不況時代に重宝するケアマネジャーの資格

ケアマネジャー

ケアマネージャーの通信教育を受ければ、ケアマネージャーの試験に合格する近道になります。
ケアマネージャーは、介護保険制度が始まった2000年の4月に新しく出来た資格なのですが、介護の専門職なのです。

ケアマネージャーになるためには、福祉関係や保健医療の現場など病院で働いた実務経験が必要とされてます。
介護支援専門員が正式名称ですが、ケアマネージャーでも通用します。
ケアマネージャーの資格を取得するための試験はかなり難しく、合格率も低いので独学での勉強よりは、通信教育を受けて学習したほうがいいのです。

具体的にケアマネージャーの仕事ですが、介護を必要としている人の相談に乗ることや要介護の人が、快適に介護を受けられるように、ヘルパーの間にはいったり、コーディネートをしたりするのが主な仕事です。

ケアマネージャーになるためには介護保険制度に精通している知識はもちろんですが、医療や福祉などに関わる色々なサービスなども知っておかなくてはいけません。
これらの知識があってこそ、ケアマネージャーとして活躍できるのです。

通信教育を受けることで試験に合格しやすくなりますので、独学で勉強するよりもスムーズに合格へと進むでしょう。

実は知らない… ケアマネジャー通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

ケアマネージャーの通信教育のメリットは、資格の学校に通わなくても自分の都合のいい時間を利用して、自宅で学習を進めることができることが一番のメリットです。
学校にいって試験対策をすることはもちろんできるのですが、仕事と両立させたり家庭や子育てと両立させることは難しく、学校へ通う時間が取れない人もいるのです。

その点通信教育なら自分の都合のいい時間帯に、自分のペースで学習をすることができます。
ケアマネージャーになりたい人にとって、これは一番のメリットです。

通信教育をつかわずに独学で勉強をするとわからないことがあったり、聞きたいことがあったとしても質問できませんが、通信教育なら大半がサポート体制も整っていますので、しっかりわからないことも克服して解決しながら学習できるのです。

ケアマネージャーはとても合格率が低く、一発合格しにくいとされていますが、通信教育で学習をしっかりとすれば、合格する可能性がアップするのです。

今は様々な通信教育の会社が、ケアマネージャーの講座を用意していますから、あなたにピッタリの物を選んで早速学習を開始してください。
将来の転職や就職、キャリアアップにも繋がりますので有利な資格です。

知って得する! ケアマネジャー通信教育のデメリット

デメリット

ケアマネージャーの通信教育のデメリットですが、通信教育ならケアマネージャーに限らずどんなものであってもとにかく、学習が続かないことがあるデメリットがあります。
通信教育だから毎日こつこつと空き時間を使って自分のペースで学習すればいい、それだけで知識も身につくと思っている人は大間違いです。

毎日コツコツと、これが案外難しく、計画がいくら立ててあったとしても、其れは教材をする上での計画であり、自分で学習をどうやって進めていくのかは別問題です。
教材の計画通りにやるにしても、毎日時間を作って学習をしなければ空いた時間にと思っていても学習は続かないでしょう。

空いた時間にやるというよりも、空いた時間を作るといった形です。
今までに何事も計画通りに進めることが出来た人ならいいのですが、そうではなくて、3日坊主で終わってしまった経験がある人にとっては、ケアマネージャーの通信教育を学習していくのは難しいでしょう。

学校へ通うよりも途中で挫折してしまう可能性があるのがこの通信教育という学習スタイルのデメリットと言えるのです。

計画通りに物事を進められる人なら向いていますが、そうでない人にとっては、向かない学習方法です。

ケアマネジャーの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
居宅介護支援事業所や地方自治体、民間業者の介護サービス施設、特別養護老人ホームなどが主な活躍の場になります。
最近では、介護保険制度のもと、民間の訪問介護も脚光を浴びています。介

護保険法で居宅介護支援事業者は介護サービス利用者50人に1人、ケアマネージャーを置くことが定められているので、実力を発揮できる場所はこれからも増えていくでしょう。

≪こんな人が向いています≫
介護・福祉の幅広い知識と、介護者一人ひとりにあったケアプランを作成できるコーディネート力も必要ですが、体の不自由な方やお年寄りの方と接する仕事なので、何よりも相手を思いやる気持ちが必要不可欠です。
合格者の7割前後は看護師と介護福祉士であり、同じく7割前後が女性であることも大きな特長。

介護を受けるすべての人が、自立した生活を行うことができるよう公平に導くことができる高い職業倫理が求められる仕事です。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

「試験のツボ」が満載!効率的に合格へ【ケアマネジャー受験対策パーフェクトゼミ】
費用 【入学金】0円
【受講料】33,200円(総額制・税込)
【その他】*分割・各種割引あり
標準期間 約4ヶ月
送付物 メインテキスト/サブテキスト/※実技演習模試2回分/※全国統一模試1回分/学習ガイドブック他※解答・解説含む
対象 キャリアアップを図りたい方など(※受験条件有)
目指せる資格 ケアマネジャー(試験合格)
全合格者の約5.6人に1人がユーキャン受講者! 【ケアマネジャー講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】45,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々3,800円 ×12回)
※あなたが今お持ちの資格に合わせて4コースご用意しております。(費用や期間などが異なります)
※費用はAコースのものです。
標準期間 約3ヶ月
送付物 テキスト、チェック&ドリル、でるケアBest200、ガイドブック、合格BOOK、過去問題集(3回分)、法令集I・II、資料集、介護保険MAP、添削関係書類、その他
※テキスト冊数はコースによって変わります。
※写真はAコースのものです。
対象 試験合格を目指す方に。(※受験資格あり)
目指せる資格 ケアマネジャー(介護支援専門員)
ゼロからの学習でも合格できる!【ケアマネジャー受験対策講座 資料コース】
費用 【入学金】0円
【受講料】49,800円(総額制・税込)
標準期間 約6ヶ月
送付物 「テキスト」
「個別問題集」
「学習ガイド」
「学習ナビ」16回
「総合問題」10回
「直前模試」12回
「厳選1000問」等
対象 介護支援専門員実務研修受講試験受験予定者
目指せる資格 介護支援専門員(ケアマネジャー)