不況時代に重宝するエクセルの資格

エクセル

エクセルの通信教育は様々な種類がありますが、例えば基本操作をマスターするための入門的な内容の通信教育もありますし、少し使いこなせる人向けの中級講座など、様々な通信教育の種類があります。

エクセルの通信教育は操作や技術などを身に付けるための基礎的な講座から、マイクロソフトオフィススペシャリストの通信教育もあります。
今はどんな仕事でもどんな職場でも、パソコンを使うのが当たり前になっており、パソコンを操作できなければいけない時代です。

そしてパソコンの中でも、表計算などの、エクセルは、基本中の基本ですから身に付けておいた方がいい技能になります。
初級の、基本的なことを身に付ける内容のものから、エクセルを使いこなすことができて、さらに上をいく上級の内容まで様々な内容で用意されているので、自分のエクセルのレベルにあわせて選ぶと良いでしょう。

これからの時代は、パソコンを使えるのは当たり前で、その上でエクセルはとても重要ですから、自宅で基本的なことを身に付けるためにも通信教育はとても役に立つでしょう。
エクセルだけでなくワードやパワーぽんとなども一緒に身に付けられるコースもありますので、これを機会に一緒に検討をしてみても良いかもしれませんね。

実は知らない… エクセル通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

エクセルの通信教育を受けるメリットですが、今やビジネスに欠かせないのがパソコン操作であり、その中でも、ワードとエクセルは必須とされています。
エクセルが使えないとパソコンが使えるとはいえないとまで言われているので、まだエクセル操作ができない人、少ししかエクセルが操作出来ない人は、これから身に付ける必要があります。

パソコン教室に通ってもいいのですが、なかなか忙しくて時間がない人もいるでしょうし、パソコン教室は自分のペースで進めることができなかったり、マンツーマンだと高くついたりするデメリットがあります。
しかし通信教育なら自分のペースで進められて、自宅で空いた時間や、都合のいい時間を使って身に付けられるのでオススメです。

就職や転職にパソコン操作は必須ですから、パソコンの中でもエクセルを使いこなせるようになりたいと思っている人は、エクセルの通信教育をつかって勉強すると良いでしょう。

自分のペースで確実にエクセル操作が身についていきますので、これから先の就職や転職にも役に立ちます。
通信教育なら、色々なコースを組み合わせて受けることも可能で、一緒にワードやパワーポイントが受けられる通信教育もあるのでおすすめです。

知って得する! エクセル通信教育のデメリット

デメリット

エクセルの通信教育で技術や知識を身に付けることのデメリットですが、まず、あなたは通信教育が向いているタイプですか?
通信教育は独学に比べると、自分で計画もカリキュラムも立てなくても、通信教育の会社が立ててくれた計画、カリキュラムに沿って進めることができますが、計画もカリキュラムも立てなかったとしても、自分ひとりで進めることに違いはありません。

ですから計画に沿ってきちんと自分で進めていかなくては、どんどん貯まっていきますし、進みませんから、いくら通信教育で勉強をしようと思っても、それではなかなか身につきません。
地道に計画に沿ってコツコツと続けられるタイプの人でないと難しいというデメリットがあるのです。

そして、通学に比べると、先生が側にいてくれるわけではないので、すぐにわからないことがあってもエクセルの操作について質問をすることができないというデメリットもあります。
サポート体制が整っていたとしても後日返答ということになりますから、タイムラグが発生するのです。

同じように自宅で勉強をする独学と比べると、費用がかかる、高くつくこともエクセルの通信教育を受けるデメリットと言えるかもしれませんから注意しましょう。

エクセルの資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
マイクロソフト製品は、世界標準のソフトとして官公庁や企業、教育機関などさまざまなところで利用されています。
簡単な文書はワード、一覧表や名簿はエクセル、プレゼン資料はパワーポイントといった具合にそれらを使いこなせることは、社会人としては当たり前のような世の中になってきています。

オフィスに関する基本的なスキルを持っていることを証明してくれるMOSは、就職や転職には間違いなく強みになるでしょう。

≪こんな人が向いています≫
ビギナーからプロフェッショナルまで、自分のパソコンスキルを客観的に把握したい人に向いている資格です。
WordやExcelは、職種・業種を問わず今やビジネスパーソンの必須スキル。

マイクロソフトオフィススペシャリストはWindows製品を販売するマイクロソフト社が認定する権威ある資格なので、仕事でパソコンを使う人はスキルアップのためにも挑戦してみる事をおすすめします。

≪気になる将来は?≫
この資格は、世界200カ国で通用する認定資格です。
現在、世界標準として不動の地位を築きあげているマイクロソフト社製品が、その地位を退くことはとうてい考えにくく、それを使えないということはかなりいろいろなシーンで、不利な状況になることも。

近年、受験者数も急上昇しており、注目度の高い資格です。
仕事の効率化を図りたいという方、また就転職や将来のためになにか資格を、と考えている方にも、おすすめの資格です。
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

ビジネスや研究に役立つデータ解析を学ぶ! 【Excelによる多変量解析実務講座】
費用 【入学金】5,000円
【受講料】49,500円(総額制・税込)
【その他】※分割払い可
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキストI・テキストII、ガイドブック、CD-ROM、報告課題、報告課題提出表、質問提出表、質問用紙
対象 実務に役立つデータ解析の手法を身につけたい方に。数学が苦手な方でも、統計の基礎知識があればExcelで十分に学習できる内容です。
目指せる資格 データ解析士