合旅行業務取扱管理者」の2通りの資格がありますが、総合の方が上位資格です。
旅行業務取扱管理者は旅程管理業務を行う主任の者を監督する立場になりましたので、旅程管理業務を行う主任の者よりも旅程管理業務について高度の知識を持っていることが必要となります。

そのため、新しい旅行業務取扱管理者試験は従来の旅行業務取扱主任者試験よりも難易度の高い試験になることが予想されます。

≪こんな人が向いています≫
まずは旅行が好きだということが第一条件。
職務が営業所の管理、監督なので、常に広い視野を持ち、周囲に落ち着いて指示のできる人におすすめです。

新卒で旅行会社に就職したい人や、別の旅行会社への転職を考えている人には、志望動機に一層説得力を与える資格となるでしょう。
もちろん、実際に旅行会社に勤めてから、社内でのステップアップのためや、将来の独立開業を見越して取得する人も大勢います。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【今だけ!1万円割引実施中】出題率の高いポイントから学ぶ!初心者から効率よく合格へ!
旅行業務取扱管理者(総合・国内) W資格取得講座
費用 【入学金】0円
【受講料】30,000円(総額制・税込)
【その他】※キャンペーン期間限定価格。通常価格40,000円
※分割払いあり
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト8冊、添削問題集1冊、模擬試験問題6冊(総合4冊・国内2冊)、国家試験問題解答解説1冊
対象 「知識ゼロという初心者でも大丈夫」「全国どちらでも受講可能」
目指せる資格 総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者
■出題率の高いポイントから学ぶ!初心者から効率よく合格へ!■総合旅行業務取扱管理者 合格指導講座〈102〉★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!★★
費用 【入学金】0円
【受講料】40,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払いあり
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト8冊、添削問題集1冊、模擬試験問題6冊(総合4冊・国内2冊)、国家試験問題解答解説1冊
対象 「知識ゼロという初心者でも大丈夫」「全国どちらでも受講可能」
目指せる資格 総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者
合格に的を絞ったカリキュラム! 【旅行管理者講座(総合コース)】
費用 【入学金】0円
【受講料】49,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込み
※分割払いあり(月々3,800円 ×13回)
※受講料は総合コースの場合。コースによって受講料が異なります。
標準期間 約8ヶ月
送付物 総合コースの場合(※コースによって教材内容が異なります)
テキスト9冊、ガイドブック、合格BOOK、合格ナビ、法令集、JR運賃・料金表、国家試験問題(過去3年分)、その他(添削関係書類など)
対象 初心者歓迎!
試験合格を目指す全ての方に。
目指せる資格 総合旅行業務取扱管理者