不況時代に重宝する小学校教諭の資格

小学校教諭

小学校教諭の通信講座を受ければ、小学校の先生になりたい人でも、家庭の事情や経済的なこと、仕事などで学校に通えない人でも、通信講座で小学校教諭について学んでなるための道が開けるのです。

大学によっては通学だけでなく、通信制講座を導入している大学もあります。
どの大学でも行っているわけではなくて、一部の大学だけで行われていることですが、通信講座で必修単位を修得していれば小学校教諭の免許を取得できるのです。

基本は通信講座なので家で学習をするのですが、直接学校に通ったり実習する時間もあります。
普通なら学校に通って出なければ資格取得ができないと思っていた人にとって、社会人に一度なったけど、小学校教諭にやはりなりたいという夢をあきらめられない人にとっては、働きながら小学校教諭を目指せる学習方法となりますので、通信講座はとても役立ちます。

今通信講座で自宅で仕事と両立させながら学習をして免許を取得して、そして小学校に就職をしている人は増えています。
転職をして第二の人生小学校教諭として今まで別の社会人経験をしていた人は、それを活かして働いているのです。

通信講座ならそれも十分に可能で夢をかなえてくれる方法となるでしょう。

実は知らない… 小学校教諭通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

小学校教諭を通信講座で学ぶメリットですが、いつでも通信講座なら自分の都合のいい時間に学習することができるメリットがまずあります。
学校に通って小学校教諭になるための学習をするとなれば、学校に合わせて自分の予定や都合をあわせなければいけませんから、ある意味仕事と両立させたり、子育てと両立させることはなかなか難しいのです。

小さいお子さんがいて、外に出られない、学校に通うことができない人にとっても、通信講座なら、自宅で学習することができますので、両立も可能ですし、仕事をしている人にとっても、自分の空いた時間にいつでも学習ができるので、自分のペースで小学校教諭の学習が可能です。

自分のペースで学習できることは、わからない点弱点は、何度でも立ち止まって振り返ることもできて、わかるまで、納得できるまで学習できるメリットになります。
学校に通って学習するよりも、通信講座のほうが、かなり安い費用で小学校教諭の免許取得をすることができるメリットもあります。

場祖を問わずに学習することができますので、いつでも学習できる環境があるということになります。
そして年齢も関係ありませんから、小学校教諭になりたいと思ったら中高年でもチャレンジできるのも通信講座のメリットです。

知って得する! 小学校教諭通信講座のデメリット

デメリット

小学校教諭の通信講座を受けて学習することのデメリットは、通信講座ですからどうしても自分のペースで学習をすることができるメリットはありますが、自分で計画に沿って必ず学習するという強い意思を持っている人でなければなかなか続けられないデメリットがあります。

続けようとは思っていても思っているだけでは学習は続かないものです。
実際に計画に沿って続けて学習をしていかなくては、小学校教諭の通信講座を最後までやり遂げることはできません。
3日坊主で何をやっても長続きさせられない人、飽き性の人などは挫折する可能性が高いのもデメリットとして上げられます。

そして一人で学習をしなければいけないので仲間も先生もいませんし、孤独感を感じてしまったり、モチベーションを常に維持できないこともデメリットとして挙げられるでしょう。

学校を卒業した人と比べるとどうしても就職率が下がること、実習など自分で手配しなければいけないケースが大半であることもデメリットといえるでしょう。
そして通信講座のデメリットは勉強でわからない部分があっても、直接聞けず、聞けても答えをもらうのに時間がかかるデメリットもあります。

自分に合う学習方法かどうか考えた上で受講しましょう。

小学校教諭の資格を取得すると…

≪どんな仕事?≫
国公立や私立の小学校で教師として働くために必要な資格です。

この資格を得るための方法は、2つ。1つは、大学や短大で、教育職員免許法に基づく所定の単位と学位を修得し、卒業後各都道府県に申請し、免許の交付を受ける方法。
もう1つは、文部科学省が実施している「小学校教員資格認定試験」に合格し、免許の交付を受ける方法。

この試験は、学校教育にふさわしい人材を社会人からも広く受け入れるために導入された制度です。

≪必要な知識とスキル≫
小学校教諭の仕事は、子ども達に勉強を教えるだけではありません。
情操や道徳心、子どもの心と体を育む大きな役割を担う仕事だけに責任は重大です。

子どもが好きというだけではなく、時には子どもと同じ目線で考え、共に成長したいと思う人。
そして子どもが信頼をおける大人であること。それが指導力にもつながると言えるでしょう。

また生徒だけではなく、教師や父兄とも円滑なコミュニケーションをとることができる人でなくてはなりません。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

小学校教員免許の不足単位分のみ受講したい方、教員免許状を上級免許に変えたい方に!【科目等履修生】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】7,000円(税込)入学金は初回登録時、、以降継続料として5,000円
【その他】※受講料は1単位受講の場合
教材費:2,000~3,000円/科目 他
4科目履修の概算:100,000円程度
標準期間 約6ヶ月
送付物 学生便覧、履修の手引き、指定教科書 他
対象 初心者歓迎。仕事や家事と両立して学びたい方に。
18~60歳まで幅広い年齢層の学生が在籍しています。
※高等学校卒業の方、卒業見込みの方、もしくは同等の学力があると認められる方が対象となります。
目指せる資格 小学校教諭一種免許状
『小学校教諭1種免許状』と、『学士』を同時に取得! 仕事・家事でご多忙な方を万全にサポート!【小学校教諭1種対応 - 正科生(1年次入学)】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】75,000円(税込)入学金は初年度のみ、受講料は半期(6ヶ月)毎
【その他】スクーリング料:7,000~10,000円/単位
教材費:2,000~3,000円/科目 他
卒業(4年間)までの概算:1,100,000円程度
標準期間 約48ヶ月
送付物 学生便覧、履修の手引き、ガイドブック、指定教科書ほか
対象 初心者歓迎。仕事や家事と両立して学びたい方に。
18~60歳まで幅広い年齢層の学生が在籍しています。
※高等学校卒業の方、卒業見込みの方、もしくは同等の学力があると認められる方が対象となります。
目指せる資格 学位(大学卒業資格)
小学校教諭一種免許状 他
最短2年!卒業と同時に小学校教諭免許状を取得できる 【児童学科 児童教育コース (3年次編入)】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】190,100円(総額制・税込)
【その他】※190,100円は初年度納入金額になります。入学金は受講料に含まれます。
他諸費用あり。詳細は募集要項参照。
標準期間 約24ヶ月
送付物 安心して学習できるよう、学習指導書を組み込んだ「オリジナル教科書」や「聖徳通信」(月1回)を送付
対象 初心者歓迎。
すでに他の大学で2年分の単位を修得されている方や、短期大学を卒業している方に
※詳細についてはお問い合わせ下さい。

小学校教諭を目指す方にお勧めのコースです。

目指せる資格 小学校教諭一種免許状、幼稚園教論一種免許状、保育士、児童学学士、図書館司書、学芸員