不況時代に重宝するメンタルヘルスの資格

メンタルヘルス

メンタルヘルスの通信講座は、メンタルヘルスについての知識を学ぶことができる講座です。

通信講座の種類によっては、メンタルヘルスマネジメント検定を取得するための通信講座などもあります。

メンタルヘルスは現代ストレス社会と言われていますので、精神的な面での強化に役立つとされています。

メンタル面の管理はとても難しくメンタルヘルス失調を起こすことが多い現代、メンタルヘルスについて学ぶことはとても自分にとっても役に立つことです。

メンタルヘルス通信講座を受けたことで相手のタイプによって、自分の出方を変えられるようになり、人間関係を築きやすくなったという人も多いのです。

メンタルヘルスマネジメント検定を受検して合格をしたことで自分の精神面の弱さを改善できるようになった人もいます。

働く人の心の健康を守るのが、メンタルヘルスの通信講座で学べることです。

正しくストレスへの対処法を学ぶことができますし、仕事や子育てとも両立させながら自分のペースで学べるのがメリットです。

通信講座なら、空き時間を利用して学習することができるので、効率よく学習を進めることができるでしょう。

仕事の面で自分のストレスやメンタル面を改善したい人にもぴったりです。

実は知らない… メンタルヘルス通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

メンタルヘルスの勉強をしたい人に通信講座はぴったりです。

メリットはやはり、自分のペースで学習を続けられることにありますし、仕事をいましている人でも家に帰ってからの時間を利用したり、子育てをしている人でも子育ての合間にメンタルヘルスの通信講座を受けることができることがメリットです。

ただ学習するだけでなく、メンタルヘルスマネジメント検定などの民間資格もありますので、学習をして合格をすれば資格が与えられるので、将来的には就職や転職にも役に立つのではないでしょうか。

メンタルヘルスは、現代人にとってはなくてはならないことですから、今はそれほど心配いらない人でも、いつ、どこでメンタルを崩すかわかりません。

メンタルヘルスについて身に付けておけば、自分のメンタル面の充実は勿論ですが、それだけでなく、他人のメンタルヘルスについてもしっかりと対処させることができるのです。

通信講座という特性上、自分でコツコツと空き時間に学習するだけで必要な知識が身につきますからとても便利です。

独学で行うよりも教材はとても充実しているので1人学習にぴったりであるメリットもあります。

仕事と子育てと両立させたい人は是非通信講座を選ぶといいでしょう。

知って得する! メンタルヘルス通信講座のデメリット

デメリット

メンタルヘルスの通信講座を受けるデメリットですが、メンタルヘルスについて学ぶこと自体にデメリットは決してありません。

しかし、メンタルヘルスを通信講座で学ぶことに対しては、人によってはデメリットが生じることもあるでしょう。

それは人それぞれ性格が違ってますので、性格によっては通信講座という学び方が自分に向いていない人もいるのです。

通信講座はコツコツと自分のペースで学習をしていくのがその特徴的なスタイルですが計画が決められていて、教材も用意されていても、自分のやる気がなければ学習は一向に進みません。

ですから、せっかく充実した教材を取り寄せ、通信講座でメンタルヘルスを学習しようと思っても最終的に継続して学習できるかどうかは自分次第なのです。

ですから人によっては地道に自分の時間を確保して学習をすることが難しい人もいるでしょう。

そういった人にとっては、メンタルヘルスを通信講座で受けるのはデメリットと言えるのではないでしょうか。

コツコツ自分でも空き時間を確保してしっかりと学習を進められる人ならいいのですが、コツコツと進められない3日坊主で何事も投げ出してしまう人にとっては、学校に行った方が学習が長続きできるメリットもあるのです。

メンタルヘルスの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
企業におけるメンタルヘルスの中心的な役割を担っているのは、企業内では人事労務担当者や衛生管理者、社員として雇用されている産業医であり、外部では産業カウンセラー、労働衛生コンサルタント、臨床心理士、精神保健福祉士などです。

したがって、企業に属してメンタルヘルスに関わりたい場合は一般企業の人事労務関連部門が主な活躍の場となり、外部の専門家として携わりたい場合は医療機関、健診機関、健康保険組合や産業保健センターなどの公的機関が主な活躍の場となります。

≪気になる将来は?≫
2006年4月より労働安全衛生法が改正され、労働者の精神面でのケアを行うことが企業に義務づけられるようになりました。

また同法では労働者の受けるストレスが拡大する現状を踏まえ、2008年4月からは規模に関わらずすべての企業でメンタルヘルスに対応することも求めています。
ただし、これは外部の専門家を活用することだけを前提にしているわけではありません。
労働者自身が行う「セルフケア」や管理者が部下に対して行う「ラインケア」なども欠かせないものと位置づけられており、組織で働く人にとってメンタルヘルス関連の知識や技術は今後ますます重要となってくるでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

ストレスチェックテストつき!ストレスに対するセルフケアを習得【メンタルヘルス・マネジメント検定III種】
費用 【入学金】0円
【受講料】12,075円(総額制・税込)
【その他】割引受講料:8,925円(税込)
※割引受講料は、過去3年以内に弊社通信教育を受講開始されたことのある方が対象となります。
標準期間 約2ヶ月
送付物 学習ガイド、公式テキスト(1冊)、ドリル式問題集150(1冊)、添削問題(1回)、ストレスチェックテスト、ストレスケアDVD、検定試験過去問題集(解答解説付き)(2回分)、質問票
対象 初心者歓迎!すべての社会人の方におすすめの、セルフ メンタルケアを学ぶコースです。
目指せる資格 メンタルヘルス・マネジメント検定III種
■■JADP認定資格講座■■ 上級心理カウンセラー養成講座〈71〉★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!★★
費用 【入学金】0円
【受講料】55,000円(税込)(総額制)
【その他】※分割払いあり 2,650円X24回(※各種クレジットカードによる支払可)
標準期間 約4ヶ月
送付物 学習ガイド、テキスト3冊、DVD5枚、添削問題、東京大学式エゴグラムTEGⅡ
※講座を申し込んだ方に限り、DVDプレイヤーを特別プライスで提供
対象 「JADP心理系 最高資格の取得を目指す方」
「上級カウンセラーになるためのスキルを身につけたい方」
「交流分析、フォーカシングなどの応用技術を身につけたい方」
目指せる資格 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定
「上級心理カウンセラー資格」
「産業カウンセラー」の受験資格をめざしながら大学卒業資格を取得!仕事や家庭、社会で役立つ実践的な心理学を学ぶ【健康科学部心理学科正科生1年次入学】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】280,000円(総額制・税込)
【その他】*授業料は、1年間(前期、後期)の料金です。前期・後期で分納
*教材費等を含みません
標準期間 約48ヶ月
送付物 入学手続き案内、通信教育ガイドなど。
教科書はホームページから注文可能(別途料金・送料無料)。
大学案内や募集要項は無料で送付いたします。
対象 高等学校卒業またはそれと同等の学力を有する方
※詳細は直接お問い合わせください!
目指せる資格 ・学士(心理学)取得
・産業カウンセラー(受験資格)、認定心理士をめざせます