不況時代に重宝する裁縫(ソーイング)の資格

裁縫(ソーイング)

裁縫の通信講座は裁縫を学ぶことができる通信講座です。

自宅で裁縫を学ぶことができるのですが、裁縫の通信講座といっても種類は色々とあるのです。

例えばある通信講座では、かけはぎ技術を習得できる通信講座もありますし、また単純に趣味で裁縫を楽しめる通信講座もあります。

裁縫(ソーイング)の通信講座で基礎から学ぶことで自分で何でも作ることができたり洋裁や和裁の技術を身につけることができるのです。

裁縫(ソーイング)の通信講座で学んだことは、自分の趣味としても役立てることもできますが、それ以外にも、現在アパレル関係で働いている人にとっても、仕事で活かすことができますし、今は子供が小さく働きに出ることができない人でも将来裁縫(ソーイング)の技術を活かして就職をしたいと思っている人にとっても、自宅で自分のペースで学習を身に付けられます。

自宅で通信講座は学ぶことができますから、お子さんが小さくても、仕事をしていて教室に通うことができなかったとしても、自宅で身につけられていいですね。

趣味として基礎から裁縫(ソーイング)を学びたいと思っている人にとってもおすすめの通信教育です。

とくにかけはぎができる人が減っているので需要は高いでしょう。

実は知らない… 裁縫(ソーイング)通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

裁縫(ソーイング)の通信講座を受けるメリットは、いつでもどこでも自分の好きな場所で学習することができるメリットがあります。

自分で家で学習できるので、お子さんが小さく、外の教室にいけない人でも学習することができます。

仕事と両立することも出来ますし、まとまった教室に通う時間が取れない人でも、コツコツ自分のペースで裁縫(ソーイング)の技術を身につけられるメリットがあります。

そして裁縫(ソーイング)教室に通うよりも通信講座を受けた方が費用の面でもとても安いというメリットがあるのです。

場合によっては半額以下で同じ技術を見につけられるメリットもあります。

また裁縫(ソーイング)教室に通えば、先生が教えてくれたことを忘れてしまうことだってあるかもしれませんが、通信講座なら繰り返して学習することができるのがメリットです。

忘れてしまったり覚えられなかったとしてももう一度教材をみることができるのです。

そして教室では先生がいて質問ができますが、通信講座でもサポート体制が整っているところは多数ありますので、すぐに質問をして教えてもらえるので、さほどサポート体制的には違いはないのです。

裁縫(ソーイング)が自宅で自分のペースで身に付くこと、それが最大のメリットです。

知って得する! 裁縫(ソーイング)通信講座のデメリット

デメリット

裁縫(ソーイング)の通信講座のデメリットは、自分で計画を立てて進めなければいけないので、スケジュール管理が大変であるデメリットがあります。

教室に通っていれば通うだけでスケジュール管理されているので、裁縫(ソーイング)が身についていきますが、通信講座では自分で計画的に進めていかなくては、スケジュール管理が大変です。

そして途中で挫折してしまうこともあります。

とくに裁縫(ソーイング)は就職に役立つと言ってもそれほど他の通信講座や資格とくらべると低く、また趣味で受ける人は、どうしても趣味の時間が後回しになりがちなので、挫折する可能性は高まります。

また申込みをする前に教材を確認したり、教室のように、体験などもありませんから、自分に合っているかどうかも分からないまま申し込まなくてはいけないデメリットもあるのです。

通信講座ではサポート体制が整っているとはいってもすぐに質問をしても答えが返ってくるまでに少し時間差があるのも通信講座で裁縫(ソーイング)を受けるデメリットとなるでしょう。

人によっては何をやっても長続きしない人もいますし、3日坊主になってしまう人などもいますからその点でデメリットが大きいといえるのかもしれません。

裁縫(ソーイング)の資格を取得すると…

≪はじめるにあたって≫
針、糸、はさみ、指ぬき、メジャーなどの基本的な裁縫道具に加えて、必要であれば、ミシン、アイロンなどを用意します。
生地や材料は自分で用意する場合も、教室が用意している場合もあります。

お稽古時の服装はとくに制約はありませんが、和裁の場合は、ときに足の指を使うこともあり、正座や胡座をかきやすい服装が良いでしょう。
入門は随時。カルチャースクールの場合、年に2~3回の募集があります。

≪こんな人がハマっています≫
お稽古している人は圧倒的に女性が多く、20代前半~70代以上と幅広い年齢層の人が裁縫に親しんでいます。

着付けを習っている人が着物をもっと深く知るために和裁を習ったり、自分のオリジナルの服を作ってみたい人、服をリメイクしたい人などが多く通っています。

最近では着物地で小物を作ったり、洋服に仕立て直したりと、自由な発想の教室も増えてきています。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

楽しく基本から学べる!チュニックも作成!
ホームソーイング入門
費用 【入学金】0円
【受講料】19,800円(総額制・税込)
【その他】分割払いの場合・・・・・月々3,500円×6回(総額21,000円・税込)
標準期間 約5ヶ月
送付物 DVD、テキスト(オールカラー56ページ)、実物大型紙(7作品分)、ファブリック帳(各種サンプル布20枚つき)、アームピンクッション用キット(布、ドミット芯、テトロン綿、ポンポンテープ、ストレッチオーガンジー)、添削ノート、質問用紙など
※材料は1回目の課題作品(アームピンクッション)分のみセット
*ソーイング用具(ミシン、はさみ、定規、糸、針、ルレット、チャコペンなど)は、テキスト を見てご準備ください。
対象 ◇初心者歓迎!
◎ソーイングを基礎からしっかりと学びたい方
目指せる資格 ホームソーイング講座の修了証を発行
初心者から12ヶ月で講師資格を目指す!資格習得後はご自宅で講師として活躍!
棒針編み講師認定/入門&講師認定コース
費用 【入学金】0円
【受講料】44,800円(総額制・税込)
【その他】分割払いの場合・・・・・月々3,900円×12回(総額46,800円・税込)
標準期間 約12ヶ月
送付物 【入門コース】テキスト1冊、作品集1冊、基礎ブック1冊、DVD1枚、毛糸7玉、添削ノート、添削申込券、質問用紙など
【講師認定コース】テキスト1冊、基礎ブック1冊、DVD1枚、ゲージメジャー1本、デザインノート1冊、トレーシングペーパー5枚、1/4製図用紙5枚、実物大製図用紙2枚、デザイン製図定規1本、添削ノート、添削申込券、質問用紙など
対象 ◇初心者歓迎!
◎将来的に自宅で編み物教室をお考えの方
◎棒針編みを基礎からしっかりと学び、自分の好きな模様やサイズで編めるようになりたい方
◎人に棒針編みを教えられるようになりたい方
◎編み物の資格を取りたい方
目指せる資格 (社)日本編物文化協会認定 『棒針編み講師認定証』
7ヵ月で製図の基本から応用までマスター!
製図(パターン)科 [基礎1+基礎2]
費用 【入学金】0円
【受講料】85,000円(総額制・税込)
【その他】※教材費込み ※特製カーブ定規(別売)3,500円
標準期間 約7ヶ月
送付物 テキスト、特製バインダー、トミー式定規&練習用定規2本、添削問題課題、その他特典プレゼントあり
対象 初心者歓迎!
目指せる資格