不況時代に重宝する警察・消防の資格

警察・消防

警察・消防関係へ進みたいと思っている人は通信講座が便利です。
学校に通わなくても自宅で警察・消防関係の公務員試験に沿った内容の学習をすることができるのです。
いろいろな通信講座がありますが、DVDなどの視聴覚教材なども充実していることから、学校に通っているのとおなじ臨場感の中で学習できるので、学習の効率もモチベーションも維持できるでしょう。

最近はテキストやDVDなどの教材だけでなくパソコンを使ってインターネットで受講できるような通信講座も豊富ですので、さまざまな学び方があり、受験に役立つ学習が自宅でできるようになっています。

仕事をしつつ警察・消防を目指している人も、予備校や学校に通うことは難しくても自宅で学習できる通信講座なら、無理なく学習を続けられるのでがんばっている人は多いのです。

また事情があって学校に通えない人にとっても、自宅で学習をマイペースに続けることができることが警察・消防の通信講座を受ければぴったりです。
自分のペースで学習でき繰り返し学習できるので大勢の中で学校へ通って学習をするよりも向いている人も多く、今がんばって目指している人の中で通信講座を利用している人はとても実際には多いでしょう。

実は知らない… 警察・消防通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

警察・消防の通信講座を受けるメリットは、学校に通わなくても、自宅で学習できることが最大のメリットです。

学校に通うとなると学校の予定に自分の予定を合わさなくてはいけませんし、通う時間も必要になってきますが、通信講座なら自分のペースで学習ができて学校に通うように時間の拘束がないのがいいでしょう。

通信講座なので、自分の空いた時間に自分のペースで学習を続けることができますから、仕事を現在している人でも仕事との両立ができて効率よく警察・消防の試験に合格するための対策学習をすることができるのです。

そして学校に通うよりも費用の面でもかなり通信講座は安くつくメリットもあります。
最近はサポート体制も整っているところも多いので、学校で質問するのと同じ環境での質問もできて、無理なく学習が続けられるでしょう。

仕事との両立も無理なく続けられて自分のペースで空き時間を使って学習できることはとてもメリットとして大きいでしょう。
独学ではなかなか計画を立てたり学習教材を用意するのが大変ですが、すべて教材もそろっていますし、計画もカリキュラムも考えられていてしっかり合格できるように試験内容に沿った内容で学習できるのがメリットです。

知って得する! 警察・消防通信講座のデメリット

デメリット

警察・消防の通信講座を受けるデメリットは、学校に比べると自分ひとりで学習を進めていかなくてはいけないデメリットがあります。
当たり前ですが学校へ行けば同じように警察・消防を目指している仲間がいて先生もいます。
学校に通うだけで学習は進みますが、自宅で学習するというスタイルの通信講座なら、一緒に同じ目標を持って目指している仲間もいなければ先生もいませんので自分ひとりで孤立した環境の中で学習を進めなければいけません。

通えば学習が進む通学と違って、あなたがやる気を出して実際にやらなければまったく学習が進まないデメリットもあるのです。
あなたがやらなければ進まないことは、そのまま学習を中断してしまうと挫折につながるデメリットになります。

学校に通っていれば合格を目指せたかもしれませんが、通信講座を受けたばかりに、途中で挫折してしまう可能性も高くなるのです。
通信講座なら自分のペースで仕事などと両立して空き時間にできるというメリットはありますが、あいた時間にできるのではなくて、空いた時間を確保しないといけないのです。
通信講座という特性上あなたのやる気が一番大事であることをおく覚えておかなくてはいけません。

警察・消防の資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
警視庁職員試験の合格は、採用に直結しています。採用後は警察学校に入校し、基礎的な教育を受けることとなります。

勤務は警視庁管内のそれぞれの職種にあった場所で行い、原則として都道府県を越えた異動はありません。
消防官試験も、合格後採用となるのは警視庁職員と同じです。採用後はまず消防学校(全寮制)に入校して消防官として必要な教育を受けます。

消防学校を出た後、各消防署に配属されます。

≪気になる将来は?≫
警視庁職員は東京都の治安を守るためにそれぞれの仕事に就きます。
幹部養成研修・管理者研修といった各種研修制度も充実。学歴などによらない、能力主義に基づく昇任選考により上級幹部への道が開かれています。

消防官は火災や災害から近隣住人を守るため、管轄消防署にて訓練・活動を行います。
火災時だけでなく、防火・防災指導など、幅広い業務をこなします。

昇任試験に合格すれば昇進して上位の階級につくことも可能です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【 公務員教養試験合格コース 】専門科目(法律・経済など)の試験がない市役所・警察官・消防官を目指す人にオススメ!
費用 【入学金】0円
【受講料】94,500円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約3ヶ月
送付物 1.講義DVD 全32枚(1枚約2時間) 111教程 63時間
2.基礎講義テキスト(「スピードマスター・教養科目(一般知能)」ほか) 全2冊
3.答練講義テキスト(「過去問マスター・教養科目(一般知能)」ほか) 全2冊
4.論文・面接対策テキスト 全2冊
5.新スーパー過去問ゼミ(文章理解・資料解釈)
6.講義レジュメ 全9冊
7.論文問題(添削課題) 3回分
8.学習ガイド、メールマガジン、その他
対象 初学者歓迎。
市役所・警察官・消防官の大卒程度公務員試験の合格を目指す方。
目指せる資格