不況時代に重宝するFPの資格

FP

FPの通信講座についてですが、FPというのはファイナンシャルプランナーのことです。

ファイナンシャルプランナーの試験の通信講座は学校または通信教育によって費用が全然違うので、これから通信講座を選ぶ人は、この講座がなぜこんなに安くて、逆にこの講座はなぜこんなに高いのかそれをしっかりと意識して選んだほうがいいでしょう。

通信講座でFPを学習する際は5万円から15万円ほどの予算を考えておくといいでしょう

通信講座ごとに内容も全く違っていますし値段も色々なので、自分に合った講座選びをしましょう。

FPの通信講座で学べば、フィナンシャルプランナーの試験対策の内容に沿っていることから、しっかりと学ぶことができるのです。

ですから1発合格も夢ではありません。

ファイナンシャルプランナーと言えば、金融業界から、保険業界、様々なジャンルで働くことができ、経営コンサルタント的な仕事などでも活躍できるのが魅力です。

今それに携わる仕事をしている人は自宅で自分の都合のいい時間帯にFPの通信講座を利用して学習することで空き時間を使って資格取得を目指せますし、主婦にとっても、家庭や子育てと両立しつつ学習して、将来の再就職に役立てることができるのが魅力です。

実は知らない… FP通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

FPの通信講座を受けるメリットですが、まず一つ目に、ファイナンシャルプランナーは、今とても魅力ある資格であるというメリットがあります。

生活設計のアドバイザーとして、人々の将来や目標達成のために生活設計をアドバイスするのが仕事です。

最近は保険業界、不動産、金融業界など幅広い場所で活躍することができる資格という位置づけですから、FPの通信講座を受けて学習し、試験に合格をしたら様々な場所で活躍できるメリットがあります。

顧客の相談に乗る以外にも、講演や雑誌で活躍するなど活躍の場は豊富です。

FPの通信講座なら、こんなに魅力がある資格の学習を自分の家で自分のペースで学習できるというメリットがあります。

自分の空いた時間を利用して学習できるということは、例えば今仕事をしていて、FPの資格を取得してキャリアアップしたいとか、転職に役立てたいと思っている人にとっても、仕事と両立させながら学習を進めることができるメリットがあります。

また子供が大きくなったら再就職をしたいと思っている人にとっても、再就職のための武器になりますのでFPの通信講座で学習をして資格を取得しておくことはとてもメリットとなるでしょう。

家事や子育ての合間に学習をすることも可能なのです。

知って得する! FP通信講座のデメリット

デメリット

FPの通信講座を受講する上でのデメリットは、かなり難易度が高い資格になりますので、試験に1発合格するためにはかなり通信講座でもしっかりと学習をしていかなくては合格は難しいというデメリットがあります。

通信講座で学習をすればそれだけで資格が取得できるものではなく、学習して知識を身につけたら、試験を受験して合格しなければいけないのです。

ですからFPの通信講座を受講するなら計画を立ててきちんと計画に沿って学習をしていかなくてはいけないというデメリットがあるのです。

人によっては何をやっても長続きしない、3日坊主になってしまうという人もいると思いますが、それでは、FPの通信講座も途中で挫折してしまう可能性は高いでしょう。

計画は教材の内容に沿って進めていけばいいのですが、その、計画に沿うということが一番難しいのです。

毎日コツコツと空いた時間に学習をするのではなくて、空き時間をしっかりと使って計画を立てて学習しなければ難しいでしょう。

仕事と育児や家事の合間に学習することはできますが、よほど計画をしっかりたてて行わなければFPの資格試験に合格することができません。

通信講座という学習スタイルの特徴からむいていない人がいるというデメリットがあるのです。

FPの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
日本FP協会認定の養成研修を修了後、認定試験に合格し、協会会員になることでFPとして活動を行うことができます。
資格取得後は、証券会社・銀行などの金融業界、不動産会社、独立系FP専門会社などのFP部門に所属して働く企業内FPが7割を占めます。

FP専門の部署がある会社もありますが、生保代理店の外交員など、FPの知識をもとに提案型の営業を行うのが一般的です。
もちろん実績と経験を積んで独立することも出来ますが、実際FPとして独立する人は全体の10%ほどと少数派です。

≪気になる将来は?≫
確定拠出型年金の導入などにより、一般の会社員でも資産運用を始める傾向が強まってきた現在、FPの需要はますます高まってきています。
これにともない、現在はまだ少数派の独立FPも、これからは増えていくと思われます。

有資格者の増加にともない、AFP資格の取得は業界のスタンダードと化しています。
業界内で資格を武器にして働くなら、CFPを取得するのが理想です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

AFPと2級FP技能士に対応した授業科目!同時に短大の卒業もめざす! 【自由が丘産能短期大学 ファイナンシャル・プランナーコース】
費用 【入学金】20,000円
【受講料】180,000円(総額制・税込)
【その他】入学時に、書類選考料10,000円。
※授業料には、テキスト代、リポート添削料、科目修得試験受験料、スクーリング受講料が含まれます。
※支払い方法は、年2回の分納の他、月々6,000円からの学費ローンのご利用も可能です。
標準期間 約24ヶ月
送付物 教材、学習のしおり、シラバスⅠ、シラバスⅡ、年10回情報誌
対象 満15歳以上の方(入学資格取得生)~
大学・短期大学又は高等専門学校を卒業した方などは、2年次編入学することができます。詳細は学生募集要項をご確認下さい。
目指せる資格 ・短期大学士(能率)
・AFP資格
・2級ファイナンシャル・プランニング技能士