不況時代に重宝する心理カウンセラーの資格

心理カウンセラー

心理カウンセラーの通信講座では心理カウンセラーの知識や技術を身につけることがで来ます。

通信講座ですから時間がない人や学校に通うことができない人でも学習することができます。

心理カウンセラーの仕事は、問題を抱えたり悩みを持っている人の相談にのって力になることが仕事です。

今の日本はストレス社会ですから、常に悩みを抱えている人は多く、様々な悩みを抱えて過ごしている人ばかりです。

自分の力で解決できればいいですが、その解決ができないので心理カウンセラーの出番なのです。

心理カウンセラーはストレスを抱えている人、精神的な悩みを抱えている人の悩みを聞いて心を癒す仕事です。

心理カウンセラーといえども種類は色々とあります。

通信講座で学べる心理カウンセラーも種類によって違いますが、身につけた知識などは、病院やクリニック、教育機関などでも活かせますし、最近は企業のカウンセリングルームなどでも活躍することができるのが特徴です。

将来的にカウンセリングの仕事をして、人の力になりたいと思っている人にぴったりな通信講座であり活躍の場所は色々とあるので人気がある資格と言えるでしょう。

学校へ通うよりも短期間で安く心理カウンセラーの知識を学べるのです。

実は知らない… 心理カウンセラー通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

心理カウンセラーの通信教育を受けるメリットですが、通信講座なので、勉強をしたいけどまとめた時間がとれない人や、自分のペースで学習していきたいと思っている人、学校へ通う時間がない人にとっては、自分の都合のいい時間を利用して自宅で学習することができる点はとてもメリットとしては高いでしょう。

また子供が小さいとか、介護をしている家庭から出られない人にとっても、自宅で空いた時間を使って心理カウンセラーの学習をすることができることはとてもメリットと言えるでしょう。

本当は心理カウンセラーになりたいけど、あきらめていた人、時間がない人、急がしいけど自分のペースで学習していきたい人にとっては、自宅学習ができるということはとてもメリットとして大きいのです。

また学校へ通うよりも学費の面でもやすくつくこともメリットとして上げられます。

ストレス社会、悩みを抱えている人が多いとされている時代ですから、心理カウンセラーの知識を通信講座で身につけることは、その後様々な就職や転職の際にも役立てることができます。

そしてそれだけでなく、自分自身のメンタル面のコントロールなども役立てることができるのです。

通信講座で学んだ知識はムダには決してならないでしょう。

知って得する! 心理カウンセラー通信教育のデメリット

デメリット

心理カウンセラーの通信教育を受けるデメリットですが、自宅で自分のペースで学習ができることは、つまりメリットでもありますが、実はデメリットにもなりえるのです。

なぜなら人によっては、この通信講座という学習方法が向かない人もいるのです。

通信教育では講師も一緒に勉強をしている受講者も周りにはいません。

1人でモチベーションを常に維持しながら学習するのはとても難しいことで、途中で投げ出してしまう人も少なくありません。

学校へ通っていたら学ぶことを最後まで続けられた人でも、もしかすると通信講座で心理カウンセラーの道を選んでしまったがために途中で挫折してしまうこともあるのです。

資格取得までいたらずに途中で投げ出す、挫折する可能性が高いのが通信講座のデメリットです。

いくら教材が送られてきて計画も立てられていたとしても最終的には自分のやる気しだいなのです。

やる気を維持し続けなければいけませんからそれが通信講座で学ぶことのデメリット、難しく感じる点です。

今まで3日坊主で長続きさせることが難しかったひとや、こつこつと計画を進めることが苦手な人にとっては、この心理カウンセラーの資格を通信教育で学ぶことは難しいでしょう。

心理カウンセラーの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
心理カウンセラーの活躍の場は、多岐に渡ります。
取得している資格によっても勤める場所は変わってきます。

医療現場や福祉施設、保健所や児童相談所などの公共施設、教育現場などで多くのカウンセラーが活躍しています。
近年、増加傾向にあるのが企業内カウンセラーです。

ストレスによる体の不調、ひきこもり、うつなどの心のトラブルが問題視される昨今、社会的な関心も高く、心理カウンセラーへの期待は高まるばかりです。

≪こんな人が向いています≫
心理カウンセリングには、多くの理論や手法があり、それらを習得することが専決です。
催眠療法や精神分析、心理学などの専門知識やカウンセリング技法など、学ばなければならないことがたくさんあります。

自分自身の進むべき道を見極め、それにふさわしい講座受講、資格取得をおすすめします。

素質として、対象者を客観的に分析する力、そして自分自身の感情をコントロールできる人にふさわしい職業と言えるでしょう。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

大学の授業を通信教育で!こどもの心理や教育を学びたい方に!【科目等履修生(心理学)】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】7,000円(税込)入学金は初回登録時、以降継続料として5,000円
【その他】授業料:7,000円/単位
教材費:2,000~3,000円/科目 ほか
4科目履修の概算:100,000円程度
標準期間 約6ヶ月
送付物 CoLSガイドブック、学事予定表、指定教科書 他
対象 初心者歓迎。仕事や家事と両立して学びたい方に。
18~60歳まで幅広い年齢層の学生が在籍しています。
※高等学校卒業の方、卒業見込みの方、もしくは同等の学力があると認められる方が対象となります。
目指せる資格
卒業時には学士(大学卒業資格)も取得!幅広い心理の諸領域から、自分の興味に沿って科目を選択!産業カウンセラーの資格にも対応! 【心理学専攻 (1年次入学)】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】130,000円(総額制・税込)
【その他】補助教材費10,000円
 ※受講料、教材費は年額となります。ただし、スクーリング受講料は別途納入。

☆本学独自の奨学金制度もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

標準期間 約48ヶ月
送付物 初年度学習科目のテキスト13冊/通信教育部ガイド
対象 高等学校卒業の者、もしくは卒業見込みの者
※詳細については資料をご請求下さい。
幅広い心理の諸領域から、自分の問題意識や興味、目的に沿って、科目を選択して学ぶことができます!
目指せる資格 ■認定心理士
■産業カウンセラー(受験資格)
■アメニティコーディネーター(受験資格)
■児童福祉司(任用資格・要実務経験1年以上)
■児童指導員(任用資格)
■学士
「産業カウンセラー」の受験資格をめざしながら大学卒業資格を取得!仕事や家庭、社会で役立つ実践的な心理学を学ぶ【健康科学部心理学科正科生1年次入学】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】280,000円(総額制・税込)
【その他】*授業料は、1年間(前期、後期)の料金です。前期・後期で分納
*教材費等を含みません
標準期間 約48ヶ月
送付物 入学手続き案内、通信教育ガイドなど。
教科書はホームページから注文可能(別途料金・送料無料)。
大学案内や募集要項は無料で送付いたします。
対象 高等学校卒業またはそれと同等の学力を有する方
※詳細は直接お問い合わせください!
目指せる資格 ・学士(心理学)取得
・産業カウンセラー(受験資格)、認定心理士をめざせます