不況時代に重宝する看護助手の資格

看護助手

看護助手の通信講座は、学校に通わなくても看護助手の資格に必要な資格を得ることができるのが特徴です。

看護助手はもともと資格がなくても職業として働くことがでいるのですが、看護系に関する資格を持っていれば病院などで働く場合でも有利になりますし、実際の業務にもとても役立ちます。
仕事にも早く慣れることができます。

看護助手は初心者でも働けますが、看護助手の通信講座で学んでおけばすぐに即戦力として働けるので重宝されるでしょう。

看護助手の仕事をするのに有利な資格は内閣府人称特定非営利活動法人、医療福祉情報実務能力協会が認定しているメディカルケアワーカーの資格が有利です。
この資格は、国内ではじめての看護助手の実務能力の資格なのです。

メディカルケアワーカーは1級と2級がありますが、2級を受験するためには実務経験を指定の実務経験証明書で証明できる人となっています。
今看護助手の仕事についているけど資格を持っていない人などは実務経験を証明でいますので、証明した上で資格取得をすれば就職をする際にもとても有利です。

ケアワーカー同様にして、看護助手も病院ではなくてはならない存在なので、就職先は抱負にあるので通信講座で勉強をすることはとても役に立ちます。

実は知らない… 看護助手通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

看護助手の通信講座を学習するメリットは需要が高い職業であることが一つにあげられます。
看護助手はこれからもニーズが高まると予想されています。

ニーズが高まる理由、其れは高齢化社会があるのです。

これからの日本、これは高齢者がとても増えると予想されているのですが介護を必要としている人は、病院に入ることが多くなります。
ですから病院で看護師やケアワーカーの人材ももちろん必要ですが、それをサポートする看護助手のニーズはとても高まっているのです。

看護師など、身の回りの世話をする存在がもっと増えるので、看護師は、免許をとらなければいけないので急激な増加は考えられませんが、看護助手なら資格取得後活躍できる場所が多いことがメリットとしてあげられるでしょう。

また仕事をしていたり、今家事や子育てをしている人で家で学習をした方が自分の空いた時間を利用して受講することができるのが一番のメリットです。

子供が小さくても子育ての合間に学習できるのがいいですね。
学校で学ぶのと同じ位のレベルの教材が充実していますし、DVDなども用意されていますから、こちらを使えば、手軽に看護助手の学習を自宅で勧められるのです。
サポート体制が整っている通信講座が多いのもメリットです。

知って得する! 看護助手通信講座のデメリット

デメリット

看護助手の通信講座を受けるデメリットをここでは見ていきます。

自分で学習を進められるのが通信講座の良い点のはずですが、これがデメリットになってしまう人もいるのです。
計画もカリキュラムも通信講座の会社が決めてくれているので、それに沿って学習をするだけなのですが、その学習するだけというのがとても大変なのです。
計画的に普段から物事を進められる人ならいいですが、自分が立てた計画すらもなかなか思い通りに進められないこともあります。

ましてや難しい学習で人が立てた計画ですから、それを続けるというのはなかなか大変なことなのです。
自分で学習をすることができる人はいいですが、計画に沿って続けることが難しい人にとっては、この学習方法はデメリットになるでしょう。

看護助手の通信講座を学習すれば資格取得をすることができる知識や技術が身につくだけで、資格取得が直接することができるわけではないので、注意しましょう。

単に学習をしているだけでは身につかないので、しっかり学習をしたうえで、なおかつ、計画に沿って学習をしていかなければいけないのです。
人によっては通信講座を受けること自体がデメリットに感じてしまう人もいるのです。

看護助手の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
急速に進む高齢化社会、医療の現場では、病気やけがの処置以外に、高齢者の介助という仕事が増えてきています。
条件の悪さから看護師不足が慢性化する中、さらに患者さんの世話に追われ、看護師本来の仕事をスムーズに行えないという現状があるのです。

それを解消するために、医療を伴わない介助などを看護助手に委ね、円滑な業務をはかりたいということから、看護助手への期待とニーズが高まっているいます。

≪必要な知識とスキル≫
身の回りのお世話をしたり、患者さんにとって身近な存在となる看護助手。
患者さんの気持ちを理解し、きめ細やかな心配りができることが何より大切です。

また医師・看護士と患者さんを結ぶ重要なパイプラインとしての役割を担うためには、コミュニケーション能力も必要。
無資格で就ける仕事ではありますが、看護助手として役立つ「ホームヘルパー」や「介護福祉士」 といった資格を取得し、仕事に活かしている人も多いようです。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

看護師のサポートするメディカルケアワーカーの需要は高まっています。
【合格のLEC】メディカルケアワーカー検定1・2級合格講座
費用 【入学金】0円
【受講料】34,000円(総額制・税込)
【その他】【入学金】なし
【受講料】
一般通常価格(税込)
Web 34,000円
DVD 35,000円
講座費用には、講座で使用する教材がすべて含まれています。
標準期間 約4ヶ月
送付物 受講ガイド
テキスト3冊
副教材 入門編
添削問題集
確認レポート/補講問題/模擬試験/修了テスト
質問票×5
対象 初学者でも安心して学べます
目指せる資格 メディカルケアワーカー(R)
全国医療福祉教育協会認定!看護助手の知識と技術を短期マスター!
看護助手講座
費用 【入学金】0円
【受講料】35,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約3ヶ月
送付物 1.講義DVD 5枚(学科編1、2巻・実技編1巻 計3巻)
2.講義テキスト(『看護助手実務能力認定試験 公式テキスト』) 1冊
3.講義テキスト(『図解からだのしくみ大全』) 1冊
4.確認テスト①(看護助手業務と役割の理解) 1冊
5.確認テスト②(患者の理解) 1冊
6.修了認定試験 1冊
7.学習ガイド 1冊
対象 初心者歓迎!
看護助手としての就職を目指す方に。
目指せる資格 「看護助手実務能力認定研修」修了認定証
日本初の資格制度化された「メディカルケアワーカー(R)」取得 メディカルケアワーカー(R)(看護助手)1・2級コース
費用 【入学金】0円
【受講料】38,000円(総額制・税込)
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト3冊(病院環境衛生学・医科薬科学・病院環境衛生技術学)・添削レポート・学習の進め方・看護補助業務実技DVDほか
対象 初心者歓迎【『ありがとう』という言葉がもらえるお仕事】医療機関で患者様のお世話がしたい方、医療機関にご興味ある方、経験者も知識の再確認と看護助手資格でスキルアップを目指せます。
目指せる資格 特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会主催「メディカルケアワーカー(R)(看護助手)検定試験1・2級」