不況時代に重宝する簿記の資格

簿記

簿記の通信講座は、簿記検定をこれから受けようと思っている人や、簿記の知識を身に着けたいと思っている人にぴったりの通信講座です。

簿記3級と2級が主な通信講座として開講されているものですが、例えば簿記3級の通信講座を学習すると最初はわけが分からずにはじめた学習でもだんだん続けて行くうちに理解できるようになって、テキストが分かるようになり、通信講座が修了するころには簿記3級検定を十分合格出来るほどの実力が身についているのが特徴です。

簿胃は、事務職や経理職の基本ですから、今働いている先で、事務や経理をやっている人は見につけておいたほうがいい知識になりますので、キャリアアップのために簿記の通信講座で学習している人は多いのです。

簿記の通信講座なら、自宅で自分の好きな時間に学習することができますし、今すぐに仕事に活かさなくても、家庭に入ったり、子育てをしている人が再就職をする際に簿記の知識を見につけていれば採用がスムーズにいきます。

簿記の3級くらいでしたら通信講座を受けてしっかりとやっていれば1-2ヶ月もあれば、合格できるとされていますので、こつこつ自分の空いた時間を利用して学習していけば一発合格も夢ではありません。

実は知らない… 簿記通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

簿記を通信講座で学ぶメリットは自宅で自分の家で、学校に行くのと同じ学習をすることができる点にあります。

これは簿記の通信講座の最大のメリットと言ってもいいかもしれません。

自分のペースで無理をせずに空き時間を使って学習することができるのです。

そして最近の通信講座では、わからないことがあったとしてもすぐに相談ができる体制が整っていて、サポート体制が万全になっているケースがとても多いので、本当に学校に通っているのと同じ環境の中で学習できるのです。

仕事をしつつ簿記の勉強をしたいと思っている人でも、独学では何をどうやって学習を進めればいいのかわかりませんが、通信講座ならしっかりと学習の手引きなどもありますし、カリキュラムや計画などもしっかりと整っているので、安心して学習できるメリットもあります。

今は子供が小さくて学校に行けない人でも、家事や子育ての合間に通信講座なら簿記の学習をすることが出来ますし、現在仕事をしている人でも、仕事が終わってから、仕事の休みの日に自分のペースで学習をすることができるのがメリットです。

学習が終われば簿記の知識が十分身についていますし簿記検定対策もできているメリットもあります。

知って得する! 簿記通信講座のデメリット

デメリット

簿記の通信講座を利用して学習することのデメリットですが、通信講座という学習方法特有の、自分で学習を進めなければ進まないというデメリットがあります。

学校ならいくだけで学習が進みますしわからないことがあっても、その場で先生に聞くことができるのですが、それが通信講座では、サポート体制が整っているとはいってもリアルタイムに質問が出来ても回答をもらうことができないのがデメリットです。

それ以外にも、通信講座という学習スタイル全般に言えることですが、自分のペースでやることはメリットでもありデメリットでもあるのです。

なぜなら自分のペースで続けられる人ならいいですが、自分のペースで計画を立てても続かない人もいて、学校に行くよりも途中で挫折してしまう可能性が高いデメリットもあります。

性格や自分のタイプによっては、通信講座という学習スタイルで簿記の学習をすること自体がデメリットとなる可能性もありますので向き不向きを考えておく必要があるでしょう。

通信講座の学費は通学に比べると安いですが、それでも期限内に学習が進めばいいですが、延長になると追加料金がかかるデメリットもありますので自分で計画を持って強い意志で進めていかなくてはいけないのです。

簿記の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
企業の規模・職種に関わらず、簿記の知識はあらゆるシーンで活用がきき、それが読めるだけでビジネスチャンスは拡大します。
例えば、商取引の時、得意先の財務状態が的確にわかればリスクが回避できるだけでなく、相手の立場にたったプレゼンテーションができ信頼を高めるチャンスになリます。

就・転職のために取得する方は、簿記の知識・技能をアピールするためにも2級以上を取得することをおすすめします。

≪こんな人が向いています≫
簿記の知識・スキルを必要とする経理・財務の仕事は、景気に関係なく常に需要があります。
会社の基盤に関わる重要な仕事を任せられる資格なので、経理や会計処理に直接関わる部門の在籍者に限らず、経営管理・経営分析など企業経営のスペシャリストを狙う人は取っておきたい資格です。

4級から1級まで順番に取得する必要はないので自分の目的にあった級を目指しましょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

短期間で日商簿記3級の合格を目指す。 【3級講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】9,450円(総額制・税込)
【その他】7月限定割引【DVD通信】11550円
【WEB通信】9,450円
標準期間 約1ヶ月
送付物 テキスト3冊、学習ガイド、質問票
対象 初学者
目指せる資格 日商簿記検定3級
【合格のLEC】簿記3・2級合格コース(通信WEB/DL)
費用 【入学金】0円
【受講料】51,000円(総額制・税込)
【その他】入学金:無料
受講料:通信 Web動画・音声DL 51,000円(一般価格、テキスト付、税込)
※この他の講義媒体もございます。詳細はお問合せください。
標準期間 約3ヶ月
送付物 【送付物】テキスト・レジュメ・問題集・合格答練・公開模試
【回数】全45回
【添削回数】全2回
対象 日商簿記3級と2級を同時に学習し合格したい方【3・2級を2012年11月に同時に受験するコース】
目指せる資格 日商簿記3.2級
【資格の学校TAC】簿記検定 1級本科生(DVD通信講座) インプット・アウトプット学習の組合せが短期合格への道を作る!
費用 【入学金】0円
【受講料】185,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・5%税込
標準期間 約9ヶ月
送付物 ★随時発送開始
1級商会合格テキスト/1級商会合格トレーニング/1級工原合格テキスト/1級工原合格トレーニング/講義DVD/添削問題/ミニテスト集/的中答練/全国公開模試/総まとめ講義演習 他
対象 2級修了者
目指せる資格 日商簿記検定1級