不況時代に重宝する心理学の資格

心理学

心理学の通信教育では、心理学カウンセラーになるための資格取得を目指した講座となります。

今心理学が注目されているのですが、心理カウンセラーになりたいと目指している人も増えつつあります。

心理学、カウンセリングのジャンルはとても広いですからカウンセラーの資格を目指している人はどんな心理学カウンセラーの資格を取得すればどんな職業に就くことができるのか、あらかじめ把握した上で通信教育を選びましょう。

心理学と一言でいっても、大きく分けると医療系や司法、産業に、教育、福祉、研究系など様々な場所で心理学のカウンセラーは活躍しています。

通信講座で資格を取得できるものが心理士という位置づけではなくて、単なる仕事のスキルアップになるだけの資格、心理学を学習したことを証明するだけになることもあります。

カウンセラーの資格の大半が実務経験などが必要になることもありますので、仕事として行うなら通信教育で学んだ後の道があるかどうかも確かめておいたほうがいいでしょう。

心理カウンセリングの通信講座では、図、イラストなどがテキストでとても分かりやすくなっていますので、全く知識がない人でも、学ぶことができるようになっているので、初心者でも自宅で十分学べます。

実は知らない… 心理学通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

心理学の通信教育は自宅で手軽に学ぶことができるメリットが在ります。

今心理学とは全く関係のない仕事をしているひとでも、将来的に、心理学に携わる仕事をしたいと思っている人が、仕事と両立させて通信講座で心理学を学ぶこともできるのです。

例えば産業カウンセラーを目指している人なら、最初の段階として、初級産業カウンセラーの試験の受験資格をもらうための通信講座を受けることになります。

専属の教官が大学教授と言った場合もありますので、本格的に学べるメリットがあるのです。

他にも通信教育では、精神保健福祉士やメンタルケア心理士など通信教育でも、心理学を学ぶことは十分に可能なのです。

転職を希望している人、子育てがひと段落ついたら将来的に心理系の仕事に就きたいと思っている人にとっては、心理学の通信教育を自宅で学ぶことができるのはとてもメリットとして大きいでしょう。

自宅で自分のペースで学習することができますし、最近の通信教育の内容は、DVDなどもついているので教材がとてもわかりやすいメリットもあるのです。

ですから学校に通うのと同じくらいの学習内容を自宅で空いた時間を利用して学ぶことができることは最大のメリットです。

知って得する! 心理学通信教育のデメリット

デメリット

心理学の通信教育のデメリットは、心理学の基礎を短時間で学ぶことができるのですが、臨床心理士や認定心理士の資格を取得することはできません。

大学へ通えば、心理士の資格を取得することができますが、臨床心理士、認定心理士の資格を取得をすることができないデメリットが通信講座ではあるのです。

また1人で家で学習をすることになりますので、同じ環境の人と、情報交換をすることがしにくいデメリットとなります。

学校へ通えば、情報交換をしたり励ましあったり、お互いモチベーションを維持することができるのですが、通信講座の心理学ではそれができないのがデメリットです。

また自分のペースで学習できるとはいえ、期間が限られているので自分のペースでも、いつまでもダラダラとやれるとは限りません。

また計画を立てて学習をすることがなかなか難しい性格の人にとっては、家で心理学の通信教育を受講して自分で長続きさせることができないというデメリットもあり、挫折する可能性が高いのです。

計画を持って学ぶことができる人ならいいのですが、3日坊主の人や、何をやっても長続きしない人は、通信教育自体デメリットと言えますし、向いていないと言えるのでしょう。

心理学の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
臨床心理士の活躍の場は多岐にわたります。
たとえば、教育分野であれば、学校内の相談室や教育センター、各種教育相談機関などが代表的な職場として挙げられます。

また医療・保健分野であれば、病院や診療所の精神科・心療内科、市区町村の保健センターなども勤務先の候補ですし、産業分野であれば、企業内にある相談室や健康管理センターで職場の悩みで抱えた人を支援するといった携わり方もあります。
近年は20~30代の若者や、子供のうつ病などが急増し社会問題となっています。

ストレスで心の病にかかる人が多い現代において、心の専門家に対する需要はますます高まっていくでしょう。

≪こんな人が向いています≫
厳密にいえば、心理系の仕事をするために絶対必要な資格というものは存在しません。
ただし公立学校のスクールカウンセラーや一部の医療機関では、臨床心理士を資格要件に掲げているところが多く、この資格をとっておいたほうが就職が有利になることは間違いないでしょう。

臨床心理士として認定されるためには、まず日本臨床心理士資格認定協会が指定する「大学院」で臨床心理に関する知識と技術を学び、必要単位を取得しなければなりません。
そのうえで臨床心理士資格試験に合格し、登録手続きを経てはじめて臨床心理士として認定をされます。

なお、修了したのが2種指定大学院の場合は、大学院修了後に1年の実務経験が受験前に必要となります。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

大学の授業を通信教育で!こどもの心理や教育を学びたい方に!【科目等履修生(心理学)】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】7,000円(税込)入学金は初回登録時、以降継続料として5,000円
【その他】授業料:7,000円/単位
教材費:2,000~3,000円/科目 ほか
4科目履修の概算:100,000円程度
標準期間 約6ヶ月
送付物 CoLSガイドブック、学事予定表、指定教科書 他
対象 初心者歓迎。仕事や家事と両立して学びたい方に。
18~60歳まで幅広い年齢層の学生が在籍しています。
※高等学校卒業の方、卒業見込みの方、もしくは同等の学力があると認められる方が対象となります。
目指せる資格
最短2年で学士も取得!幅広い心理の諸領域から、自分の興味に沿って科目を選択!認定心理士の資格にも対応! 【心理学専攻 (3年次編入)】
費用 【入学金】50,000円
【受講料】130,000円(総額制・税込)
【その他】入学金には編入料20,000円を含む。補助教材費10,000円
 ※受講料、教材費は年額となります。ただし、スクーリング受講料は別途納入。

☆本学独自の奨学金制度もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

標準期間 約24ヶ月
送付物 初年度学習科目のテキスト11冊/通信教育部ガイド
対象 次のいずれかを満たす方
・ 短期大学を卒業した者、または平成24年3月卒業見込みの者
・ 4年制大学を2年以上修了し、かつ64単位以上の単位を修得した者
・ 大学卒業等により学士の学位を有する者(またはそれ以上の学位を有する者)
・専門学校を卒業した者、または平成24年3月卒業見込みの者
目指せる資格 ■認定心理士
■産業カウンセラー(受験資格)
■アメニティコーディネーター(受験資格)
■児童福祉司(任用資格・要実務経験1年以上)
■児童指導員(任用資格)
■学士
最短2年!卒業と同時に認定心理士資格が取得できる 【心理学科 3年次編入】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】190,100円(総額制・税込)
【その他】※190,100円は初年度納入金額になります。入学金は受講料に含まれます。他諸費用あり。詳細は募集要項参照。
標準期間 約24ヶ月
送付物 履修と学習の手引き、各教科書、聖徳通信(月1回)を送付
対象 初心者歓迎
すでに他の大学で2年分の単位を修得されている方や、短期大学を卒業している方に
※詳細についてはお問い合わせ下さい。

心理学の基礎知識から臨床まで学習。将来、臨床心理士を目指す方にもお勧めの学科です。

目指せる資格 認定心理士、心理相談員、高等学校教諭一種免許状(公民)、心理学学士