不況時代に重宝する弁理士の資格

弁理士

弁理士になるためには弁理士試験に合格をする必要がありますが、合格をするための受験対策学習を通信教育で受けている人は今増えています。
弁理士になるためには、1年に1回、弁理士試験に合格をして弁理士登録をしなければいけませんが受験資格はないので誰でも弁理士になることはできるのです。

最近の合格者の平均年齢の傾向としては36歳、最長年齢として71歳とされてます。

平均受験回数が4回なので、1発合格をするのはとても難しく、受験者9000人で合格者が800人というとても狭き門であることがわかっています。
この難しい弁理士の試験を突破するためには学校、予備校に通う通学の学習方法、そして通信講座を受ける、または独学で学習をする方法があります。

初めて弁理士の試験を受けようと思っている人は独学だと、勉強のこつをつかむことができませんし、情報収集も十分ではない可能性もありますから、一度は通信講座などで学習をしておいたほうがいいでしょう。

過去に受験をしていて不合格になっている人も、通信講座で繰り返し学習して合格を目指すことが大切です。
仕事をしていても家事や子育てをしていても通信講座ならどこでも学習できますから便利です。

実は知らない… 弁理士通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

弁理士の学習を通信教育で受けるメリットですが、社会人で仕事をしながら弁理士を目指す人が多く、その人たちにとって仕事と両立しながら学校に通うことは難しいので、通信教育という学習方法はとてもぴったりです。

通信教育なら仕事と両立して学習することも手軽にできますし、学校に通うように、仕事の都合を学校にあわせる心配もありません。
弁理士の通信教育なら自己管理さえできれば自分のペースで、自分の好きな場所で学習できるのです。

最近の弁理士の通信教育はとても教材が充実していてCDを使ったりDVDを使ったり、学校へ通うのと同じくらいの環境の中で学習をすることができるメリットもあるのです。
ですから何回も繰り返して学習できるので、学校へ通うよりも逆に自分の苦手なところや、わからないところは克服するまで学習が徹底してできるメリットもあります。

学校に通って勉強をする場合、きちんと聞いていても聞き漏らしてしまう人もいると思いますが、通信講座なら聞き漏らす心配もないですし、聞き漏らしてももう一度繰り返して聞けばいいのです。

わからないところがあってもサポート体制が整っていればファックスやメールでも質問できますから安心でしょう。

知って得する! 弁理士通信教育のデメリット

デメリット

弁理士の通信教育を受けるデメリットについてですが、通信教育であるという特性上、自分で学習をしなければ、続けることができないデメリットがあります。
学校に通ったら、いやでも学習をしなければいけないのである意味学習が自然に進みますが、通信教育ではそうは行きません。

教材も充実していてカリキュラムも、受験勉強に沿って立てられている、計画も立てられているけれども、最終的には自分でその計画に沿って学習を続けられるかどうかが、ポイントになるのです。

学習を続けられなければいくら教材が充実していても弁理士の学習は途中で挫折してしまうでしょう。
学校に通えば、途中で挫折することがなかったはずですが通信教育を選んでしまったがために途中で挫折してしまうデメリットがあります。

また質問ができる体制にあるとはいっても、質問をファックスやメールでしたところですぐに答えを返してもらえるわけでもないので、結局答えを返してもらうまでに時間がかかります。
ですからリアルタイムに質問をすることができないデメリットがあります。

自己管理ができて計画に沿ってしっかりと学習を続けられる性格の人ならいいのですがそうでない人にとっては、途中で投げ出す可能性があります。

弁理士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
明細書や意見書、図面などの申請書類の作成を、一通りこなせるようになるためには最低でも2年から3年かかるといわれています。

資格取得後は特許事務所や企業の法務部門などに在籍して実務経験を積むのが一般的です。
弁理士は特許事務所などに勤務していても、かなりの高収入が望めますが、独立開業することも決して夢ではありません。

≪こんな人が向いています≫
各企業の権利に関する意識が高まってきたのに対応して、弁理士の業務もかなり高度かつ多角的になりつつあります。
これまでの申請業務に加え、知的財産権に関するコンサルティング業務や、特許権などの侵害訴訟の代理(研修・試験の終了が必要)などの業務も行うようになってきています。

また企業活動のグローバル化に伴い海外企業との折衝などが多くなってきた昨今、語学力があればさらに活躍のフィールドが広がるでしょう。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

題材は身近な文房具など。「特許にあまり馴染みがない・・・」という方でも安心して特許翻訳を学べます
【興味を持って楽しく学べる】初級講座「はじめての特許翻訳」
費用 【入学金】5,000円
【受講料】31,500円(総額制・税込)
【その他】当校の講座を初めて受講される方には、入学金がかかります。受講生・修了生が別の講座を受講される場合は、継続受講割引が適用されます(受講料が35,000円以上の講座の場合に限ります)。
標準期間 約3ヶ月
送付物 メインテキスト1冊/解答例1冊/「翻訳の泉」他
対象 特許明細書を見たことがない方
特許明細書の翻訳学習が初めての方
目指せる資格
弁理士 2014年合格目標 1年本科生[Web+DL通信]
費用 【入学金】10,000円
【受講料】420,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・5%税込
※教育訓練給付制度対象はコースにより異なります。詳細は資料をご請求ください。
標準期間 約12ヶ月
送付物 ★教材は3/19(火)~順次発送開始、講義配信は4/1(月)~順次開始
基本講義テキスト/論文基礎講義テキスト/短答式答練・模試/論文式答練・模試 他
対象 1.忙しい社会人の方で効率的に学習をしたい方
2.じっくりと、確実に合格を目指す方
目指せる資格 弁理士
弁理士 2014年合格目標 1本科生[DVD通信]
費用 【入学金】10,000円
【受講料】440,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・5%税込
■Web+DLツインフォロー標準装備!
※教育訓練給付制度対象はコースにより異なります。詳細は資料をご請求ください。
標準期間 約12ヶ月
送付物 ★教材は3/19(火)~、講義DVDは4/9(火)~順次発送開始
基本講義テキスト/論文基礎講義テキスト/短答式答練・模試/論文式答練・模試/講義DVD 他
対象 1.忙しい社会人の方で効率的に学習をしたい方
2.じっくりと、確実に合格を目指す方
目指せる資格 弁理士

短期合格のための決定版!短答・論文試験1年合格のために必要な知識が習得できるフルコース!