不況時代に重宝する通関士の資格

通関士

通関士の通信講座では通関士になるための学習をしてきます。
通関士になるためにはまずは通関士試験に合格をして、津安行で通関業務に就き経験をつんで、勤務先の通関業者から税関の長に申請があり、そして税関の長唐津漢詩の確認を受けた上でようやく正式な通関士として働くことができるという流れです。

ですから通関士の国家試験に合格をしなければ話は始まりませんが、通関士の試験に合格をするためには、国家試験対策をして学習をしなければいけません。
通信講座なら学校に通わなくても自宅で通関士試験対策のための学習をすることができます。

仕事が忙しくて学校に通えない人でも、仕事と両立をうまくしつつ通関士の試験対策学習を続けられるのがメリットです。
通関業者で長年働いている人であっても通関士試験に合格をしなければいけない決まりです。
ですが通関業務、税関にかかわる業務についている期間が5年、また15年以上の人は一部の試験科目が免除される制度もありますが、それでも試験は避けては通れないのです。

どちらにしても試験を受けるためには学習が必要で仕事と両立をして学習することも少なくはないので、そういう人にとっては通信講座はとても役に立つでしょう。

実は知らない… 通関士通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

通関士の通信講座のメリットは自分の空いた時間に学習をすることができること、それが最大のメリットです。
そして入学の時期などに左右されず、思い立ったら誰でもすぐに学習に取り掛かることができることもメリットといえるでしょう。

専門学校や予備校に通うスタイルに比べると受講料がとても安いですし、自宅での学習になりますので交通費がかからないこともメリットといえます。

通関士になりたいと思って学習をしようと思う人にとって、通信講座はとてもぴったりの学習方法です。
仕事が忙しいなかで資格取得を目指している人にとっては、学校に通うために仕事の都合をやりくりするのは大変です。

家事や育児におわれている人にとっても、専門学校に入ることというのはとても難しいですから、その点自宅で学習ができる通信講座はとてもメリットがあります。

自分の空いた時間に効率よく学習ができますし、仕事の合間、通勤途中など少しの時間を活用して学習をすることもできるのです。
教室でよくある周りのペースに自分を合わせなくてもいいですし、わからないことのサポートは受けられるので自分のペースだけで学習ができるメリットもあるのです。

繰り返しわからない点は何度でも反復学習ができるのもメリットです。

知って得する! 通関士通信講座のデメリット

デメリット

通関士の通信教育のデメリットは、学習のすべてがあなた次第なので、それはつまり学習をきちんと続けるも、途中で挫折するもすべてあなたのやる気にかかっているというデメリットがあります。
学校のように通えば強制的に学習をすることができるのですが、通えば済む話ではなく、学習を自分でやろうと、続ける努力をしなければ学習は一向に進みません。

教材も充実して、計画も立てられていたとしても最終的にその計画通りに進められるかどうか、それはあなたのやる気しだなのです。
計画通りに続けることができない性格の人は、通信講座という学習の方法は向きません。
飽き性で三日坊主になりがちな人も、この学習方法は向かないといえるでしょう。

ですから通信講座でこれから学習を続けていこうと思っている人は、よほどの強い意志がなければ続けることはできませんし、モチベーションがそれほど長く続くかどうかもわからないので、その点で通学と違って挫折してしまいすい学習方法であるというデメリットがあるでしょう。

通学しなくてもいいので一人で学習できますが、周りに仲間も先生もいない一人の状況下での学習ですからモチベーションをずっと維持し続けるのはとても大変なのです。

通関士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
通関士の活躍の場は、通関業務を行う会社(運送業、倉庫業など)や、輸出入業務を行っている一般企業などです。
通関業者は営業所に1名以上の通関士を置くことが義務づけられているので、今後のさらなる貿易自由化に伴い通関士のニーズはますます高まっていくでしょう。

通関士として働く以外にも、税関や貿易会社、商社、企業の貿易部など、通関の知識が必要な企業や部署は多いので、身につけた力を発揮する場は幅広く用意されています。

≪こんな人が向いています≫
通関士は、貿易関連の重要な手続きに関わる仕事なので、誠実さと、他者からの信頼を得られる人柄が求められます。
貿易関連の法律は世界情勢にあわせて日々変化するので、それらの変化に対応できる柔軟な姿勢を持つことも大切です。

また、通関士の試験は内容が難解で広範囲にわたっているため、確実に資格取得を目指すのであれば、スクールなどを利用して集中して学ぶのが近道です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

実務に活かす!eラーニング貿易実務講座【貿易実務検定C級対応】
費用 【入学金】0円
【受講料】30,000円(総額制・税込)
【その他】受講料:教材費,消費税込
※テキストはダウンロードが可能です
標準期間 約3ヶ月
送付物 なし
対象 ある程度の英語力のある方、抵抗がない方                                                  
初心者にもわかりやすく、実務者にとっては体系的で効果的な内容となっております。
目指せる資格 貿易実務検定C級
通関士 サクセスコース(DVD通信)
費用 【入学金】0円
【受講料】84,700円(総額制・税込)
【その他】■□申込割引キャンペーン実施中□■
1/31までにお申込の方は、受講料が24%割引価格の64,300円に!
※他にWEB通信講座もございます。
標準期間 約10ヶ月
送付物 テキスト3册、法令集・問題集、通関実務特訓テキスト、学習ガイド、講義DVD(23枚)、質問票他
対象 初めて受験される方、再受験される方
目指せる資格 通関士
【貿易実務・通関士総合コース】貿易の全体像を学んでから国家資格の通関士にステップアップ
費用 【入学金】0円
【受講料】210,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約6ヶ月
送付物 ≪通関士講座≫
1.講義DVD 22枚(1枚約1~2時間)
2.講義テキスト(「通関士完全攻略ガイド」) 1冊
3.講義テキスト(「通関士過去問題集」) 1冊
4.講義テキスト(「通関士完全攻略問題集」) 1冊
5.講義レジュメ集 4冊(41教程分)
6.実力診断テスト(通信添削) 4回
7.中間模擬試験(問題・解答用紙・解答解説) 1式
8.最終模擬試験(問題・解答用紙・解答解説・解説&超直前ポイント講義DVD) 1式)

≪貿易実務講座≫
1.貿易実務ベーシックマニュアル 1冊
2.学習重点ガイド 1冊
3.貿易実務英語テキスト 1冊
4.添削問題 4回
5.最新貿易実務検定C級過去問題 1冊
6.貿易実務解説CD 3枚(1枚約1時間)
7.オリジナル貿易実務解説レジュメ 1部

※本講座は[株式会社マウンハーフジャパン]との提携講座となっております

対象 初心者歓迎!
・通関士の資格取得を目指す方
・貿易実務検定C級の資格取得を目指す方
目指せる資格 通関士
貿易実務検定C級