不況時代に重宝するハーブの資格

ハーブ

ハーブの通信講座はハーブに関する様々な知識を身につけられる通信講座です。
ハーブについての知識を通信講座で学ぶことによって健康業界でも美容業界や癒し、フード業界など様々な場所での活躍が期待できるのです。

メディカルハーブセラピストの資格を取得することができる通信講座もありますので、資格取得が目指せるのもいいでしょう。

症状によって使い分けたりブレンドの方法や栽培方法、ハーブティー、そしてハーブの料理なども作ることができる幅広いことを学ぶことができますし、スキルも習得できるのです。

ハーブに関するインストラクターを目指すことができるのも通信講座ならではです。
ハーブを使って石鹸を作れる通信講座などもあるので、自分の好きなハーブで美容石鹸作りを楽しめるのも特徴です。

教材として、フランス認証高級オーガニックハーブ、ハーブの種が付属されていることもあります。
初心者でも安心して学べるようにベテランの講師と、そしてハーブのプロが直接通信講座で指導してくれるので安心です。
魅力ある資格なので、ハーブの通信講座を受ける人は多いのが特徴です。

様々な仕事にも活かせますし、また自分の趣味にも役立てられるのも魅力なのです。

実は知らない… ハーブ通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

ハーブの通信講座を受けるメリットはもともとハーブについて知りたいと思っていた人にとっては、自宅でハーブの知識を見につけることができるメリットがあります。

ハーブについてこれまで知りたかったことなどがテキストや教材には沢山掲載されてイマスし、通信講座によってはオーガニックハーブなどの副教材などもありますので充実した内容です。

料理、ハーブティーなどの知識も勿論ですが、体調や体の症状に合わせて処方するハーブについてのアドバイスの仕方なども学ぶことができるのです。

通信講座なので自分の空いた時間を利用して学習することができますし、自宅で学べるので子供さんがいらっしゃって学校にいくことができないひとにとっても便利な学習方法です。
通信講座なので仕事をしている人でも仕事と両立させながらバランスよく仕事をすることができるのもメリットです。
いまは仕事に直接活かせないかもしれませんが将来的に様々なジャンルへの転職でもメリットとして高くなります。

学校に通うよりも、時間も拘束されませんし、学費の面でも安く済むのもメリットです。
子供さんが小さく、今すぐには働きにいけない人にとっても通信講座でハーブを学ぶことはメリットとして高いでしょう。

知って得する! ハーブ通信講座のデメリット

デメリット

通信講座でハーブについて学ぶデメリットは、通信講座なので、教材が送られてきたらあとは自分で学習を進めなければいけないデメリットがあります。
通信講座なら空いた時間にやるだけで知識もスキルも身につけられるのがメリットとして高いですが、それは通信講座のデメリットにもつながるのです。

なぜならデメリットになる理由は、自分で進めなければ学習が進められないからです。
自分でやれる人ならいいのですが、自分で進めることが難しい人の場合には3日坊主になってしまったり、継続できないデメリットもあります。

コツコツ努力をしながら学習ができるタイプの人にとっては続けることができますが、そうでない人にとっては、ハーブについて通信講座でまなんでも、途中で挫折してしまう可能性が高いでしょう。

ハーブの知識を身につけたところで直接就職や転職に役立つということも分からない点もデメリットと言えるでしょう。
いままで何かを長続きさせることができた人はいいのですが、三日坊主で終わってしまった人、長続きさせられない性格の人はなかなか難しいかもしれません。

学校に通えばそれだけで知識を身につけることができるかもしれませんが、通信講座では全て自分で進めなければいけないことが大変です。

ハーブの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
アロマやハーブを取り扱う店舗やサロン、ハーブティーショップなどに勤めるのがスペシャリストへの第一歩。
さらに、フリーとなって、ハーブコーディネーターやハーブアドバイザーとして、レストランやカフェなどで活躍するケースもあります。

また独立してハーブショップやカフェ、アロマテラピーサロンを開業する人、自宅やセミナー会場などで、ハーブを生活に取り入れる方法やハーブティー教室などを開催している人もおります。

≪必要な知識とスキル≫
ハーブの種類は豊富。それぞれの特徴や効能、栽培方法、用途など基本的な知識は身につけたいものです。
またそれぞれの用途によって、プラスアルファの知識が必要になります。

料理ならば、素材との相性や向き不向き、ハーブティーならばお茶の入れ方、クラフトならばポプリやサシェの作り方など。
いずれにせよ、生活にすぐにでも取り入れられるハーブ。

まずは、身近なところからトライしてみてはいかがでしょうか?

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

ハーブの栽培から、ハーブティーの入れ方やハーブ料理、美容や健康に役立つ活用法まで学べ、資格が取れる!
ハーブコーディネーター養成講座
費用 【入学金】0円
【受講料】43,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払あり(3,980円×12回)
標準期間 約7ヶ月
送付物 テキスト2冊、ガイドブック、ハーブシーズ(種子)10種、ドライハーブ10種、質問用紙、提出課題、他。
対象 ★初心者歓迎
・ハーブを暮らしに取り入れたい方
・カルチャースクールの講師等を目指す方
目指せる資格 日本園芸協会認定「ハーブコーディネーター」資格
【今だけ!1万円割引実施中】健康・美容・癒し・フードの業界で活躍できる魅力抜群の資格!
メディカルハーブセラピスト 資格取得講座
費用 【入学金】0円
【受講料】46,000円(税込)(総額制)
【その他】※キャンペーン期間限定価格。通常価格56,000円
※分割払いあり 2,700円X24回(※各種クレジットカードによる支払可)
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト3冊、レシピ1冊、DVD7巻(講義・実技)、添削問題1冊、フランス認証高級オーガニックドライハーブ10種、ハーブ種子10種類、ティーポット、ハーブ石鹸クラフトキット
※講座を申し込んだ方に限り、DVDプレイヤーを特別プライスで提供
対象 「ハーブの薬効や癒し効果など興味がある方」
「様々なハーブティーについて学びたい方」
「ハーブの栽培方法や料理などを学びたい方」
目指せる資格 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定
「メディカルハーブセラピスト資格」