不況時代に重宝するグラフィックデザイナーの資格

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーの勉強をしたいなら通信教育がオススメです。

グラフィックデザイナーとは、一言でいうと、色々な印刷物をデザインする人のことをいいます。
例えば商業用の広告、チラシ、ポスターや会社のサイト、イベントの招待状などあらゆるもののデザインをする人のことをグラフィックデザイナーといいます。

写真とイラスト、文字などを自由に組み合わせ、相手に何を伝えたいのか、伝えたいことを的確に伝えられるようにデザインしなければいけません。
仕事は複雑なデザインからシンプルでわかりやすいデザインまで様々ですが、複雑な場合には専門的な知識と技術が必要なので、グラフィックデザイナーに必要な勉強をしなければいけません。

勉強をするには学校に通う方法と通信教育を受ける方法がありますが、自宅で自分のペースで技術を身に付けるならグラフィックデザイナーの通信教育がおすすめです。
今様々な通信講座が用意されています。

グラフィックデザインにおいてポイントとなるのは、センスでしょう。
いかにして文章と写真やイラストの配置を考えて、センスよく、そして相手に伝えたいことを伝えたうえで表現することができるのかがポイントになります。
国家資格はありませんが、アドビ認定エキスパートの資格がグラフィックデザイナーの資格に当たります。

実は知らない… グラフィックデザイナー通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

グラフィックデザイナーの通信教育のメリットは自宅でグラフィックデザインの様々な知識や技術を自分のペースで身に付けることができる点にあります。

グラフィックデザイナーになるために大切なことはセンスですが、いかにしてセンスよく、デザインしていくのか、そのノウハウを、教材を使って自分のペースで自分の好きな時間に勉強できるのです。
仕事をしている人でも、将来グラフィックデザイナーになりたいという夢を持っているなら、仕事と両立しながら勉強できるのが、通信講座のメリットです。

グラフィックデザインの仕事はあらゆる印刷物全般をデザインしていく仕事なので、不況に影響することもありませんし、ものづくりが続く限りなくなるということはありませんから安定した仕事です。

しかも自分が時間をかけてデザインしたものが世の中に出回るという達成感、そして充実感を感じられるとてもやりがいのある仕事ですから、通信講座でしっかりとその知識や技術を身に付けて将来につなげるメリットはたくさんあるのです。

何をデザインしたいかによっても勉強することが違ってくるので自分に合う通信講座を選んで頑張って勉強していきましょう。
少しずつやりたい範囲を広げて勉強すると効率的です。

知って得する! グラフィックデザイナー通信講座のデメリット

デメリット

グラフィックデザイナーの通信講座を受けて勉強することのデメリットは、基礎から学ぶことができるのですが、まったくグラフィックデザインやデザイン関係の仕事をしてない人にとっては、特殊なソフトを扱うことがとても複雑に思えて1人で通信講座とはいえ進めていくのが困難だと思えるかもしれません。

情報は豊富ですし、通信講座の中身も充実していると思いますが、身近でパソコンのソフトを扱ったことがない人にとって、ソフトの扱いに慣れることからのスタートですから、最初はデザインを学ぶ、センスを磨くなどということよりも、ソフトの扱いに慣れなければいけないかもしれません。

そして通信講座は、独学とはちがいますが、基本的には、自分で勉強を進めていくことには違いがありませんから、いくらカリキュラムが決められていたとしても、自分で進めることができなくなり、途中で断念してしまう人もいるのです。

挫折率が高いのも、グラフィックデザイナーの通信講座を受けるデメリットです。
自分で何かコツコツと続けられる人にとっては、良い方法ですが、続けることが苦手な人や、3日坊主で終わってしまうような人にとっては、デメリットと言えるかもしれないので注意しましょう。

グラフィックデザイナーの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
グラフィックデザインは、ありとあらゆる印刷物に必要とされる技術であり、小さな物では名刺や葉書から、大きなものでは看板や壁面広告まで、非常に広い分野に活躍の場があります。
活動スタイルも幅広く、デザイン会社や印刷会社、広告代理店、もちろんフリーランスでの活躍も珍しくありません。

ACEを取得していることは、この仕事に必要不可欠なグラフィックソフトの扱いに習熟していることを意味しますから、仕事の上で大きなプラスとなるでしょう。

≪こんな人が向いています≫
グラフィックデザイナーは表現力や発想力、センスなどが最も必要とされるクリエイティブな仕事です。
コンピューターに関する知識やスキルはいうまでもなく、印刷や色彩の知識なども必要になります。

また、クライアントの要望を形にするためのコミュニケーション能力も求められます。
なにごとにも好奇心が旺盛で、ものを作るのが好きな人に向いています。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

基礎からしっかりソフト操作方法を学ぶ『グラフィックソフト講座』(Adobe CS6 Design Standard付属)
費用 【入学金】0円
【受講料】98,000円(総額制・税込)
【その他】教材費送料込
標準期間 約3ヶ月
送付物 パッケージソフト(Adobe CS6 Design Standard)
対象 ・グラフィックソフトの操作スキルを身につけたい方
目指せる資格
『グラフィックソフト講座』デザインの基礎を学べる入門コース!
費用 【入学金】0円
【受講料】102,000円(総額制・税込)
【その他】教材費送料込
標準期間 約3ヶ月
送付物 Adobe Creative Suite 6 Design Standard(Photoshop / Illustrator / InDesign / Acrobat X Pro / Bridge / Device Central)
対象 ・ハガキやチラシのデザインが出来るようになりたい
・イラスト作成や撮影した写真の加工を楽しみたい
・気軽にデザインを楽しみたい
目指せる資格
基礎からしっかりソフト操作方法を学ぶ『グラフィック&Webソフト講座』(Adobe CS6 Design & Web Premium付属)
費用 【入学金】0円
【受講料】198,000円(総額制・税込)
【その他】教材費送料込
標準期間 約6ヶ月
送付物 「Adobe CS6 Design & Web Premium」
対象 ・グラフィックソフトとWebデザインソフトの操作スキルを身につけたい方
目指せる資格