不況時代に重宝する書道の資格

書道

書道の通信教育は、書道教室に通わなくても書道が身につけられるのが特徴です。

書道とは、とても優雅で風流なもので、日々忙しくしている人でも、書道をすることで気持ちを落ち着かせることに成りますし、字が綺麗になれます。

個性を活かして風格のある文字を書くことができるようになるのも、書道の良い点です。

書道教室に通って字が上手になりたいと思っていても、なかなか日々の生活が忙しいひとは、それが叶いませんから、自宅で自分の空いた時間を利用して学習できる書道は、とても便利です。

独学の場合には、全く白紙の状態から自分で学ばなければいけませんので大変ですが、書道の通信教育なら、教材が一式セットになっているので、はじめたいと思ったらすぐに基礎からはじめることができます。

書道教室に、時間や予定を合わせて通う必要もありませんし、自分の家で時間がある時に、学ぶことができるというのがいいですね。

なかなか書道教室に通う時間が取れない人、仕事をしていても書道を学びたいと思っている人にとっても通信講座はぴったりです。

とりあえず上手に字が書けるようになりたいと思っている人は通信教育という学習のスタイルはとてもいい方法なのです。

実は知らない… 書道通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

書道の通信教育を受けるメリットですが、まず時間の拘束がないことが一つにあげられます。

書道教室に通うことになれば、行きかえりの時間も必要ですし、お稽古の時間もありますので、仕事の休みの日に書道教室に通うことにするにしても、半日仕事といってもいいでしょう。

貴重な休みの時間を費やすことになるのです。

しかし通信教育なら時間の拘束がないことがメリットとしてあげられます。

また費用が書道教室に通うよりは、かなり安くつくというメリットもあります。

一式書道道具もセットで支払ってもかなりお得に書道を始められるメリットがあるのです。

書道をとりあえず始めたい人にとっては、通信講座はとても便利です。

また自分で独学で学習することも出来ますが、やはり自分の判断だけで進めるのはなかなか大変です。

間違っていても、その間違いに気が付かないことだってあるのですから、独学では添削などがありませんが、通信教育なら先生の添削指導も受けられるので間違ったまま進むということがないのです。

仕事や家事、子育てと両立しつつ書道を身につけられるのは、通信教育ならではのメリットと言えるでしょう。

教室に通う時間がない人にとっても、メリットは大きいですね。

知って得する! 書道通信教育のデメリット

デメリット

書道の通信教育を受けるデメリット、それは通信教育であるということで、長続きさせることが難しいデメリットがあります。

どうしても通信教育なので、自分で書道を進めていかなければ、長続きしないのです。

計画を立てて添削指導にも出してと、最初は頑張って計画通りに自分の家で稽古をしていたとしても、だんだんやる時間がなくなったり、やるのが面倒になって途中で挫折してしまう人はとても多いのです。

通信養育で書道を受けることは、自宅で空いた時間にできるので書道教室に通うことを考えるとメリットのように思えますが、教室なら通えばそれだけで身に付きますが、それが通信教育の場合は自分でしなければいけないデメリットがあります。

自分でこつこつと進めることが得意な性格の人ならいいのですが、それが出来ないひとは、途中で挫折してしまい長続きしないデメリットがあるのです。

また他の通信教育と違って、資格が取得できるとか、仕事に繋がるとか、キャリアアップを目指す、転職や就職に有利になるといったものでもありませんので、意気込みが続かないというデメリットも書道の通信教育にはあるのかもしれません。

書道で通信教育を学ぶならしっかり計画を立てて進めましょう。

書道の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
公立・私立学校の教師資格をもっている人には、募集は少ないですが、書道教科の教師の仕事があります。
デパートや企業などの宛名書きなどによって報酬を得る「筆耕」のアルバイトは、とくに年末年始に募集が多いようです。

また書道関係の編集や、デザイナーとして書の能力を活かす道もあるでしょう。
独立する場合、自宅などに書道教室を開きます。

あるいはアートの分野で「書家」として活動し、自らの書を作品として世に送りだします。

≪必要な知識とスキル≫
書道塾の教師として活動するには、各書道会派の制定する書道教師の資格を取らなければなりません。
楷書・行書・草書・かな文字などを、正しく美しく書く能力が求められるのはもちろん、分かりやすく教えるインストラクション技術も必要です。

「筆耕」の場合は細筆でバランスよく、ある程度のスピードで文字を書けるようにします。
「書家」は一種のアーティストですから、作品の芸術性のみならず、パフォーマーとしての魅力がものをいう場合があります。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

日常生活・ビジネスで役立つ!筆ペンを徹底マスター
【美しい筆ペンマスターコース】
費用 【入学金】0円
【受講料】12,600円(総額制・税込)
【その他】割引価格:9,450円(税込)
※ 割引価格は、過去3年以内に弊社通信教育を受講開始されたことのある方が対象となります。
標準期間 約3ヶ月
送付物 学習ガイド、テキスト(全1冊)、練習帳、添削課題見本帳、添削問題(全3回)、質問票、筆ペン
対象 初めてペン字を学ぶ方でも安心! 美しい文字を書きたい全ての方におすすめの講座です!
目指せる資格
上品な筆文字を短期間でマスター! 【新・速習筆ペン講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】29,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々1,980円×15回)
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト4冊、練習帳4冊、ひらがな一覧表、別冊「筆ペンお役立ちハンドブック」、添削課題提出用紙、ガイドブック、ツイン筆ペン2本
対象 初心者歓迎!
日常生活で使える、美しい筆文字を身につけたい方に。
目指せる資格
月々2,885円【書道師範講座(特別版)毛筆書写技能検定】1日20分で資格取得! 一生使える書道師範資格を取得!書を楽しみたい人から書道師範を目指す人まで!初級と中級がセットのお得な講座!
費用 【入学金】0円
【受講料】49,800円(総額制・税込)
【その他】2,885円×18回

●その他のコース・分割払い(税込)について
・初級コース
29,000円・分割3,389円×9回

標準期間 約18ヶ月
送付物 初級コース手本集1~3/中級コース手本集1~3/テキスト1~3/毛筆検定対策集/初級コース清書添削用紙/学習計画ガイド/水書き用書道上達シート/水書き用専用筆/書き写し用「冠婚葬祭・実用手本」/初級コース半紙帖/など
対象 初心者歓迎!
目指せる資格 ・書道師範資格
・毛筆書写検定