不況時代に重宝する行政書士の資格

行政書士

行政書士の通信講座とは、行政書士の試験対策のための通信講座です。
行政書士になるためには、二つの方法がありますが、行政書士試験に合格をして行政書士になる方法と弁護士、弁理士、公認会計士、税理士の資格などを持っている人が試験を免除されて行政書士になれるという方法があります。

行政書士に社会人になってからでもなりたいと思った人は、行政書士試験を受験して合格すればいいので、学習して合格さえすれば誰でも行政書士になることはできるのです。

行政書士の試験対策として予備校に通ったり独学で学習することもできるのですが、予備校だと通うために仕事の都合をつけなければいけなかったり、独学だと何から学習していいのかわからないこともあるでしょう。

しかし行政書士の通信講座ならその点楽ですね。
なぜなら受験対策の内容の教材が届きますので、それに沿って学習をすれば、合格への道が開けるのです。

しかも学校に通うのではなくて自宅で学習を進めることができるので、仕事や家庭と両立させながら勉強できるメリットもあります。
行政書士は、業務範囲がこれから広がっていきますので需要はとても増えていくと思われ将来性もある職業ですから学習をするメリットはあるでしょう。

実は知らない… 行政書士通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

行政書士の通信講座を受けるメリットは、通信講座なのでどこでもいつでも学習できることが一番のメリットです。
自分のライフスタイルや仕事の都合に合わせて学習することができますから、自分の好きな場所で自分の時間に学習可能です。

仕事をしつつ行政書士の資格を取得したいと目指している人や、通学ができる範囲に予備校がない人にとっては、通信講座で学習することはとてもメリットといえるでしょう。

通信講座を行っている会社は、過去の行政書士の試験のノウハウなど持っているので、試験対策を自分であれこれ考える必要がないメリットもあります。
そして通信講座のスタッフは行政書士に通ずるスタッフとつながりを持つことになりますので、学習をしていてわからないところがあった場合でも、質問をしたりすることもできますし、最新の法律にも対応しているでしょうからストレスなく学習することができるのです。

最近は通信講座の教材の中身も充実していて、映像教材などを使ったところもありますので予備校に通うのと同じくらいのレベルで学習することができるメリットもあります。
今仕事をしながら資格取得を目指そうと思っている人にとってはぴったりな学習方法であるといえるでしょう。

知って得する! 行政書士通信教育のデメリット

デメリット

行政書士の通信講座を受けることにデメリットもあるのです。
通信講座というのは時間や学習を自分のペースで管理することが可能ですから、学習計画を立てて進められる人ならいいのですが、自分で学習計画を立てて進めることが余り得意ではない人にとっては、向かない学習方法といえるでしょう。

自分で何でも計画に沿って進められる人にとっては通信講座で学習することは費用も安いですからメリットとなりますが計画に沿って進めることが難しく、3日坊主になったり、投げ出したり飽き性名人にとっては、通信講座は向かないといえるでしょう。

自分のペースで学習できるとはいえ、有効期間内で学習を終えなければ追加料金がかかったりしますので、自己管理もしなければいけません。

費用も独学と比べればかかりますから、学校に行くよりは安いかもしれませんがあなたにとって通信講座という学習スタイルが果たしてあっているのかどうか、しっかりと考えておいたほうがいいでしょう。

通信講座を利用して行政書士の学習をするデメリットとしてほかにも、学習していてわからないことがあれば、サポートしてくれる体制は整っているとはいっても、それは質問はいつでも受け付けてくれているが答えはしばらくたたないともらえないなどタイムラグが発生するデメリットもあるのです。

行政書士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
試験に合格した後は、行政書士会に入会します。
すぐに開業する人もいますが、まずは行政事務所や法律事務所などに勤めながら基盤固めをする人が多いようです。

なお、行政書士の守備範囲はとても広く、司法書士や土地家屋調査士、税理士などの業務と密接に関連しているので、約50%の人が、開業の上でこれらの資格もあわせて取得しています。

≪気になる将来は?≫
2002年の改正行政書士法の施行により、交通事故の示談や遺産分配の協議など、法廷外での紛争処理もできるようになりました。

こうした状況をうけ、今後は依頼者から法律相談を受け「代理人」として活躍するケースも増えていくでしょう。
法律系国家資格の中で行政書士は比較的合格しやすいといわれていますが、数年内での試験の難化や法科目問題の追加を指摘する声も少なくないので、早めに取得することをおすすめします。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

本試験の傾向を徹底分析!初心者から合格へ【行政書士受験講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】38,850円(総額制・税込)
【その他】教材費込み
割引価格: 35,700円(税込)
※ 割引価格は、過去3年以内に弊社通信教育を受講開始されたことのある方が対象となります。
標準期間 約6ヶ月
送付物 学習ガイド、テキスト(5冊)、記述式・択一式サブノート、模範解答集、添削問題(5回)、任意提出記述式添削問題(1回)、行政書士受験六法(東京法令出版(株))、質問票
対象 初心者歓迎!
試験合格を目指す方に。
目指せる資格 行政書士
【 行政書士[完全攻略]ダウンロードコース 】 ステップ方式の着実な知識習得。これなら初学者でも安心!
費用 【入学金】0円
【受講料】49,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約10ヶ月
送付物 1.DVD 39枚
2.講義音声ダウンロード 77時間
3.講義テキスト 3冊
(攻略ガイド/ポイント集/過去問題集)
4.講義サブノート 5冊
5.記述式&科目別答練問題集
6.模擬試験 2回(解説&超直前ポイント講義DVD付)
7.補講テキスト(「政治・経済資料」)
8.行政書士受験六法
[添削:2回]
対象 初心者の方でも安心して学習していただけます。
目指せる資格 行政書士
今からでも間に合う! 行政書士 スピードマスターAコース
費用 【入学金】0円
【受講料】100,800円(総額制・税込)
【その他】DVD通信:一般価格123,000円→期間限定割引100,800円(7/31まで)、Web通信:一般価格100,000円→期間限定割引82,000円(7/31まで)
標準期間 約5ヶ月
送付物 DVD(60枚)、テキスト、論点マスター暗記ノート、肢別過去問題集、答練、公開模試、学習ガイド、学習ガイド、質問票
対象 効率的なカリキュラムと「竹原 健」講師の明快な講義を通じて、2012年度行政書士試験一発合格を目指す講座です。
目指せる資格 行政書士