不況時代に重宝する医師事務作業補助者の資格

医師事務作業補助者

医師事務作業補助者の通信講座は、あまりまだ聞いたことがない資格かもしれません。

近頃は救急患者が救急車でたらいまわしになっていると言われていますが、病院で働いている医師不足もあったり、長時間労働についても問題視されている時代です。

医師が不足していることが原因でこれらが起きているのですが、病院で働いている医師の本当の仕事は医療行為を施すことですが、それ以外にも色々な仕事を抱えているのです。
例えばですが、診断書の作成や処方箋の作成もあるでしょうし、事務作業なども沢山あります。

医師が本来の仕事である医療行為をすることだけに専念できるようにするための資格が、医療事務作業補助者の資格と言ってもいいでしょう。
この資格は、言ってみれば医師が医療行為に専念できるようにするために、医師が作成している書類作成と言った事務的な作業を代理で行う、サポートしたりする仕事です。

これまで医師がしていた診断書の作成、処方箋の作成、検査予約等を医師の指示を受けて医師の代理として雑務を受けるのがこの仕事です。
通信講座では医師事務作業補助者の資格を取得するために必要なスキルと知識を身に付けます。

それによって医師は雑務負担が軽くなり医療行為に専念できるようになります。

実は知らない… 医師事務作業補助者通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

医師事務作業補助者の通信講座のメリットは、医療事務の資格の中で一番日本では最大規模の資格で1年間に実に6万人の人が資格取得のために受験しているとされています。
通信講座で医師事務作業補助者の資格を取得すれば、実務経験がなくても受験資格をもらえるケースもありますので、誰でもある意味受験可能になるメリットがあります。

自分の家で自宅にいながら標準の学習期間が5.5ヶ月程度なのでだいたい半年くらいで、医師事務作業補助技能認定試験を受けられる受験資格がもらえるのです。

仕事をしつつこの資格を取得したいと思っている人、子育てをしながら、介護をしながら、そして家事と両立させて資格取得を目指したいと思っている人にとって自宅で通信講座を受けて資格が取得できるのはとても大きなメリットと言えるでしょう。

仕事をしつつ学校に通うのはとても大変ですし、子供が小さいと預ける場所もありませんからなかなか資格のための学習を進めることができません。
ですが、家で資格を取るために学習を進められるのですから、この点が一番大きな医師事務作業補助者通信講座のメリットとなるでしょう。

サポート体制が整っている通信講座も豊富にあるので、サポート体制が整っているところを選べば質問にも答えてくれます。

知って得する! 医師事務作業補助者通信講座のデメリット

デメリット

医師事務作業補助者通信講座のデメリットですが、今需要がとても高いと言われている資格なので取得したいと思っている人もとても多いでしょう。
自宅でも手軽に学習を進めることができる通信講座は、とても重宝するとは思います。

ですが、医師事務作業補助者の通信講座に限ったことでは在りませんが、自分のペースで資格を取るために学習をするのは思っている以上に大変です。
メリットでもありデメリットにもなるのです。
誰でも自分で計画を立てたとおりに進められるような性格、タイプだったらいいですが、人によっては三日坊主でなんでも長続きしない性格の人やタイプの人もいますよね。

続けたいと思っていてもなかなか忙しくて続けられない人もいれば、続ける時間はあっても意志が続かなくて3日坊主になって終了してしまう人も多いのです。
学校に通って医師事務作業補助者の通信講座を受けていればスムーズに資格取得ができたのに、家で通信講座を受けたために挫折してしまうデメリットもあるのです。

通信講座で自分で自宅で学習をするということは、とても意志が強い人でなければ続けられないデメリットがありますので、その点はしっかりと頭に入れておいたほうがいいでしょう。

医師事務作業補助者の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
勤務医の事務作業補助の仕事だけに、活躍の場となるのは医療機関。
2008年より医師事務作業補助者の配置が診療報酬に盛り込まれたことで、注目度がアップしている職種です。

また勤務医の負担軽減、そして医療現場の質の向上にもつながるとして、今後の活躍が期待されています。
雇用形態は、常勤の他、パートや派遣なども多く見られます。医療事務同様、結婚・出産後も復帰しやすい女性の職業としても注目されています。

≪こんな人が向いています≫
各種書類を作成するためのOAスキル、医学や薬学に関する基礎知識は最低限必要です。
また診療報酬についても熟知していなければいけません。

関連資格としては、医師事務作業補助技能認定資格(2009年3月より実施)、医療事務や医療秘書などがあり、これらを取得していることで、知識とスキルを身につけていることを証明できます。
また円滑な業務を遂行するためには、コミュニケーションと気配りのできる人でなければなりません。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

医療業界待望の医師事務作業補助業務資格誕生【認定医師秘書TM(医師事務作業補助者)DVD付コース】
費用 【入学金】0円
【受講料】68,000円(総額制・税込)
【その他】※月々5,000円~(初回のみ5,140円)の分割払い可能!
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト7冊・添削レポート・学習の進め方・DVD16枚ほか
対象 初心者歓迎!医療機関にご興味ある方
目指せる資格 内閣府認証設立 医療福祉情報実務能力協会
認定医師秘書TM試験(医師事務作業補助者実務能力認定試験)