不況時代に重宝する地方公務員上級の資格

地方公務員上級

地方公務員上級の通信講座は、地方公務員になりたいと思っている人の上級試験に合格するための通信講座です。

最近は長引く不況で行政改革などの影響もあり、地方公務員を採用する人数が減りつつあります。

中小市町村の場合は、試験も定期実施されず不定期になったりして、なかなか厳しい現状です。
しかし団魂の世代が、大量に定年退職をすることから採用する人数を増やしているところもありますので、地方公務員になりたいと思っている人はこの時期がチャンスと考えてもいいでしょう。

地方公務員試験に合格をしなければいけないのですが上級合格に向けては独学だけではなかなか1発合格を目指すことが難しいといわれていますから、自分で学習することよりも通信講座を利用するといいでしょう。

通信講座なら地方公務員上級試験対策に沿った内容で教材もしっかりと充実していますから、自分のペースで学習をすれば試験合格を目指すことができます。
学校に通うか通信講座で学習するのか迷う人もいるかもしれませんが、学習に専念できる人なら学校に通えばいいですが、仕事と両立しながらの学習や、子育てや家事と両立させての試験勉強を考えている人にとっては、通信講座は自宅で学習できるので、ぴったりの学習方法になります。

実は知らない… 地方公務員上級通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

地方公務員上級の通信講座を受けるメリットは、合格率が低く難易度が高いとされている地方公務員試験対策を自宅で学習することができるメリットがあります。
地方公務員上級を目指している人の中には、現在仕事をしつつ目指している人もいます。

仕事と両立しながら予備校へ通うのは時間的にも費用の面でも大変ですが、通信講座なら自宅で学習することができますから、時間の拘束もありませんし費用の面でも予備校に通うよりもかなり安くつくのでメリットといえるでしょう。

通信講座なら、独学とちがって、教材もしっかりと地方公務員上級の試験に沿った内容で対策的な内容になっていますので、独学で学ぶより試験内容にあっていて合格を目指せるメリットもあります。

勉強のポイントがしっかりと抑えられて、とても効率よく学習計画が立てられているので、それに基づいて学習できるので、メリットといえるでしょう。
最近の通信講座ではわからないことがあってもすぐに質問ができるようにとサポート体制も整っているので、それもメリットといえますね。

質問ができる環境が整っていることで学校へ通うのと同じ環境下で学習を進められて、自宅での学習も不便なく進めることができるのです。

知って得する! 地方公務員上級通信講座のデメリット

デメリット

地方公務員上級の通信講座を受けるデメリットは、通信講座という特性上、長続きさせることができない人もいるデメリットがあります。
学校へ通えば、いやでも学習を進めなければいけないので、通えばそれだけで学習が進みますが、通信講座は教材も計画もすべてそろってはいますが、それでも最終的には計画に沿って進めるかどうかは自分の問題ですからやる気がないのなら、続けることができる挫折してしまう可能性が高いデメリットがあります。

予備校へ通えば先生がいますから、地方公務員上級の試験対策中にわからないことがあったらその場ですぐに聞いて解決できるのですが、通信講座になると、質問を受け付けるサポート体制は整っていたとしても、質問の回答をもらえるのに時間があり、リアルに解決できず後日や数時間たってからということも珍しくないというデメリットがあります。

また予備校なら地方公務員上級を目指す人人ばかりが集まっているので情報収集ができたり、またモチベーションを維持し続けることもできますが、自宅で通信講座で学習する場合には家でできるメリットはありますが、完全に一人で孤立した中で学習を進めなければいけませんから、人によっては、モチベーションがなかなか続かずに、挫折してしまうこともあります。

地方公務員上級の資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
各都道府県や市町村の役所で一般事務に従事する以外に、公立学校の学校事務や県警察の本部・各署での警察事務などで勤務することもできます。

不況が続く中、やはり注目されるのは福利厚生面での待遇の良さ。
共済組合が支給する短期給付金や格安で住める公務員宿舎が用意されているなど、うらやましい話も少なくありません。

若いうちは、3~4年ごとに転勤となるケースも多いですが、地方公共団体の管区内での異動となるため大掛かりな引越しにはなりません。

≪気になる将来は?≫
加速する地方分権や不況下の就職難を背景として、地方公務員上級試験には優秀な人材が殺到しています。

学生だけでなく、社会人からの転職組みが増えているのが最近の傾向。
また近年は、ある一定の年数以上(各自治体によって異なりますが、5年以上が一般的)、民間企業で勤務した人を対象に行われる募集制度、「民間経験者採用」もスタートしました。こ

れからの公務員には、専門分野の知識・技術に加え、民間並の発想の柔軟性や経営感覚をもった人材が求められていくでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【 公務員(地方上級・国家一般職)総合コースA 】しっかり学んで確実に合格!超効率学習!
費用 【入学金】0円
【受講料】241,500円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約9ヶ月
送付物 1.講義DVD 71枚276教程
2.基礎講義テキスト全5冊
3.答練講義テキスト全6冊
4.論文・面接・時事対策テキスト 全3冊
5.講義レジュメ 全10冊
6.論文問題(添削課題) 3回分
7.学習ガイド、メールマガジン、その他
対象 初学者歓迎。
大卒程度公務員試験の合格を目指す方に。
目指せる資格