不況時代に重宝する日本語教師の資格

日本語教師

日本語教師の通信講座は、日本語教師になるための知識やスキルを身につけられる通信講座です。
日本語教師養成講座として通信講座で日本語教師の知識を身につけることができるのですが通学と違って、時間の拘束もありませんし、自宅で自分の都合のいい次官を使った学ぶことができるのでとても便利です。

日本語教師に成りたいと思っている人はとても多く、とてもやりがいがある仕事であることは間違いありません。
いまは別の仕事をしている人でも、これから日本語教師を目指そうと思っている人が多い中で、通信講座なら仕事との両立をしながら学習できるのが便利です。

そして子育てがひと段落ついたら日本語教師として活躍したいと思っている人にとっても、今学習できる時間はあるけど、子供が小さくて学校に通えない状況下にある人もいるでしょう。

そうした人にとっても、通信講座なら、自宅でお子さんの側で学ぶことができるので学習しやすいのです。

日本語教師の通信講座は様々な会社が通信講座を出しているので、それぞれの特徴をよく知って、アフターケアとして求人情報なども斡旋してくれるところもありますので、そういった面でもチェックしておくといいかもしれませんね。

実は知らない… 日本語教師通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

日本語教師の通信教育を受けるメリットですが、まず通学に比べると時間の拘束がないことが第一にあげられます。
学校に通う場合には学校の都合やスケジュールに合わせなければいけませんでしたが、自宅で通信講座を受ける場合には、自分の都合のいい時間に空き時間を利用してでも進めることができるメリットがあるのです。

ですから現在仕事についている人でも、仕事と学習の両立も可能ですし、子育てをしている主婦にとっても、子育てや家事との両立が可能なのです。
時間の拘束がないことだけでなく自分のペースで学習が進められて、繰り返し苦手なところは重点を置いて学習できるなど、自分に合わせて学習ができることもメリットと言えるでしょう。

そして学校に通うよりも、学費が格段に安く、その点でもメリットです。
場所を選ばずどこにいても受講をすることができるので、万が一学習の途中で引越しをしなければいけなくなっても通信講座なら安心です。

日本語教師の通信教育の中には日本語教育能力検定試験にも対応している通信教育もあるので、資格取得を目指すこともできるメリットもあります。
将来転職や就職で日本語教師として活躍したい人は、今は無理でも準備をいまから進められるメリットがあるのです。

知って得する! 日本語教師通信教育のデメリット

デメリット

日本語教師の通信講座を受けるデメリットですが、教材が送られてきても、自分でやろうという気持ちが続かないと通信教育は長続きしないデメリットがあります。
どんどん、送られてくる教材ばかりが貯まってしまって、普段の生活が忙しく、通信教育をしている時間が確保できないケースでは、学習を自分で進めることができないこともあるのです。

学校に通っていれば最後まで資格取得できたかもしれないのに、通信講座を選んでしまったことによって日本語教師になることができないかもしれないデメリットも発生してくるでしょう。

自分でコツコツと地道に学習をすることが苦にならずに計画通りに進められるタイプの人だったらいいのですが、それができないひとにとっては、通信教育で日本語教師を目指すのは大変です。

仕事と両立できるとはいえ、子育ての合間に学習できるとはいっても、学習に違いはないので、合間といってもきちんと学習時間を確保できなければ、日本語教師に通信教育だけでなるのは無理でしょう。

地道に毎日計画に沿って学習できる人でなければ、通信教育という学習スタイルはとても大変であり、挫折してしまう可能性はとても高まります。
自分に合っている学習方法なのか考えた上で受けるようにしましょう。

日本語教師の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
国内では民間の日本語学校の非常勤講師として働くのが一般的ですが、あまり就職状況はよくありません。

一方海外では、日本語学習者が年々増えてきており日本語教師のニーズが高まってきています。
日本からの技術移転先である東南アジアやアフリカ、留学生の多いオーストラリアや中国などがねらい目です。

日本の公的機関・民間教育機関を通じて現地の高校や語学学校などへ派遣されるルートがあるほか、民間の日本語学校などに就職する道もあります。

≪こんな人が向いています≫
教えることが好きな人や外国の言葉や文化に興味がある人には最適の仕事。
文化の違う外国人が相手だけに、オープンな性格で、順応性や包容力、忍耐力がある人に向いています。

外国人との接し方や習慣等を知っている、海外生活の経験がある人が目指すケースが多いようです。
もちろん、海外生活の経験がない人でも大丈夫ですが、外国人の生活習慣などへの理解は必要となります。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

■■合格できなければ全額返金■■日本語教育能力検定試験合格指導講座〈2〉★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!★★
費用 【入学金】0円
【受講料】59,000円(税込)(総額制)
【その他】※分割払いあり
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト6冊、DVD6巻(講義・実技)、CD1枚、添削問題1冊、練習問題1冊 ※講座申込者に限り、DVDプレイヤーを特別価格で提供
対象 「知識ゼロという初心者でも大丈夫」「全国どちらでも受講可能」
目指せる資格 日本語教育能力検定試験
修了生の2人に1人が合格!初心者から学べる!【NAFL日本語教師養成プログラム】
費用 【入学金】0円
【受講料】98,700円(総額制・税込)
【その他】※クレジットカード・分割も可(手数料別途)
標準期間 約12ヶ月
送付物 コースガイド/テキスト24冊/別巻問題集1冊(CD付き)/CD7枚/DVD1枚/NAFL模擬テスト1回分(自己採点式、CD・解答と解説付き)/『日本語教育ジャーナル』受講期間中送付(季刊誌)/『日本語教育能力検定試験 重要キーワード集300』 1冊/実力診断テスト24回/記述式問題の添削指導2回/修了証(修了時)※1年間の期間延長(有料)も可
対象 未経験者歓迎!日本語で日本語を教える「直接法」なので外国語に自信がない方でも安心です。
■国内外で日本語教師として働きたい方
■「日本語教育能力検定試験」の合格を目指す方
目指せる資格 日本語教育能力検定試験