不況時代に重宝する教員試験の資格

教員試験

教員試験の通信講座は、通信講座で教員試験対策学習を行うというものですが、場合によっては、通信講座だけで教員試験に合格をして教員免許を取ることもできるところもあります。

通信制を行っている大学の場合には、入学をして通信制にはいれば、通信講座で教員試験を受けて教員免許を受けるのです。

今教員試験の学習を通信講座を選ぶ人がとても増えているのですが、中には、20代から40代の人で学習をしようと思っている人も増えています。
社会人でも働きながらでも学習ができる通信講座という特性上今多くの人が通信講座を選んでいるのです。

通信講座で教員試験対策をしようと思っている人の理由は、仕事をしながらキャリアアップやスキルアップをしたいという人が大半です。
今の仕事に満足をしている人、していない人、上を目指したいと思っている人などさまざまな人がいますが、これから先の人生で、通信講座で学習して教員試験に合格をして教師を目指したいと思っている人が多いのです。

通信講座なら、仕事をしている人でも、仕事と両立しながら自分のペースで学習をすることができるので十分教員試験対策をすることはできます。
子育てと両立して学習を自宅で自分のペースでがんばっている人もいるのです。

実は知らない… 教員試験通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

教員試験対策に通信講座を選ぶメリットは、仕事をしていても、学習をすることができる学習スタイルです。
今たくさんの人が通信講座を利用して教員試験対策を学習していますが、それぞれ理由は違っているのですが、今の仕事に満足していない人、もっとステップアップしたいと思っている人、新しく人生を進みたいと思っている人など、こうした人たちにとって、通信講座はぴったりの学習方法です。

仕事をしている人が、教員試験を学習するために仕事をやめたのでは、学習している時間の生活費の問題もありますから、仕事をやめることは決してできないでしょう。
十分なたくわえがある人なら学習に専念させることができますが、大半の人が仕事と両立させる必要があります。

学校へ通う方法もありますが、学校に通った場合には、仕事で帰りが遅くなり欠席をしなくてはいけなくなったり、仕事を学校の都合にあわさないといけませんが、通信講座なら仕事から帰ってからの時間を使えますし、休日を使って学習をすることもできて、時間の拘束もありませんので、自分のペースで学習を続けられるメリットがあるのです。

費用の面でも通学よりもかなり安くつくことも教員試験対策の学習を通信講座で受けることのメリットといえるでしょう。

知って得する! 教員試験通信講座のデメリット

デメリット

教員試験の通信講座を受けて学習をするデメリットは通信講座ですから自分のペースでできる反面、ペースをきちんと作れない人にとっては、デメリットといえるでしょう。
教材も用意されていますし学校にも行かずに家で学習できることはとてもメリットとして感じるかもしれませんが自分で進めることはとても大変で計画を立てて進めることの難しさを感じる人が大半です。

学校へ通えば、通うだけで学習が進められるのですが、学習を自分で進めなければ進まない通信講座は自分のやる気とモチベーションを維持して継続させられなければ、途中で挫折してしまうデメリットもあります。

一人で学ぶことは、途中で挫折しやすい環境でもありますから、仲間も先生もいない状況の中でいかにして、学習を最後までやり遂げられるか、それがとても大切なことです。
3日坊主でなかなか何をやっても長続きしていない人、途中で投げ出してしまったり飽き性な性格の人にとっては、向かない学習法といえるので自分に向いているかどうかしっかりと考えた上で通信講座を受けるようにするといいでしょう。

質問ができる体制が整っている通信講座も増えていますが、質問をしてもリアルタイムに答えてもらえるわけではなく答えをもらえるのに時間がかかるデメリットもあります。

教員試験の資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
凶悪犯罪の低年齢化・若年層の自殺件数の増加など、学齢期の子供を取り巻く環境は悪化の一途をたどり、教育現場を支える教員の責任はより大きなものになりつつあります。
このような状況を鑑み、文部科学省は広く一般社会から教員としてふさわしい人材を求めるため、「教員資格認定試験」を実施しています。

大学などで教員養成の課程を履修していない人でも認定試験によって教員として必要な資質・能力を有すると認められた場合、教諭の資格が与えられます。

≪こんな人が向いています≫
児童・生徒にとっての人格形成期に深く関わる教師という仕事では、「子供が好き」であることと「教育にかける熱意」があることが大前提。

そして人間として忘れてはならない「誠実さ」「思いやり」を備えていることも求められます。
また、学校は児童・生徒が集まり一つの社会を形成しているわけですから、トラブルはつきものです。

こうした場合には、児童・生徒の話を公平に聞く姿勢や解決に導いていくコミュニケーション力が特に重要となります。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

教員採用試験対策実践講座(通信部)専門科目コース
費用 【入学金】0円
【受講料】15,000円(総額制・税込)
【その他】分割払い(1~24回)・教育ローン制度あり
標準期間 約7ヶ月
送付物 専門教科添削課題(全3回)・専門教科参考資料・教育答申ファイル・教員採用試験情報誌・質問票
対象 教員採用試験を受験予定の方
目指せる資格 教員採用試験,中学校教諭,高等学校教諭,養護教諭
各都道府県対応! 教員採用試験対策実践講座(通信部)教職教養コース
費用 【入学金】0円
【受講料】25,000円(総額制・税込)
【その他】分割払い(1~24回)・教育ローン制度あり
標準期間 約7ヶ月
送付物 教職教養添削課題(全国模試、県版模試各2回を含む全10回)・教職教養テキスト・教育答申ファイル・教員採用試験情報誌・質問票・答申問題集
対象 教員採用試験を受験予定の方
目指せる資格 教員採用試験
各都道府県対応! 教員採用試験対策実践講座(通信部)論作文コース
費用 【入学金】0円
【受講料】25,000円(総額制・税込)
標準期間 約7ヶ月
送付物 論作文添削課題(全7回)・論作文テキスト・教育答申ファイル・教員採用試験情報誌・質問票・模範論文
対象 教員採用試験を受験予定の方
目指せる資格 教員採用試験