不況時代に重宝する税理士の資格

税理士

税理士の通信講座は、税理士になるための資格試験に合格できるように、知識を身につけるための通信講座です。

税理士になるためには、税理士試験に合格をしなければいけません。

税理士試験は、科目合格制度で、税理士の国家試験で11科目の中で必須科目、そして選択科目で選んだ科目の中で1回合格していれば、一生有効とされています。

1度で1科目を合格していればずっと有効なので合格していることになりますから、時間をかけて少しずつ1科目ずつ合格すれば税理士になれます。

そのために大学や専門学校に通うのではなくて、税理士の通信講座を受けて学習するという方法があります。

通信講座なら今別の仕事をしている人で税理士を目指したいと思っている人でも、仕事をしながら両立して学習をすることができます。

また家事や子育てをしている人でも、税理士になりたいと思ったら通信講座で学習をして再就職につなげることもできるのです。

通信講座という学習スタイルから自宅で空いた時間を利用して自分のペースで学習をすることができるという特徴がありますので、やる気さえあれば、資格取得を目指すことができるのです。

将来有望な税理士は、独立開業することもできます。

実は知らない… 税理士通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

税理士の通信講座を受けるメリットは、自宅で自分の都合のいい時間に学習することができるというメリットが最大のメリットです。

税理士になるためには試験に合格をしなければいけませんが、学校に行き、知識を身につけることもできますが、仕事をしている人はなかなか学校に通うことが出来ません。

しかし仕事と両立をしていても通信講座なら手軽に学習をすることが可能なメリットがあります。

また将来、再就職をする際に税理士として活躍したいと思っている主婦も子育てや家事の合間に仕事をすることができるメリットもあるのです。

税理士は、将来の活躍の場がとても豊富で独立開業することもできますし、税理士事務所や一般の企業、コンサルティング会社や税理士法人で働くことなども出来ますので、幅広く需要が高い職業です。

今は年間5万人の人が税理士試験を受験していて女性も活躍しているとのことですから、女性の転職や、子育てがひと段落した後の再就職にも役立つメリットがあるのです。

仕事との両立、家事、子育てと両立させながら学習をすることができることは最大のメリットですから是非学習をして税理士になってもらいたいものです。

通信講座なら通学よりも費用が格段安いこともメリットとしてあげられます。

知って得する! 税理士通信講座のデメリット

デメリット

税理士の通信講座を受けるデメリットですが、通信講座は、税理士に限ったことではありませんが、自分自身をしっかりともって学習をなければ途中で挫折するとかあきらめる、投げたしてしまうということが多いのがデメリットです。

税理士を通信講座で学習する最大のデメリットと言っても過言ではないでしょう。

通学のように、決められた時間に講義に出なければいけない場合は、いやでも頑張って続けて通うと思いますが、その分学習を続けやすいメリットとなります。

ですが、通信講座の場合には、どうしても、自分で学習を進めていかなければ学習が続かないデメリットがあるのです。

継続することが難しい、そして挫折する可能性が高いのが税理士の通信講座を受けるデメリットです。

通信講座は自分の空いた時間に、いつでも学習できることガメリットとしてあげられますが、いつでも学習できるということに甘えて、教材をなかなかやらずに手をつけないまま置いておいたりしてしまいがちです。

一度遅れるとどんどん遅れてやる気やモチベーションもなくなるのが特徴です。

教材は決してためずに空いた時間にやるのではなくて、出きればコンスタントに自分でこなすようにしなければいけないでしょう。

税理士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
資格取得後は、ほとんどの人が独立開業を果たしています。
最近では税務コンサルタント、企業内税理士、国際派税理士などとして活躍する人も増えています。

試験にさまざまな科目があるように、同じ税理士でも、法人税に強い人、所得税に強い人など専門分野は異なります。
そのため、複数の税理士が提携して仕事を引き受ける例も目立ちます。
また、企業によっては試験に合格すると報奨金が出る会社もあるほどで、社内の評価が高くなる事は確実です。

≪こんな人が向いています≫
計算や記帳など、地道な仕事でも苦にならない堅実で細かい作業ができる人におすすめです。
また、税理士は他人の帳簿を扱うので、公平で責任感が強い事も要求されます。

独立開業においては、古参の税理士事務所が多くの企業をすでに顧客としているので、顧客の新規開拓がかなり困難になっているのが現状。
ですが、顧客が望むコンサルティング業務を行なっている税理士が少ないのも事実なので、丁寧な仕事を続けていれば、まだまだ顧客を開拓できるチャンスもあるでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【早期割引キャンペーン実施中!】会計系難関資格へステップアップ可能!公認会計士 会計体幹コース新登場!!
費用 【入学金】10,000円
【受講料】150,000円(総額制・税込)
【その他】入学金:1万円
受講料:
一般通常価格:Web+音声ダウンロード 160,000円(税込)

※早期割引価格あり
※資格説明会ご参加の方は、早期割引価格より5,000円割引となります

標準期間 約8ヶ月
送付物 送付物:フォーサイトテキスト・レジュメ・板書・講義教材(Web配信+音声ダウンロードまたはDVD)
回数:簿記46回+管理会計論8回・応用8回
添削回数:なし
対象 初学者・公認会計士・税理士等の難関資格をめざす方
目指せる資格 公認会計士・税理士
税理士の受験資格を取得!同時に短大の卒業もめざす! 【自由が丘産能短期大学 税理士コース】
費用 【入学金】20,000円
【受講料】180,000円(総額制・税込)
【その他】入学時に、書類選考料10,000円。
※授業料には、テキスト代、リポート添削料、科目修得試験受験料、スクーリング受講料が含まれます。
※支払い方法は、年2回の分納の他、月々6,000円からの学費ローンのご利用も可能です。
標準期間 約24ヶ月
送付物 教材、学習のしおり、シラバスⅠ、シラバスⅡ、年10回情報誌
対象 満15歳以上の方(入学資格取得生)~
大学・短期大学又は高等専門学校を卒業した方などは、2年次編入学することができます。詳細は学生募集要項をご確認下さい。
目指せる資格 ・短期大学士(能率)
・税理士(受験資格)