不況時代に重宝するマイクロソフトオフィススペシャリストの資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストの通信講座は今人気の講座の一つです。
そもそもマイクロソフトオフィススペシャリストの資格は、MOSとよばれていますが、これはマイクロソフトが認定している資格です。

マイクロソフトのソフトを自由自在に使える知識と技術を持っているのかどうかを認定するための資格です。
就職や転職では今、パソコンのスキルを持っていることは必須とされていますが、なかなかパソコンのスキルを証明することができません。
ですが、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を持っていれば、公式に認定されていることになりますので、スキルを思う存分アピールすることにもつながるのです。

資格試験に合格するためには勉強が必要ですが、通信講座で勉強をすることも可能です。
独学で勉強するには少し限度がありますので、カリキュラムや過去問題の対策もしてくれている通信講座を受けてマイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得することをオススメします。

通信講座なら、仕事との両立もしやすく、仕事が終わってから帰宅してからの時間を利用して勉強することも、休日に勉強することもできるのであなたのペースで資格取得が可能です。
学校に通うより時間の拘束もなくスムーズに資格取得へと導いてくれるのです。

実は知らない… マイクロソフトオフィススペシャリスト通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

マイクロソフトオフィススペシャリストの通信講座を受けるメリットですが、通信講座なら仕事をしながらでも自分のペースで空いた時間を利用して勉強をすることができるというメリットがあります。
マイクロソフト社が公認している資格ですから、取得しておけば将来再就職や転職を検討している人にとって、パソコンのスキルをアピールできる絶好の証明になりますので持っていることは、それだけでメリットとなるでしょう。

通信講座なら、先ほど紹介したように空いた時間を使ってスキルアップができますので、現在まだ仕事をされている人でも、仕事との両立がそれほど苦になりません。
これからもまだまだビジネスシーンでのパソコンの普及は今以上に考えられますので、パソコンのスキルを身に付けておくことや、スキルアップを目指すことはとてもキャリアアップにつながります。

マイクソフトオフィススペシャリストの資格は、就職をする時に、必ず大きく武器となってあなたを助けてくれると思いますので、今必要がなくても、通信講座を上手に利用して資格試験の合格を目指したいですね。

あなたのペースで都合のいい時間に手軽にはじめられる通信講座はそれだけでメリットです。
今パソコンのスキルアップを目指して頑張っている人はとても増えてます。

知って得する! マイクロソフトオフィススペシャリスト通信講座のデメリット

デメリット

マイクロソフトオフィススペシャリストの通信講座を受けるデメリットですが、マイクロソフトオフィススペシャリストは、パソコン系の資格の中でも難易度が高い資格です。
パソコン初心者や、パソコンにあまりなれていない人が、通信講座を受けると、自分のペースで進められるとはいえ、難しく思えるかもしれません。

そして人によっては自分でコツコツを勉強をするのが苦手な人もいて、自分で計画を立てて進めることができず途中で挫折してしまう人も多いのです。
マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得するためには、かなりパソコン操作に熟知していなければいけませんので、そのことを考えた上で通信教育を受けて長く勉強を続けて行くようにしましょう。

マイクロソフトオフィススペシャリストの通信講座を長続きさせるためには、カリキュラムを守ってしっかりと続けていかなければいけません。
強い意志をもってはじめないとなかなか資格取得コースを最後までやり遂げることができないでしょう。

資格を持つことのデメリットはありません。
むしろ持っていた方が転職にも就職にも役に立ちますから、もっていた方がいいですが、通信講座で勉強をしようと思っているのなら、かなり努力が必要です。

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
マイクロソフト製品は、世界標準のソフトとして官公庁や企業、教育機関などさまざまなところで利用されています。
簡単な文書はワード、一覧表や名簿はエクセル、プレゼン資料はパワーポイントといった具合にそれらを使いこなせることは、社会人としては当たり前のような世の中になってきています。

オフィスに関する基本的なスキルを持っていることを証明してくれるMOSは、就職や転職には間違いなく強みになるでしょう。

≪こんな人が向いています≫
ビギナーからプロフェッショナルまで、自分のパソコンスキルを客観的に把握したい人に向いている資格です。
WordやExcelは、職種・業種を問わず今やビジネスパーソンの必須スキル。

マイクロソフトオフィススペシャリストはWindows製品を販売するマイクロソフト社が認定する権威ある資格なので、仕事でパソコンを使う人はスキルアップのためにも挑戦してみる事をおすすめします。

≪気になる将来は?≫
この資格は、世界200カ国で通用する認定資格です。
現在、世界標準として不動の地位を築きあげているマイクロソフト社製品が、その地位を退くことはとうてい考えにくく、それを使えないということはかなりいろいろなシーンで、不利な状況になることも。

近年、受験者数も急上昇しており、注目度の高い資格です。
仕事の効率化を図りたいという方、また就転職や将来のためになにか資格を、と考えている方にも、おすすめの資格です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【資格の学校TAC】マイクロソフトオフィススペシャリスト Office 2007 「Word、Excel2科目パック」
費用 【入学金】0円
【受講料】49,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込み
標準期間 約4ヶ月
対象 Excelの資格取得を考えている方
目指せる資格 マイクロソフトオフィススペシャリスト Word・Excel