不況時代に重宝する介護職員基礎研修の資格

介護職員基礎研修

介護職院基礎研修の通信講座は、今注目されている通信講座の一つでもあります。

介護職院基礎研修は介護の現場で働くに当たって基本となる研修なのです。
介護系の仕事をする人にとって、一番基礎となる職業教育となります。

介護職員の研修体系は見直しが行われ、これは平成18年に新たに設けられた制度です。
ホームヘルパー制度に変わって、これからこの介護職員基礎研修を受けなければいけないのです。

介護職員基礎研修は視覚ではありませんから、受講することに意味があります。
この研修を通信講座で受ければ介護福祉士になるための一段階の一つを進んだことになるでしょう。

これから先介護の現場で働こうと思っている人にとってはとても重要な研修ですから、通信講座を受けて自分のペースで学習をすることができればとても役に立つでしょう。

高齢化社会が今進んでいますから社会的にもとても意義がある仕事といってもいいでしょう。
通信講座で必要な知識や技術を学び、研修を終えて介護現場で活躍したいと思っている人にピッタリの通信講座です。

これからも介護職員の任用資格は介護福祉士の基本とされますので、介護職員基礎研修を受けることで、さらに専門的、そして知識や技術が身に付けられます。

実は知らない… 介護職員基礎研修通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

介護職員基礎研修の通信講座を受けるメリットですが、これから厚生労働省は2013年に介護資格制度を変更するとしています。

初任者研修は、実務者研修を経て介護福祉士から認定介護福祉士になります。
現在ホームヘルパー1級や2級の資格を持っている人が資格を失うことはないのですが、これから上位の資格をとりたいと思う場合には必ず実務者研修をうけないといけないのです。

実務者研修に必要な研修時間はヘルパー2級を持っている人で320時間、ヘルパー1級を持っている人で95時間、そして介護職員基礎研修を受講して終了している人なら、50時間となっているので、かなり研修時間数が、減るのがメリットです。

経験1年以上の人が受けられる介護職員基礎堅守は、50時間の研修を受ければ実務者研修を修了可能であるメリットがあるのです。

2015年からはさらに変わり、実務者研修を無資格で受講する場合には450時間以上研修をしなければいけませんから、今の時点で、介護職員基礎研修を終えておくということはこれからの資格取得をする際にとても役に立つのでそれがメリットと言えるでしょう。

これから介護の現場で働きたいと考えている人にとっては、必要不可欠でもある研修と言えるのでそれが自宅で学習できる通信講座はメリットとして大きいのです。

知って得する! 介護職員基礎研修通信講座のデメリット

デメリット

介護職員基礎研修の通信講座を受講するデメリットですが、通信講座全般に言えることなので、介護職員基礎研修に限ったことではありませんが、自分のペースで自宅で学習することは実はとても大変な学習方法だったりします。

なぜなら学校なら通えば身につきますが、とにかく自分でやらないことには学習が進まないからなのです。
計画やカリキュラムは立ててあるので、その通りに学習を進めればいいだけなのですが、それが意外と難しくもあったりするのです。

場合によってはやる気はあっても三日坊主で終わってしまったり、集中力を維持することができないまま挫折してしまうこともありますので、これは大きなデメリットと言ってもいいでしょう。

介護職員基礎研修は受講すればそれだけで勿論資格を取得することが可能ですが、とても大変で身に付ける知識も技術もとても沢山あるのです。
学校に行けば必ず学習が進むというメリットはありますが、通信講座はやらないと学習が進まないので、もしかすると期限内に終えられなくて、そのまま挫折して修了する可能性も高いでしょう。

自分のペースで学習をきちんとできる人ならいいですが、そうではなくて、計画的に学習を進めることができない人にとっては、学習を続けるのが困難なので、通信講座が向かないことになります。

介護職員基礎研修の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
「介護職員基礎研修」を修了した人はホームヘルパー2級や1級の資格保有者と同様に、訪問介護員として働いたり、指定訪問介護事業所で配置が義務付けられているサービス提供責任者の職に就くことができます。
ただしホームヘルパーの活躍の場が、要介護者の家庭、つまりあくまで訪問介護に限定されているのに対し、「介護職員基礎研修」修了者は在宅・施設問わず働くことができます。

今後、少子高齢化がさらに進展していく中で、確かな介護技術や幅広い活躍スタイルを持った介護職員に対するニーズは益々高まっていくことでしょう。

≪気になる将来は?≫
現在、介護の現場では「訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修」「介護職員基礎研修」「介護福祉士」の3つの資格・研修が混在している状態ですが、介護職員として就業できる資格は、将来的には「介護福祉士」に一本化される流れにあります。
その第一段階として平成24年度(2012年度)を目途に、現在のホームヘルパー1級は介護職員基礎研修に一元化される予定です。
ホームヘルパー2級に関しては当面残ることだけが決まっており、廃止される日時ははっきりしていません。

またホームヘルパー3級は平成21年(2009年)4月以降、介護報酬の算定要件対象から外れるため、3級の有資格者が就・転職の際に優遇されることはほぼなくなりそうです。