不況時代に重宝する翻訳の資格

翻訳

翻訳を通信講座で学べば、翻訳を仕事にしたい、趣味で翻訳をしたいと思ってもいつでもスタートできるのがいいですね。
学校に通う場合には、どうしても入学の時期などもありますから、やりたいと思ったときに誰でもやれるというものではないのですが、通信講座なら翻訳を学びたいと思ったときにすぐにでも始められるのがいいでしょう。

通学と違っていつでもスタートさせられますし、仕事をしている人でも、仕事から帰ってからの時間を利用したり、休日を利用して学ぶこともできます。
また子育てをしていてひと段落ついたら、翻訳を仕事にしたいと思っている人も、子育てと両立しながら学習をしておけば、ひと段落ついたときに、すぐに翻訳の技術を身につけられていますから、再就職先を探す際に有利になります。

また通信講座なら、自分のペースでできるので、繰り返し分からないところは分かるまで学習することができますし、先生は近くにいませんが、最近の通信講座ならサポート体制もしっかりと整っているので何の不自由もなしに、学習することができるのです。

翻訳は不況に関係ない仕事ですし、一度身に着けておけば、とても役に立つスキルなので、キャリアアップにもつなげられます。

実は知らない… 翻訳通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

翻訳の通信講座を受けるメリットは、通信講座で翻訳のスキルを身につければ其れは一生ものです。
これから先翻訳の仕事をしたいと思っている人にとっては、就職や転職に役に立ちますし、また現在の仕事でグローバルな活躍をしたいと思っている人にとっても翻訳ができればあなたの仕事の幅が広がり、其れはキャリアアップにもつながるのです。

翻訳の通信講座なら、学校にいくことを考えると拘束されることもないので、仕事が忙しくても学校の場合には通うことが困難になるかもしれませんが、それがないのが特徴です。
仕事が忙しくても自分のペースで自分で学習を進められるので、仕事との両立も苦になりません。

また子供さんが小さくて、翻訳のスキルを身につけたいけど学校には通えない人にとっても通信講座なら自宅で学ぶことができるので大きくメリットになります。
翻訳を学ぶときに学校に通うよりも、学費の面でも通信講座のほうが安くなるのもメリットとしてあげられるでしょう。

翻訳家として活躍をすることも十分に可能ですし、企業などで翻訳の仕事に就いたり、独立したりと様々な働き方があるのも特徴です。
将来的に安泰であるというメリットもあるのではないでしょうか。

知って得する! 翻訳通信講座のデメリット

デメリット

翻訳の通信講座のデメリットは、コツコツ地道に何事においても進められない人にとっては、学習が進まないというデメリットがあります。
どうしても独学と違って計画が立てられていてカリキュラムもあり、教材も一式揃っているとはいっても、結局は独学と同じで、自分で計画を立てて進めなければ学習が進まないのです。

教材があるのにやる気がなければ、通信講座をいくら受けていても翻訳のスキルも知識も身につきません。
地道にコツコツ続けられないひとにとっては、デメリットというよりも、通信講座というスタイルそのものがむいてないといえるでしょう。

そのために学校に通っていれば翻訳の知識やスキルを身につけられたかもしれないのに、通信講座で学習しているために途中で挫折したり投げ出してしまったりする可能性が高まるデメリットも在ります。

学費は学校に通うより安いメリットはあるのですが、期限が限られているので、その期限内でできなければ、追加料金を支払ったり延長料金が必要になるので注意しましょう。
常にモチベーションを高く維持することができないこと、そして1人で学習していかなくてはいけない点にデメリットを感じることも多く、それが挫折のきかっけになるのです。

翻訳の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
海外の小説や映画はもちろん、海外企業との取引の際に使用される契約書や技術文書まで、外国語から日本語に訳されているモノは数多くあり、その数だけ翻訳家の活躍の場は用意されています。
出版翻訳の場合、翻訳会社に勤めて経験を積みしっかりとした人脈を築くことができれば、フリーとしても十分活躍できます。

実務翻訳の場合は、翻訳会社に登録してそこから仕事を受注するのが一般的です。

≪こんな人が向いています≫
翻訳の仕事は女性にとても人気のある仕事で、第一線で働いている人の半数は女性です。

これからの翻訳業界には、翻訳の質はもちろんのこと、誰が何のために必要としているのかをきちんと把握でき、あらゆる状況に柔軟に対応できる総合力を持った人が求められています。
携わる翻訳の分野で、必要とされるスキルは異なりますが、原文を理解するための読解力と、それを読み手に伝える豊かな日本語の表現力は、共通して求められます。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【ニュースで学ぶ翻訳英語】英字新聞から翻訳のコツを習得!
費用 【入学金】0円
【受講料】21,000円(総額制・税込)
標準期間 約6ヶ月
送付物 課題、テキスト、解答用紙、参考訳、質問表
対象 中・上級者 (目安はTOEIC 700点以上)
・翻訳者を目指す方
・仕事で時事英語を使いたい方
目指せる資格
≪DHCの日英翻訳講座≫特許明細書の翻訳を基礎からマスター! 【日英 特許翻訳入門コース】
費用 【入学金】0円
【受講料】68,040円(総額制・税込)
【その他】※別途テキスト代は不要です。
※カード払いのみ分割可
※受講期間は3カ月間まで無料で延長可
標準期間 約6ヶ月
送付物 コースガイド…1冊/テキストブック…6冊/資料集…1冊/質問受付…6回(Eメール) など
【添削指導】…全6回
対象 ★中級者向け(TOEICスコア目安 500点~700点)

●特許翻訳家をめざす方
●特許事務所にお勤めの方
●企業で特許関連のお仕事に従事されている方

目指せる資格
課題提出はメールで簡単!卒業後はワイズ・インフィニティ翻訳者として登録も! 【韓日字幕翻訳講座】
費用 【入学金】21,000円
【受講料】128,000円(総額制・税込)
【その他】※ 入学金は、初めて弊社の講座を受講する際のみ発生いたします。
※ 海外在住の方は、郵送料その他連絡費として、授業料を一律1万円、上乗せさせていただきます。海外在住の方からの授業料お支払いも、弊社銀行口座への振込みに限らせていただきます。 海外からの送金手数料は各自全額ご負担頂きますのでご了承下さい。教材費含む
標準期間 約4ヶ月
送付物 SSTビューワーソフトインストールのCD-R、教材DVD
対象 韓日字幕翻訳のプロを目指す方におすすめです。
目指せる資格