不況時代に重宝するベビーマッサージの資格

ベビーマッサージ

ベビーマッサージの通信講座なら自宅で学ぶことが出来ますので、忙しい人でも資格取得をすることができるのです。

ベビーマッサージは、赤ちゃんにマッサージをすることですが、通学をすることができなくてもベビーマッサージを学びたいと思う気持ちがあれば、自宅で通信講座を使って学習することができます。

通信講座は不安かもしれないですが最近通信講座でもサポート体制が整っているところが豊富なので、DVDなどの教材を見ながら日々学び、そしてわからないことがあれば質問できる環境も整っているのです。
ベビーマッサージの通信講座では知識と実技の両面から自宅で学習することができますから、仕事を今しているので学校に通うことができない人でも、また赤ちゃんが実際にいてベビーマッサージをしてあげたいけど、学校に通えない人にとってもとても学習しやすい環境です。

ベビーマッサージの資格もありますが、通信講座によっては、自宅で学習して、認定資格試験は会場にいかずに自宅で受験することができることもあります。
メディアやビデオに録画してそれを送れば合格することもあるので、ベビーマッサージの資格を取得して、そしてベビーマッサージインストラクターとして活躍することも可能です。

実は知らない… ベビーマッサージ通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

ベビーマッサージの通信講座のメリットは、赤ちゃんが今実際にいて、赤ちゃんにベビーマッサージをしてあげたいと思っていても、なかなか学校に通うことができない人でも、自宅でベビーマッサージを学ぶことができる点にあります。

自宅で学ぶことができますから、赤ちゃんが側にいても学習することができます。
ベビーマッサージに興味があって、今別の仕事をしているけど、将来的にベビーマッサージに携わる仕事をしたいと思っている人にとっても、ベビーマッサージの通信講座を受けて技術や知識を身につけておくことはとてもメリットとして高いことです。

学校に通う場合には時間も拘束されますし、また学費も意外と高くつきます。

しかしベビーマッサージの通信講座なら自宅で自分の都合のいい時間を利用して学ぶことができますし、学費は学校に比べると安いのが特徴です。
今は使わない資格であっても資格を取得しておけば将来的に、ベビーマッサージをして上げられたり、インストラクターとして教えてあげることもできるのです。

ベビーマッサージの技術をみにつけておけば、様々なシーンで活躍できますし、自分の赤ちゃんにベビーマッサージをしてあげられるメリットもあるでしょう。

知って得する! ベビーマッサージ通信講座のデメリット

デメリット

ベビーマッサージの通信講座のデメリットは、通信講座なので自分でやる気を起こさない限りは学習がなかなか進まないことにあります。

教材も計画も立ててあって、後はやるだけなので、とても簡単で自宅で手軽にベビーマッサージが学べると思っている人は大間違いです。
実際には教材も計画もあるけど、それを進めることが一番難しくあるのです。

何をやってもこれまで長続きしたことがない人や、3日坊主で飽き性の人にとっては、ベビーマッサージの通信講座を受けるのは少し大変かもしれません。
長続きせずに途中で挫折してしまう可能性が大変高いのです。

また学校なら先生の教えてくれることをその場でみて、見たままをまねして技術を習得して間違っていればその場で、先生に指導をしてもらえますが、自宅で1人で学習していると間違っていても指導してもらえないデメリットがあります。

わからないことがあっても質問をすることができなかったり、サポート体制が整っていることで質問することはできても、すぐに答えを回答してもらえずタイムラグが発生することもデメリットです。

空いた時間になるのではなくて自分で空き時間を確保して続けるくらいの気持ちで行わなければ決して続けることができません。

ベビーマッサージの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
その生みの親はイギリス人のピーター・ウォーカーと言われ、この師に学んだ講師陣が世界中で活躍しています。
その他、インファントマッサージ、タッチセラピーなど起源が異なるベビーマッサージも日本で普及しはじめています。

最近では、我が子へのマッサージを目的にその技術を取得した人が、さらにその道を究めて講師となり、自宅や公民館、産婦人科の母親学級などで教室を開講するケースが増えてきています。

≪必要な知識とスキル≫
ベビーマッサージの効果や効能はもちろん、それらが得られるしくみについて理解しておかなければなりません。
子どもの身体のしくみ、心身の成長や発達についての知識は必須です。

マッサージの際にオイルを使う施術については、オイルの基礎知識も必要です。
実技においては、子どもの成長段階や体調に応じたマッサージ方法を習得しておきましょう。

これらの知識とスキルは、通学講座の他、通信講座でも学ぶことができます。