不況時代に重宝する宅建の資格

宅建

宅建の通信講座は宅地建物取引主任者になるための学習をするための通信講座です。
宅建とは、そもそも一般的に、宅地や建物の売買や、交換、借り換えの契約が成立するまでに重要なことの説明をする際に必要な国家資格となっています。

宅地建物を取り扱っている会社では、事務所1つあたりに5人中1人は、宅地所有者がいなければならないことも義務付けられているのです。
ですから会社では宅建を持っている人が優遇されることもあります。
毎月資格手当てが、もらえることもありますので、通信講座でキャリアアップを目指して宅建の学習をして合格を目指すと給与にも影響してきます。

また昇進をするには宅建が必須である会社もありますので、その場合は働きながら宅建の学習をしなければいけませんので、学校に通うとなると仕事の予定がすべて学校の都合に合わせなければいけなくなり、なかなか仕事と学校の両立というのは難しくなるでしょう。

その点通信講座ですから、手軽に宅建の通信講座を利用して自宅で空き時間に学習ができるので、仕事で忙しい人でも学習をして合格を目指せます。
受験資格も特にありませんので、学生でも主婦でも受けられるので、主婦で子育てがひと段落したら再就職をしようと思っている人なら、子育ての合間に学習をすることができるのです。

実は知らない… 宅建通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

宅建の通信講座を受けるメリットですが、どこでも自分の好きな場所で学習をすることができることがメリットです。
宅建資格取得を目指している人の中にはキャリアアップをするためや昇進で必要だから目指している人も多く、仕事と学習の両立を余儀なくされている状況です。

その場合仕事と両立させることができる学習方法を考えれば通信講座がとてもぴったりです。
通信講座なら自宅でも職場でもどこでも自分の好きな場所で学習をすることができるので、仕事の合間の時間を使っても学習することができるのです。
主婦で子育て中の人でお子さんが小さかったとしても家で学習をすることができるということは、とてもメリットとして大きいでしょう。
通学時間がありませんので、その分学習にその時間を当てられます。

通信講座は通学に比べると費用がとても安いメリットもあります。
宅建の通信講座を受けることのメリットはほかにも、学校では先生の言ったことを聞き漏らしてしまった場合には、もう一度聞くことが難しいですが、通信講座なら、自分で繰り返し聞くことができるメリットがあります。

質問をしたいときでも電話やファックスなどで質問がしやすい体制になっているので、ひとりで学習していても学校と同じ環境で学習ができるのです。

知って得する! 宅建通信講座のデメリット

デメリット

宅建の通信講座を受けるデメリットは、一人で学習をしていかなくては行けませんので自己管理ができない人にとっては挫折してしまう可能性があります。
学校に通えば、いやでも学習を強制させられますが、宅建の通信講座だと教材もカリキュラムも、計画も整っていますが、最終的には、通信講座という特性上自分ひとりで自己管理をした上で続けなければいけないデメリットがあるのです。

ですから計画に沿ってこつこつと学習ができる人でなければ、自己管理ができずに、途中で挫折するリスクが高まります。
一人で学習をしているので、自宅で自分のペースで学習できることはいいことですが、その反面で仲間も先生もいませんので、孤立感を感じたりして途中で嫌気が差してしまうかもしれません。

またモチベーションを維持し続けることの難しさもあるでしょう。
一人で通信講座をしていると始めた当時はモチベーションがとてもあがっているかもしれませんが、そのモチベーションがどんどん下がってしまう可能性があるのです。
ですから、通信講座は挫折しやすいデメリットがあるでしょう。

仕事と両立しながら学習する人が多いですが、空いた時間にするのではなくて、空いた時間を自分で確保しておかなければ学習が続けられないデメリットもあるでしょう。

宅建の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
不動産会社を営む場合、従業員5人につき専任の取引主任者を1人置かなければなりません。
不動産業界への就職が有利になる他、独立して不動産業を開業する事もできます。

資格手当を支給したり、昇給・昇格の条件にしている企業も多く見かけられます。
また本資格は、金融機関や小売業でも活かすことができます。

金融機関であれ不動産を担保に融資を行う時に必要となりますし、立地が売上を左右するコンビニなどで出店担当者が持っていれば大変有利となります。

≪こんな人が向いています≫
不動産という高価な買い物の仲介ですから、宅地建物取引主任者の責任は重大。
責任感が強い人には最適な資格と言えます。

不動産会社に勤務する人はもちろん、自分自身でマンションを購入したり、不動産の運用を考えている人にもおすすめです。
実際、合格者の内訳も、不動産・建築・金融以外の業種に企業に勤務する会社員が2割を占めます。

就職活動対策で学生が、自己啓発の意味で主婦が取得を目指すケースも目立ちます。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【宅建通信合格コース】 合格レベルの実力を効率よく身につける!
費用 【入学金】0円
【受講料】48,000円(総額制・税込)
標準期間 約3ヶ月
送付物 ■ 受験対策テキスト4冊   ■ 入門民法テキスト
■ 項目別過去問題集4冊  ■ 添削問題6回(提出3回)
■ 模擬試験2回(提出2回) ■ 質問券
■ 合格ポイントDVD     ■ 合格ポイント集
■ 学習ガイドブック
対象 初めて学習する方から、受験の経験のある方まで。
目指せる資格 宅地建物取引主任者
【宅建Webコース】 何度でも反復可能なWeb動画講義であなたののペースに合わせた学習を!
費用 【入学金】0円
【受講料】105,000円(総額制・税込)
標準期間 約5ヶ月
送付物 ■ 入門民法テキスト
■ 法律用語集
■ 受験対策テキストI~IV (権利関係編、宅建業法編、法令上の制限編、税・その他編)
■ 項目別過去問題集(4分冊)
対象 初めて学習する方から、受験の経験のある方まで。
目指せる資格 宅地建物取引主任者