不況時代に重宝する手話通訳士・手話の資格

手話通訳士・手話

手話通訳士・手話の通信講座は手話を身に付けることができる通信講座です。
手話は手振り、身振り、そして表情などで相手に意志を伝えなければいけませんから、会話をするよりも意志の疎通がとても難しいですが、一度身に付けてしまえば、大勢の人と手話で話をすることができますので、かなりコミュニケーションの世界の輪も広がるでしょう。

厚生労働省が公認している資格に、手話通訳士という資格がありますが、現在手話通訳士の資格を持って活躍している人はほんのわずかで、希少価値が高いとされています。
ですから通信講座で手話通訳士・手話を習得すれば、需要が高い業界で仕事をして活躍をすることができるのです。

初心者からでも始められる読み書きから初めて、あいうえおが分かる状態から、日常会話ができるまでを、通信講座なら家にいながらにして習得することができます。
仕事に活かさなくても、身近に手話で会話をしなければいけない人がいた場合にも役に立ちますし、現在の職場でも手話を活かすことがあるかもしれませんから、幅広い場所で通信講座で手話通訳士や手話の資格を取得しておくことは役に立つでしょう。

上達すれば手話通訳士として仕事として活躍することも十分可能なのです。

実は知らない… 手話通訳士・手話通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

手話通訳士・手話の通信講座を受けるメリットですが、独学で学習しても試験対策の検定対策になっていなければ学習の意味がありませんが、通信講座ならしっかりと手話通訳士・手話の検定試験などに沿って内容が決まっているので、試験対策になります。

資格取得を目指して独学で合格をしたいと思っている人もいますが、実際のところ独学で合格することは不可能ではありません。

ですが独学で学習をしようと思ったらかなり高い集中力が必要ですし、モチベーションも維持しなければいけません。
効率よく手話通訳士・手話の資格を取得したい、知識や技術を身に付けたいと思っているのなら、独学よりも通信講座を利用したほうがいいでしょう。

教材はテキストや最近はDVDなどの映像教材もありますので、これらを利用すれば学校にかよっているのと同じ位の臨場感の中で学習を続けることができます。
またカリキュラムや計画はある程度決められていますから学習の計画が立てやすく、仕事や家事、子育てと両立させて学習をすることも簡単にできるメリットがあります。

手話通訳士を目指す人も、そうでなくて手話を身に付けたい人にとっても自宅で自分のペースで学ぶことができる通信講座はとてもメリットとして高いと言えるでしょう。

知って得する! 手話通訳士・手話通信講座のデメリット

デメリット

手話通訳士・手話の通信講座を受けるデメリットですが、これは手話通訳士や手話の通信講座に限ったことではありませんが通信講座という学習スタイルそのものが人によってはデメリットとなるケースがあるのです。

なぜなら計画やカリキュラムはある程度教材ですから決められていますが、それを最終的には自分で進めなければいけないのです。
計画を立てて仕事や家事、育児と両立させながらも、空いた時間にやるよりも空いた時間を確保して学習を計画に沿って進めていかなければ、身につかないでしょう。

通信講座なので、最終的に学習を続けていけるかどうかは自分次第です。
今までに3日坊主で何をやっても長続きしなかった人などは、むいていない学習方法といってもいいでしょう。

学校に通ったり教室に通えば身につくことでも、通信講座を選んだばかりに、途中で挫折してしまい、お金を無駄にしてしまうことだってあるのです。
挫折率が高くなる事もデメリットとして挙げられることです。

手話通訳士・手話の通信講座は家で自分の都合のいい時間にできるので、とてもメリットとしては高いかもしれませんが、それはその反面で人の性格やタイプによっては、デメリットとなる学習法といってもいいのです。

手話通訳士・手話の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
手話通訳の仕事はボランティアが中心で、職業としてはあまり確立していないのが現状です。
しかし自治体や福祉施設をはじめ企業の窓口、会議や講演会、選挙の際の政見放送、裁判などさまざまな分野で手話通訳のニーズが高まり、活躍の場が広がるとともに、わずかながら手話通訳士を採用するところも出てきました。

キャリアを積めば施設の常任スタッフや手話スクールの講師など、安定した収入の道を開くことも可能です。

≪こんな人が向いています≫
障害者の立場を理解できる思いやりと誠実さをもち、人と接するのが好きな社交性のある人に向きます。
手話は聴覚障害者の年齢や地域により動作が異なるため、臨機応変な対応ができる理解力や柔軟さが求められます。

また瞬時に判断して通訳しなければならないため、集中力と体力も必要です。
ハードですが、聴覚障害者が安心して生活し、社会参加をしていくための掛け橋となるやりがいのある仕事です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

日常会話の形式で手話を習得! 【手話入門講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】38,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々2,980円 ×13回)
標準期間 約3ヶ月
送付物 テキスト6冊、DVD12巻、手話情報百科、イラスト人名辞典1000、ガイドブック
対象 初心者歓迎!
手話でコミュニケーションが取れるようになりたい方に。
目指せる資格