不況時代に重宝する高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の資格

高等学校卒業程度認定試験(旧大検)

高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の通信講座では、高等学校卒業程度認定試験対策に向けた通信講座です。
昔は大検といわれていましたが、学歴が中卒でも高校中退でも、この試験に合格をした人は高校卒業程度の資格がもらえます。
合格をすれば国立、公立、私立のどの大学や短大、専門学校にも受験することができて、それぞれの国家試験などを受ける際にも高校を卒業している人と一緒の扱いを受けられますし、海外への大学留学や進学もできるのが特徴です。

高等学校卒業認定試験に合格をすれば大学への道も、それ以外の道も就職や転職にも有利に働くメリットになりますので、その学習を通信講座で受けられることはとても受講する人が多いのです。

通信講座なら現在仕事についている人でも、無理なく自宅で学習することができて、しかもその学習を、手軽に自分のペースで仕事の空き時間や休日を使って学習できるので効率よく勉強できるのです。

通信講座なので、学校に通う必要もないので、時間の拘束がありませんから、子育てをしている人で、今は学校に通うことができない人でも、自宅で学習することができるのです。
意外と中高年になってからでも再チャレンジしたいと思って通信講座を受ける人は多いのです。

実は知らない… 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

高等学校卒業認定試験の通信講座のメリットは、これまで中卒や高卒で大学へ進めなかった人、就職などで学歴を書く際にもコンプレックスに思っていた人でも、何歳でも、今からでも通信講座なら自宅で学ぶことができることにメリットがあります。

今仕事をしている人でも、仕事をやめて学校に通うのは、その間の生活費の工面が大変ですが、仕事をしながらでも両立できる通信講座という学ぶスタイルは仕事と両立したい人にとってはぴったりの学習方法です。
また子育てをしていたり家庭に入っていて今は外に出て学校へ通うことができない人にとっても、通信講座なら家にいながらにして子育てや家事と両立させることもできますので、そのメリットもあります。

効率よく学習を自宅で自分のペースで行いたい人にぴったりの学習方法です。
しかも学校に通うよりも、学費の面で費用が通信講座のほうが安いメリットがあります。
高卒認定試験の通信講座なら、誰でも思い立ったときにチャレンジできて、しかも自宅で自分のペースでできるメリットがあるのです。

これまであきらめていた人も、あきらめることもなく、そして自宅で自分のペースで目標を達成させることができるのです。
通信講座ならさまざまな道も開けるでしょう。

知って得する! 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)通信講座のデメリット

デメリット

高等学校卒業程度認定試験(旧大検)を通信講座で受けるデメリットは、通信講座全般に言えることなのですが、自分で地道に計画に沿って進めることができる人なら無理なく仕事や家事、子育てと両立させて学習を続けることができるかもしれませんが、地道に計画に沿って続けることが苦手な人にとっては、デメリットとなる学習方法です。

コツコツと地道に一人で学習することはとても難しく、毎日続けることは大変なことです。
自宅で資格取得に向けて学習を自分のペースでできることはメリットである反面、自分のペースを守れない人、意志が弱い人にとってはなかなか長続きしないのです。

学校に通って学習をしていれば目標を最後まで達成することができたかもしれない人でも、通信講座を選んだことによって途中で投げ出したり挫折してしまっている人も大勢いるのです。

あなたにあった学習方法を選ぶべきですが、高等学校卒業程度認定試験の通信講座を受けるならば、モチベーションを常に維持できるかどうか、そして毎日計画にそって学習を進められるかどうかそのあたりをしっかりと考えた上で受講するようにしましょう。
人によっては向かない学習方法なので、自分に合うか合わないか考えて受けましょう。

高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
高等学校卒業程度認定試験の資格があれば、国・公・私立すべての大学、短大、専門学校が受験できます。

また、警察官・消防士や行政書士などの各種国家試験も、高等学校卒業者と同じように受けることができます(各資格の要項を確認のこと)。
高等学校卒業程度認定試験は高等学校の“卒業資格”を与えるものではありませんが、実質的には高等学校の卒業者と同じ扱いを受けることになります。

ただし合格者が満18歳に達していない時には、満18歳に達した翌日から正式な合格者となります。

≪こんな人が向いています≫
中学を卒業して進学しなかった人や高校を中退した人で、大学への進学を考えている人にはうってつけの資格です。

集団での行動より自分のペースで学習したい人、働きながら大学受験を目指す人などに向いています。
高校ですでにいくつか単位を取っている場合は検定科目の一部免除を受けることができます。

また、一人で学習することに不安を感じる人は、高等学校卒業程度認定試験予備校に通ったり高等学校卒業程度認定試験と通信教育を併用するのもよいでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

高卒認定に絶対合格したい!合格率No.1の学習教材があるJ-Web School ≪通信添削 レギュラーコース≫
費用 【入学金】0円
【受講料】17,500円(総額制・税込)
【その他】1科目 17,500円(受講料には教材及び送付物の送料も含まれています)
2科目以上はお送りする資料をご覧ください
標準期間 約12ヶ月
送付物 高卒認定ワークブック・頻出問題集・実力演習・模擬試験
学習のしおり・質問シート・コミュニケーションシート 等
対象 社会人、フリーター、主婦や現役高校生の方など、中卒・高校中退などで高校を卒業されていない方が対象です。
目指せる資格 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)
合格保証付き!1年以内に高卒資格取得を目指せる! 【通信科 高認スーパーゲットコース】
費用 【入学金】0円
【受講料】92,400円(総額制・税込)
【その他】※受講料は、1科目あたりの費用です。(5科目以上は一律249,900円)
※分割払いを活用することも可能です。
教育ローン活用例:4,000X23回+初回5,491円
※受講料以外の付帯料金は一切ございません。受講料には、教材及び送付物の送料も含まれます。
※教材:ガイダンスブック、テキスト及び解答集・実力完成問題集・ウェブカメラ・ヘッドセット
標準期間 約12ヶ月
送付物 Webカメラ、高卒認定試験対策テキスト12冊、実力完成問題集9冊、他
対象 高校を卒業していない方
(社会人・フリーター・主婦・現役高校生の方など)
目指せる資格 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)
合格率91.9%の実績と完全合格保証制度あり!! 1年以内に高卒認定資格を取得!【高卒認定インターネット学習コース】
費用 【入学金】21,000円
【受講料】267,750円(総額制・税込)
【その他】*分割払い3~24回をご利用頂けます。
*上記は総合学習コース8科目の場合となります。1科目のみなら42,000円からのご受講が可能です。他にも基礎学習と実演実習コースのご用意もあります。
*教材及び資料等の送料も含み、受講料以外の付帯料金は一切ございません。なお、海外での場合は別途実費送料が必要となります。
標準期間 約12ヶ月
送付物 学習のしおり、学習計画表、テキスト、問題集、実力アップテスト、公開模擬試験、直前資料となります。
対象 高校を卒業していない方
(社会人・主婦・アルバイト・フリーター・現役高校生などの方々)
目指せる資格 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)