不況時代に重宝する幼稚園教諭の資格

幼稚園教諭

幼稚園教諭の通信教育は、大学の通信教育部で学習をする形になります。

よくある趣味や民間の資格を取得するための、通信教育とはちがって、通信制の大学や大学の通信教育部に入学をして幼稚園教諭免許状を取得することになります。

通信教育部がある大学は、初等教育学科があったり、児童学科幼稚園教育コースなどが設けられていて、幼稚園教諭必須科目の単位を全部修得すれば、卒業と同時に、幼稚園教諭免許を取得することができるというものです。

通信教育によっては、幼稚園教諭免許以外にも、保育士資格も一緒に取れるところもあるのです。

通信教育で社会人になってからあきらめていた幼稚園教諭を目指したいと思っている人は、仕事や家事、子育てと両立させながら幼稚園教諭の免許を自宅で学習をして取得することができるのです。

通信教育で学習して受験資格を得るのではなくて、必須単位を全てとれば、幼稚園教諭の免許が必ず誰でももらえるので、自宅でマイペースに自分の好きな時間に学習をしたら確実に幼稚園教諭の免許を取れるというのがこの大学の通信教育の特徴です。

探せば、全国にいくつか、通信教育部や通信制大学を用意している大学はありますので、自宅で自分で学習することができるのです。

実は知らない… 幼稚園教諭通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

幼稚園教諭の通信教育のメリットは、通信制大学や大学の通信学部に所属することになりますが、大学なら入学するためには試験に合格をしなければいけませんでしたが、大学に入るにあたって、通信制の大学なら入学試験が必要ないというメリットがあります。

大半のところが書類選考だけで入学できるので不合格になって入学することができないということはほとんどないので、誰でもやる気があって、大学に入れる学歴を持っているのなら、幼稚園教諭の学習を自宅で自分のペースで学習することができるのです。

幼稚園教諭必修科目全部の単位をとれば、誰でも絶対に幼稚園教諭免許がもらえるのもメリットとして大きいでしょう。

大学に通う時間がない、働かなければいけない、社会人として働いているが幼稚園教諭になりたいなど、子育てがひと段落したら幼稚園で働きたいと思っている人も含めて、自宅で自分の空いた時間に学習をして幼稚園教諭になることができる通信教育、これはメリットがかなり大きいでしょう。

保育士資格も同時に取得できたり小学校の先生の免許である小学校教諭免許も取得できる通信講座もありますので、地道に努力をすれば、社会人になってからでも、家庭に入ってからでも、夢をあきらめなくても良いメリットもあります。

知って得する! 幼稚園教諭通信教育のデメリット

デメリット

幼稚園教諭の通信教育を受けるデメリットですが、普通のユーキャンなどの通信教育などと違って大学に入って大学の通信制で学習をすることになります。

ですから普通の通信教育に比べると学費の面で、学校に通うよりは安いですが、普通の通信教育よりは明らかに費用が高いデメリットがあります。

また幼稚園教諭必修科目の中には、ピアノの演奏、そして図画工作や体育などの実技強化もあります。

こうした実技については通信教育だけでは済ませられないので、スクーリングといって別に学校に通うことになりますので、普通の通信教育のように、すべてが家庭学習だけで終えられないデメリットがあります。

スクーリングは通信制大学の、夏、冬、春休みに1科目あたり朝9時から夕方5時まで通信制大学に3日間通って授業を受けることになっています。

幼稚園教諭必修科目では幼稚園での平日4週間の、初等教育実習として、幼稚園への実習が入っているので、こちらにも行くことになることもデメリットとして上げられます。

仕事や家事と両立して学習を進められますが、スクーリングや実習があることを覚えておきましょう。

子供さんが小さい方は預け先の心配もしなければいけないのもデメリットとなります。

幼稚園教諭の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
公私立幼稚園で、幼児の指導・教育に従事する以外に、民間の保育所や幼児教室、児童福祉施設などに就業するケースも増えてきています。
保育所と児童福祉施設に関して言えば、保育士資格を必要とするところも多く、幼稚園教諭と保育士、両方の資格を取得することで活躍の場はさらに広がると言えるでしょう。

幼稚園教諭の採用試験の受験資格として、両方の資格を持っていることを条件としている地方自治体もあるようです。

≪こんな人が向いています≫
子ども好きな人に根強い人気の幼稚園教諭。家庭中心の生活からはじめて集団生活へ踏み出した子ども達と関わる仕事だけに、子ども達に与える影響は大きく、その責任は重大です。
その責任を仕事のやりがいに変えられる人に向いている仕事と言えるでしょう。

また物事の分別や自分自身への理解度、コミュニケーション能力が未熟な子ども達の発達状況や個性を十分に理解し、指導・教育するためには、心身共にタフであることが必要です。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

教員免許状(小学校・幼稚園)の不足単位分のみ受講したい方、教員免許状を上級免許に変えたい方に! 最短半期で各免許が取得可能!【科目等履修生】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】7,000円(税込)入学金は初回登録時、以降継続料として5,000円
【その他】授業料:7,000円/単位
教材費:2,000~3,000円/科目 他
4科目履修の概算:60,000円前後
標準期間 約6ヶ月
送付物 CoLSガイドブック、指定教科書 他
対象 初心者歓迎。仕事や家事と両立して学びたい方に。
18~60歳まで幅広い年齢層の学生が在籍しています。
※高等学校卒業の方、卒業見込みの方、もしくは同等の学力があると認められる方が対象となります。
目指せる資格
『幼稚園教諭1種免許状』と、『学士』を同時に取得! 仕事・家事でご多忙な方を万全にサポート!【幼稚園教諭1種対応 - 正科生(1年次入学)】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】75,000円(税込)入学金は初年度のみ、受講料は半期(6ヶ月)毎
【その他】スクーリング料:7,000~10,000円/単位
教材費:2,000~3,000円/科目 ほか
卒業(4年間)までの概算:1,000,000円程度
標準期間 約48ヶ月
送付物 学生便覧、履修の手引き、ガイドブック、指定教科書ほか
対象 初心者歓迎。仕事や家事と両立して学びたい方に。
18~60歳まで幅広い年齢層の学生が在籍しています。
※高等学校卒業の方、卒業見込みの方、もしくは同等の学力があると認められる方が対象となります。
目指せる資格 学位(大学卒業資格)
幼稚園教諭一種免許状 ほか
卒業と同時に保育士資格を取得できる! 【児童学科 児童保育コース】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】190,100円(総額制・税込)
【その他】※190,100円は初年度納入金額になります。入学金は受講料に含まれます。
他諸費用あり。詳細は募集要項参照。
標準期間 約48ヶ月
送付物
対象 初心者歓迎。保育士を目指す方にお勧めのコースです。
幼児教育に実績のある「保育の聖徳(R)」ならではの実践教育を実施します。
目指せる資格 保育士、幼稚園教論一種免許状、小学校教諭一種免許状、児童学学士、図書館司書、学芸員