不況時代に重宝するDTPデザイナーの資格

DTPデザイナー

DTPデザイナーの通信講座ですが、今世の中に出回っている出版物の大半が、作業はパソコンで行われています。
イラストレーターを使ったり、フォトショップなどをつかって、DTPソフトを使った上で作業が進められているので、出版業界では、DTPソフトの知識をもっていて使いこなせることは必須であるとされています。

DTPの知識を身に付けてデザイナーとして活躍をしたい人は、学校に通って勉強をする方法と、そして通信講座で勉強をする方法があります。
DTPデザイナーの知識や技術を身に付けた後は、就職としては、少人数で運営されているデザイン事務所、個人の事務所などで採用があることが多いので、知識や技術を身に付けてすぐにでも即戦力として使える人材になる必要があります。

初心者からでもDTPデザイナーになりたい人向けの通信講座も豊富に用意されているので、業界未経験者からでもスタートできる資格でもあります。
経験者にとっても知らないジャンルや弱い分野を強くしたい、実績を残したいと思っている人は通信講座を受けると良いでしょう。

自宅で空いた時間を利用して知識を技術を身に付けて、再就職や転職に臨む人は増えているのです。
会社を辞めて独立して自宅に事務所を構えるというスタイルもあります。

実は知らない… DTPデザイナー通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

DTPデザイナーを目指している人にとって通信講座で勉強を進められるメリットは、自分の都合のいい時間に勉強をすることができる点です。
現在仕事をしている人でも、学校に通う時間はないけど、DTPデザイナーの技術や知識を身に付けたいと思っているのであれば、十分勉強をすることができます。
本を自分で購入して独学で勧めることもできるのかもしれませんが、やはりカリキュラムに沿って、計画を立てて行える通信講座の方が圧倒的に挫折も好くないでしょう。

学校に通うことができない、時間がないけどDTPデザイナーとして仕事を将来的にやっていきたいという人にとって、通信講座は自分の生活スタイルに合わせて、無理のない時間の範囲内で勉強をすることができるので、とてもメリットとして大きいでしょう。

自分のペースでリラックスできる場所で、自分の都合のいい時間に自分のペースでDTPデザイナーの勉強をすることができることで、今別の業界の仕事をしている人でも、将来この業界に転職を希望しているので、今から準備をしておきたいと思っている人は増えています。

通信講座なら、自分のペースで学んでその日に備えて準備できることが一番のメリットです。
DTPデザイナーとして経験がなくても、初心者でも進めやすい講座ばかりです。

知って得する! DTPデザイナー通信講座のデメリット

デメリット

DTPデザイナーの通信講座を受けるデメリットをこれから見ていきますが、DTPデザイナーは文字を入力して紙面のレイアウトやデザイン、そしてデータを出力するまでの一連の作業をするのが仕事となっています。

ですから一連の流れをすべて1人で通信講座で勉強しなければいけないので、どんなデザインがこのような場合にはむいているのかとか、レイアウトのセンスなどを他の人の物を見ながらリアルに勉強していくことができません。

スクールなら、同じ課題が出されても隣や周りには同じくDTPデザイナーを目指している人が大勢いるわけですが、通信講座での勉強となると一人で全て進めていかなくてはいけないので孤独感を感じながらの勉強になるかもしれませんね。

DTPデザイナーの仕事は時として、世界に影響を与えるような、大きな仕事をすることもあります。
どんな時代でも、出版業界、印刷業界は、なくならないでしょうから、資格を取ることはとてもいいことですし、必要な技術や知識を身に付けることも、将来的にとても安泰といえるでしょう。

ですが先ほどもいったように1人で通信講座の場合にはカリキュラムをこなしていかなくてはいけないので、よっぽどの強い意志がないと続けられないことになりますから気合を入れる必要があるでしょう。

DTPデザイナーの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
活躍の場として一番に上がるのはやはり印刷会社や出版社です。
それ以外にも、デザイン事務所、広告代理店、企業の広報・宣伝部と、DTP技術を活かせる場は多岐に渡ります。

もちろんフリーとして働くことも出来ますが、その場合は単に印刷の知識とレイアウト作業だけにとどまらず、デザイン力なども必要です。
DTPデザイナーになるのに資格取得は絶対条件ではありませんが、「DTPエキスパート認証資格」などの資格を取得しておけば身につけた技術の証明になり就・転職の際にも有利になることは間違いないでしょう。

≪こんな人が向いています≫
DTPが出版物の主流となった現在、出版業や印刷業に携わる人はもちろん、グラフィックデザイナー・エディトリアルデザイナー・編集者などを目指す人にとってもDTPは必須の技術です。
作業はパソコンに移ったとはいえレイアウトやデザインは個人の技術に大きく左右されるため、基礎デザイン力などは必要不可欠。

答えのない仕事なので、常に感覚を研ぎすまし自分のセンスやスキルを磨く努力を続けられる人におすすめです。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【 DTPデザイナーCS5+ソフト付(DesignStandard5.5) 】 ‘初めて’から、出版・印刷のエキスパートに!
費用 【入学金】0円
【受講料】126,708円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約4ヶ月
送付物 1.講義DVD 9枚
2.講義テキスト3冊(Illustrator /Photoshop /InDesign )
3.トレーニングキットCD-ROM 3枚
4.ソフト(DesignStandard5):Illustrator/Photoshop
対象 初心者の方にも自宅で安心して学習していただけます。
目指せる資格