不況時代に重宝する介護福祉士の資格

介護福祉士

介護福祉士の通信講座は介護福祉士として専門的な知識や技術を身に付けるための通信講座です。
介護福祉士とは、専門的知識、そして技術を持っている人が、認知症は、寝たきりの老人のお世話をするのがメインの仕事です。
認知症や寝たきりの人、障害を持っている人が日常生活を過ごすために快適に過ごせて、そして支障がなく過ごせることをサポートする、介護するのが仕事です。

お風呂、食事の手伝い、排泄の介護などが主な仕事です。
本人以外にも介護をする人や家族にも介護に関わっている色々なアドバイスをしていくのも、介護福祉士の仕事なのです。
介護福祉士は国家資格の一つです。

国家資格ですから国家試験を受験して合格しなければ取得で着ないのです。

介護福祉士になるためには、通常、専門の養成学校を卒業すれば卒業と同時に資格取得がで来ます。
そして国家試験に合格をすれば、資格がもらえます。

介護福祉士になろうとおもったら社会福祉施設で2年以上実務経験をしなければいけませんし実務経験は3年以上なので、今働いている人は経験を活かして通信講座で資格取得に向けた学習を自宅で仕事と両立して勧められるのです。

取得後は社会福祉施設で現在働いている人は資格手当がつくこともあります。

実は知らない… 介護福祉士通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

介護福祉士の通信講座を受けるメリットは、実務経験さえあったら学校に通うことなく資格試験を受けることができることにあります。

ですから誰でも介護福祉士になれるのです。

介護福祉士になるためには普通は養成学校を卒業していなければいけないのですが、通信講座で勉強をしていれば介護福祉士の国家試験を受験可能なのです。

通常学校で学ぶ予定の知識や技術も自宅で自分のペースで学習して見につけられるので、家にいて学習ができるメリットが在ります。
子供が小さくて今は学校に通えない人でも、実務経験を積んで、がう集を通信講座で行うことで介護福祉士の国家試験が受験可能であるメリットがあるのです。

介護福祉士の通信講座を受けるメリットは自分のペースで、働きながらでも、家庭や子育てをしながらでも、学習できるところにありますから、学校にいかずに受験にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

誰もが通信講座を受ければ介護福祉士として必要な知識も技術も身につけられていいでしょう。

資格取得においても自分の都合のいい時間を選んでできるというのはとても学習し安井環境です。

費用も学校に通うことを考えると安く済みますのでその点もメリットと言えるでしょう。

知って得する! 介護福祉士通信講座のデメリット

デメリット

介護福祉士の通信講座を受けるデメリットは、自分のペースで学習することができるので、とてもメリットとして高いですが、其れは人によってはデメリットになることもあるのです。

なぜなら自分のペースで何事も成し遂げることができる性格の人ならいいのですがそれが難しい人もいます。

計画的に何かを進めることが基本的にできない人は介護福祉士の通信講座をはじめても三日坊主で終わってしまったり、継続させることが難しいこともあります。

計画的に進められる性格の人にはむいていますが、そうではない人にとっては、通信講座で学習をするのはとても大変なことなのかもしれません。

介護福祉士の通信講座は受講したらそれだけで資格取得可能というわけではありません。

資格を取得するためには、国家資格を受験するための知識と技術をみにつけなければいけないのです。

学校に通えば卒業と同時で資格取得ができますが、通信講座は学習をしたとしてもそれで資格取得ができるわけではないことがデメリットでしょう。

その後国家試験を受けて合格をしなければ資格取得には繋がらないのです。

自分のペースで学習が進められる人、得意な人はいいかもしれませんが、できない性格の人にとっては向かない学習方法です。

介護福祉士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
公立・私立の老人ホーム、身体障害者施設などで寮母や介護職員として働いたり、市区役所やリハビリーテーションセンターなどで働くケースが一般的です。

最近では老人病院などの医療機関や民間のケアつきマンションで働いたり、介護の必要な家庭を訪問してケアするホームヘルパーとして活躍する人も増えてきています。
また、専門知識を活かし、在宅介護支援センターの職員として介護者の家族からの相談にのる場合もあります。

≪こんな人が向いています≫
直接人と接し、介護する仕事ですから、相手を思いやる心が大切です。
訪問介護や施設でも夜勤があるケースも多いため、体力も必要な仕事ですが、本当に人の役に立ちたいという使命感のある人には大きなやりがいを感じる仕事と言えるでしょう。

現在すでに介護施設などで働いている人でも、スキルアップのために、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

忙しい受験者の一発合格を徹底サポート!【介護福祉士受験対策講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】38,700円(総額制・税込)
【その他】分割・各種割引あり
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト3冊/重要用語ハンドブック/演習問題集3冊/全国統一模試1回分/学習の道しるべ他
対象 キャリアアップを図りたい方など(※国家試験受験には条件があります)
目指せる資格 ※介護福祉士(試験合格)
初学者でもどんどん合格☆【ユーキャンの介護福祉士講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】49,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々3,800円×13回)
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト6冊、ガイドブック、合格ナビ、合格BOOK、チェック&ドリル、実力アップ問題集、用語集、実技試験対策問題集、実技試験対策DVD2巻、その他(添削質問関係書類など)
対象 試験合格を目指す方に。(※受験資格あり)
目指せる資格 介護福祉士
ゼロからの学習でも合格できる!【介護福祉士受験対策講座 資料コース】
費用 【入学金】0円
【受講料】49,800円(総額制・税込)
標準期間 約6ヶ月
送付物 「テキスト」「個別問題集」「学習ガイド」「学習ナビ」16回「総合問題」10回「直前模試」6回「厳選1000問」等
対象 介護福祉士試験受験予定者
目指せる資格 介護福祉士