不況時代に重宝する児童英語教師の資格

児童英語教師

児童英語教師の通信講座は、児童英語教師になるための知識やスキルを身につけるための通信講座です。
児童英語教師は子供に英語を教える先生ですが、特に資格もありませんから、学生時代に英語が得意だったというひとでも、児童英語教師の通信講座をうければ、誰でも教室を開いたりすることができるのです。

通信講座で学んだ後は、スクールや教室を開業することもできるので将来活躍できる場所は色々とあります。
仕事で元教師をしている人でも、キャリアアップや転職のために通信講座で児童英語教師の学習を改めておこない、スクールを開いている人などもいるのです。

学校にいき学習する方法もありますが、児童英語教師の知識やスキルを自宅で学べる通信講座はいま仕事をしている人にとっても、仕事と両立させながら学べるのでいいでしょう。
子育てをしている人も、子育てが落ち着いたら児童英語教師として活躍したいと考えているのであれば、子育てで外に出られない時間を使って学習をすることをおすすめします。

自分の空いた時間に、自分のペースで学習できるので、通信講座を受けている人はとても多く、就職や転職、独立開業に役立てるために仕事と両立させながら学習されてます。

実は知らない… 児童英語教師通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

児童英語教師を通信講座で学ぶメリットは、通学に比べるとかなり費用が安いことにあります。
通学で学んだ場合だと、数十万円程度かかりますが、通信講座なら3分の1の値段で収まるのもメリットのひとつです。
今は教材も充実していますので、さまざまな充実したテキストや教材が豊富で、学校に通っているのと同じレベルの学習を自宅で受けることができるのがメリットです。

近くで児童英語教師の学校がない場合でも、遠隔地でも資格取得を目指す人にとってはとてもメリットといえるでしょう。
少しでも浮いたお金で、教室運営費としてまわしたほうが断然お得ですね。

児童英語教師の通信講座を受けるメリットはほかにもあり、たとえば、自宅で自分の好きな時間に学べることのメリットもあります。
自宅で好きな時間に学べるということですから、仕事をしている人でも空いた時間に、休日を利用しても学ぶことができるのがメリットです。

現在子育て中で今は学校に通うことができない人にとっても、通信講座で学ぶことは子育てとの両立が可能であるメリットがあります。
何度も教材で繰り返して学習をすることもできますから、わからないことを自分のペースで克服しながら学習できるのもいいですね。

知って得する! 児童英語教師通信講座のデメリット

デメリット

児童英語教師の通信講座を受けるデメリットですが、コツコツ地道になんでも計画に沿って物事を進められる性格の人なら向いていると思いますが、通信講座ですか、教材が用意されていても計画も立てられていても、その計画に沿って最終的に行うのは自分です。

計画が立てられているからといって最終的に自分が進められるかどうかが問題になります。
進められなければ、学習を挫折してしまうのでデメリットになります。

自分でコツコツできるタイプの人にとっては向いている学習方法ですが、3日坊主になった人、長続きさせることがいつもできない人にとっては、向かない学習方法です。

仕事や子育ての合間にできるとして、効率よく学習できますし学校に通う必要がないのでとてもメリットとなる学習方法ですが、それはメリットでありデメリットになります。

児童英語教師の学習を自宅でできるのは学費も学校に通うよりも安いのですが、それは、期限内に学習を進められた人だけのことであって、もし期限内にできなければ、延長料金を支払って学習を続けなければいけないので、高くついてしまうこともあるのです。

自分の性格や性質に学習方法が合っているかどうかをよく理解したうえで受けましょう。

児童英語教師の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
英会話スクールや幼稚園、小学校などの児童対象クラスが、主な活躍の場です。
英会話スクールの場合は、正社員や契約社員として雇用されて働くケースと、フランチャイズ形式で独立して教室を開くケースがあります。

また、最近では自治体の判断で小学校のカリキュラムを柔軟に変更できるようになったため、今後は英語を正式教科とする公立小学校が増えていくと予想されます。

しかし現在の教員だけでは十分に対応できないと言われており、民間から人材登用に注目が集まっています。

≪必要な知識とスキル≫
児童英語教師になるために必要な資格は特にありません。
(※)まず、子供と英語が好きであることが大前提。その上で必要となるのが、子供に英語を教えるための知識とスキルです。

具体的には、児童心理学や発達心理学といった教育に関すること、英語力や言語学といった英語に関することなどです。
また幼児や児童を飽きさせないように、レッスンの内容や演出を工夫するクリエイティビティも求められます。

※:小学校で教える場合、地域によっては、教員免許がなくても英語を教えられる制度があります。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【ラボ小学校英語インストラクター養成講座】「小学校英語活動」に対応!絵本、歌、マザーグースを使った実践的なカリキュラムを学習!
費用 【入学金】0円
【受講料】53,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約3ヶ月
送付物 1.英語絵本『かぶ』(CD付き)
2.英語絵本『三びきのやぎのがらがらどん』(CD付き)
3.『マザーグースのたからもの』(CD付き)
4.『We Are Songbirds 英語のあそびうた Vol.1& 2」(CD付き)
5.『指導書1&2』
以上、『英語の歌と物語のワークショップセット(改訂版)』
6.学習ガイド
7.添削課題(添削2回)
8.DVD4枚

※提携先について
本講座は、株式会社ラボ教育センターが出版した『英語の歌と物語のワークショップセット(改訂版)』に基づきカリキュラムを再構築し、DVDと「授業案」の通信添削を付加したものです。幅広い指導者の育成を目指すべく、ヒューマンアカデミーとDVDを共同開発いたしました。

対象 初心者歓迎!
・小学校英語インストラクターを目指す方
目指せる資格
■英語教育にすぐ役立つ実践スキルを習得!■児童英語インストラクター資格取得講座〈4〉 ★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!★★
費用 【入学金】0円
【受講料】59,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払いあり
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト4冊、DVD6巻(講義・実技)、CD1枚、添削問題1冊 
※講座を申し込んだ方に限り、DVDプレイヤーを特別プライスで提供
対象 「知識ゼロという初心者でも大丈夫」「全国どちらでも受講可能」
目指せる資格 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)「児童英語インストラクター資格」
【小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース】認定資格を取得して「子供に英語を教える夢」に近づく!☆修了後も充実のサポートあり
費用 【入学金】0円
【受講料】81,900円(総額制・税込)
【その他】※クレジットカード・分割も可(手数料別途)
標準期間 約6ヶ月
送付物 コースガイド/CD&DVD内容ガイド/テキスト7冊/資格取得&教室開設ガイド/サンプル教材生徒用/サンプル教材教師用/絵本/絵カード/DVD3枚/CD4枚/CD・DVDケース/月刊『子ども英語ジャーナル』6冊(毎月1冊送付)/テスト6回/レッスンプラン提出2回 ほか
対象 ・子どもに英語を教えたい方
・「小学校英語指導者」の資格を取得したい方
・児童英語教師としてステップアップしたい方
・結婚・出産後も続けられる仕事がしたい方
☆目安として、TOEIC600点以上、英検2級程度
目指せる資格 ・小学校英語準認定指導者資格
・小学校英語指導者資格(※幼児および小学生対象に50時間以上の指導経験がある場合)