不況時代に重宝する歯科助手の資格

歯科助手

歯科助手の通信講座はその名のとおり歯科助手になるための知識や技術を学ぶための通信講座です。

ですが歯科助手は未経験でも募集していることが多いですが、鹿助手通信講座を受けておけば、現場へ行ってもすぐに即戦力として働けるので、応募する際に未経験だったとしても全くの未経験の人と違って、知識や技術を通信講座で学んでいるということで採用されやすいのです。

歯科助手の勉強をする方法として一番選ばれているのが通信講座です。

専門学校へ行くという方法もあるのですが、1年間通って学費が100万円以上かかるので、歯科助手なら通信講座でも十分学習できます。

近頃の通信講座の教材はDVDなどの映像教材も充実しているので、テキストだけではあまりイメージしにくかった歯科医療についても、しっかりと解説されているのでとても分かりやすいのが特徴です。

歯科助手通信講座といっても、色々な種類が開講されているのですが、どれも期間的には4ヶ月から5ヶ月くらいで、費用は4万円前後なので、仕事をしながら、子育ての合間にでも、自宅で自分のペースで学習することができる点で歯科助手を目指す人に選ばれている学習方法です。

歯科助手になりたい人でも、自分のペースで学べるのでいいですね。

実は知らない… 歯科助手通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

歯科助手通信講座のメリットですが歯科助手通信講座に限らず、どこでも自分の好きな場所で、そして好きな時間、空いた時間を利用して勉強できることが通信講座のメリットです。

また計画やカリキュラムは決められてますが、自分のペースで進めていくことが出来ますので、お子さんがいて今は外に働きにいけないけど、子供が大きくなって手が離れたら将来的に歯科助手になりたいと思っている人でも、子育てや家事の合間に歯科助手の通信講座をすることができるメリットも在ります。

1日1時間、1週間に3日程度学習をすれば、標準で4ヶ月くらいで歯科助手として即戦力になる技能や知識を身につけることができます。

全国の歯科医院で就職可能なこともメリットです。

今は他の仕事をしているけど、将来的に歯科助手になりたい人も、子育てが落ち着いたら歯科助手に成りたいと思っている人にとっても、歯科助手の通信講座を受けることはとてもメリットがあるといえるでしょう。

通信講座の中には、DVDの教材を用意しているところもあり、DVDで視覚を使って学ぶことができるので安心です。

歯科医療事務を実務感覚で身につけられる内容も教材の中にありますし、ある通信講座では、希望する人は講座が終了してから派遣スタッフとして登録できるサポートもついています。

知って得する! 歯科助手通信講座のデメリット

デメリット

歯科助手の通信講座のデメリットですが、歯科助手という仕事自体が、視覚を取得しなくても誰でも出来る仕事であり、求人募集を見ていても、未経験でも可能となっているところが多いのが特徴です。

ですから歯科助手の通信講座をうけなくても、正直なところ仕事に就こうと思えば就けるというデメリットがあります。

またこれは歯科助手の通信講座に限ったことではないのですが、通信講座の学習のスタイルからして、計画は立てられていたとしても、その計画を、計画通りに進めることができるのか、それはあなた次第です。

ですから、もし、今までに何をやっても長続きさせられなかった人や、3日坊主な性格の人の場合には歯科助手を通信講座で学ぶというのは向いていないかもしれません。

学校へ通えば最後まで学習をすることができたのに、通信講座を選んでしまったがために途中で挫折してしまって、志半ばで学習をあきらめてしまったケースもありますから、途中で挫折してしまう可能性が高いこともデメリットとして上げられるでしょう。

そして子育てや仕事の合間に出来るとはいっても、計画通り進めるためには、やはり空いた時間にやるというのではなくて、空いた時間を作る必要があるのです。

歯科助手の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
歯科医院が活躍の場となります。
歯科医院は全国どこにでもあるため、パートナーの転勤などで居住地が変わったとしても次の勤務先を見つけやすい職種と言えます。

雇用形態は、社員またはパート・アルバイトが主流。医院によって歯科助手に任される仕事の範囲にかなり幅があります。
受付業務は分離して、歯科助手は診療アシスト業務のみ行う医院もあれば、洗濯や院内の清掃、来院されている小さなお子様の面倒にいたるまで歯科助手が行う医院もあります。

≪必要な知識とスキル≫
歯科助手になるために必要な資格は特にありません。
「未経験者でもOK!」という採用広告を出している歯科医院も少なくありません。

ただし実際の現場では、治療内容を理解してそれに必要な器具を揃える、適切なタイミングで歯科医師に器具を渡すなどの作業が求められるため、全く予備知識がない状態で就職した場合は、業務に慣れるまでにかなり苦労することが予想されます。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

■3資格取得で、就・転職を有利に!■歯科助手3資格合格指導講座〈34〉★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!★★
費用 【入学金】0円
【受講料】38,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払いあり
標準期間 約3ヶ月
送付物 テキスト3冊、DVD3巻(講義・実技)、添削問題集1冊、模擬試験集、点数表、レセプト表
※講座を申し込んだ方に限り、DVDプレイヤーを特別プライスで提供
対象 「知識ゼロという初心者でも大丈夫」「全国どちらでも受講可能」
目指せる資格 「歯科・診療報酬請求事務能力認定試験」
「歯科・医療事務管理士(R)」
「歯科助手専門秘書検定資格」
いざ現場で活かせる実践的なスキルを!ユーキャンなら在宅受験が可能!就活サポートも充実 【歯科助手講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】45,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々3,800円 ×12回)
標準期間 約5ヶ月
送付物 テキスト4冊、歯科点数帳、レセプト用紙集2冊、歯科試験問題、添削課題集、ガイドブック、よくわかる受付応対と事務、実践トレーニング帳、歯科用語・資料集、合格BOOK、添削関係書類、その他
対象 初心者歓迎!
就転職に役立つスキルを身につけたい方に。
目指せる資格 歯科 医療事務管理士(R)
「歯科医療事務通信講座」
費用 【入学金】0円
【受講料】53,000円(総額制・税込)
【その他】受講料 教材費込・クレジット可
標準期間 約3ヶ月
送付物 医療事務講座基礎編、歯科医療事務の基礎、点数表、基礎レポート、レセプトセットほか
対象 初心者
目指せる資格 保険請求事務技能検定試験