不況時代に重宝する社会福祉士の資格

社会福祉士

社会福祉士の通信講座では社会福祉士の国家試験を受験する人のために、対策学習ができるのが特徴です。

社会福祉士の通信講座は、学習が修了したのと同時に社会福祉士国家試験を受験する資格を種痘することが出来ます。

社会福祉士の国家資格を受験するに当たって独学でも学習することはできますが、それは並大抵の学習方法ではありません。

国家試験ですからとても難しく安易に合格できるものではありませんが、通信講座でしっかりと国家試験対策のための知識などを身に付けておけば、合格する確率はかなり高まると言えるでしょう。
国家試験対策としてのノウハウがしっかりと詰まっている通信講座を選べば、合格へ近道になります。

社会福祉士は、福祉の分野における日本発の国家試験で昭和62年につくられました。

普段の生活で体や精神障害に直面している人、その家族が、安心して普段の生活をすごすことができるように、心の面も、社会的な面でも、援助してあげられるように、相談や支援をしているのが仕事です。

社会福祉士は介護福祉士とは違い、直接介護にはあたりません。
精神面環境面からバックアップするのが仕事で、専門性がとても高い仕事なので、通信講座で学んで受験に合格をすれば就職にも大いに役立ちます。

実は知らない… 社会福祉士通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

社会福祉士の通信教育を受ければ、学校に通うことなく、自分で資格試験を受験することができるというメリットがあります。

通常学校に入学をして学校で学んでから出なければ社会福祉士になれないですが、誰でも社会福祉士になれる条件を手にすることができるわけです。

社会福祉士になるために通信教育で学習をする場合は自分のペースを乱すことなく、今の生活スタイルに少し学習時間をプラスするだけで学習することができるので、とても便利です。

子供がいる、家事や介護をしなければいけないという人であっても、学校に通えない人であっても、仕事を現在している人であっても、通信教育なら自宅で空いた時間を利用して自分のペースで学習を進めていけるのでメリットとして大きいでしょう。

自分のペースで働きながらでも学習できることは一番のメリットですが、それ以外にも、通学に比べると学習にかかる費用がかなり安く、場合によっては半額程度ですむというメリットもあるのです。

自分の都合で学習が進められる上に、費用も安いということですからこれはかなり嬉しいメリットと言えるでしょう。

しっかり学習を計画的に行えば、学校に通うよりも早いペースでの資格取得も可能です。

知って得する! 社会福祉士通信教育のデメリット

デメリット

社会福祉士の通信教育を受けるデメリットですが、なんといっても自分で学習を進めなければいけないことは人によってはデメリットと言えるでしょう。

自分のペースで出来るのは、とてもメリットと言ってもいいことですが、人によってはデメリットとなりえることなのです。

子供の頃夏休みの宿題は計画通りに出来たタイプでしたか?

後になって夏休み終了間際になって慌てたりしませんでしたか?

もし慌てたりしているタイプなのでしたらもしかすると通信教育で社会福祉士の学習をするのはむいていないタイプかもしれません。

計画的にちゃんとやり遂げられる性格の人にとっては、メリットとなる学習方法ですが、それが出来ない人にとってはデメリットとなる学習方法なのです。

計画的に進めること全般に苦手な人、3日坊主で長続きさせられない人もいるでしょう。

学校に通って学習すれば学校に行くだけで教えてもらえるので進みますが、自分で学習をしなければいけない社会福祉士の通信教育は強い意思をよっぽど持っている人でない限りは大変な学習方法になるのです。

社会福祉士の通信教育、これは受講して終了すれば自動で資格取得ができるタイプではなくて、国家資格を受験するために必要な条件を取得できるだけなのでその後合格しなければいけないのです。

社会福祉士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
社会福祉施設、社会福祉協議会、児童相談所、保健所などが主な活躍の場。
総合病院や大学病院などの医療機関で医療ソーシャルワーカーとして勤務するケースもあります。

高齢者福祉施設や障害者施設では、生活指導員として活動したり、児童養護施設や母子生活支援施設などで、働く社会福祉士も少なくありません。
これからの高齢化社会に向けて、活躍の場はますます増えていくでしょう。

≪こんな人が向いています≫
社会福祉士は、患者や家族の医療費の問題や社会復帰への不安など、精神面、経済面に関する相談にのり問題を解決する心の医師。ですから、社会福祉士を目指す人には思いやりや優しさが必要不可欠です。
また、患者一人ひとりにあわせて、その人に最適な介護方法などを探していかなければなりませんので、自分の意見に凝り固まらずに、素直に人の意見に耳を傾け、常に前向きに考えられる人におすすめです。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

効率的に合格へ!
自宅・通勤中に試験対策! 【社会福祉士講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】59,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々4,980円×12回)
標準期間 約7ヶ月
送付物 テキスト5冊、チェック&ドリル2冊、年表と用語集、社会福祉士国家試験問題集、ガイドブック、合格BOOK、その他(添削・質問関係書類など)
対象 試験合格を目指す方に。(※受験資格あり)
目指せる資格 社会福祉士
最短1年!東京で学ぶソーシャルワーク。卒業時に社会福祉士(受験資格)を取得!
武蔵野大学社会福祉専攻(4年次入学)
費用 【入学金】60,000円
【受講料】130,000円(総額制・税込)
【その他】入学金には編入料30,000円を含む。補助教材費10,000円
 ※受講料、教材費は年額となります。ただし、スクーリング受講料、実習登録費、実習委託費は別途納入。
標準期間 約12ヶ月
送付物 詳しくはお問い合わせ下さい。
対象 次のいずれかを満たす方
・4年制大学を卒業した者、または平成24年3月卒業見込みの者で、かつ介護福祉士の資格を平成23 年までに取得した者
・4年制大学を卒業した者、または平成24年3月卒業見込みの者で、かつ出願時に相談援助業務の実務経験が1年以上ある者
他も条件あり、お問い合わせください
目指せる資格 社会福祉士(受験資格)
学士(人間学)
卒業と同時に社会福祉士受験資格が取得できる! 【社会福祉学科】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】190,100円(総額制・税込)
【その他】※190,100円は初年度納入金額になります。入学金は受講料に含まれます。
他諸費用あり。詳細は募集要項参照。
標準期間 約48ヶ月
送付物 安心して学習できるよう、学習指導書を組み込んだ「オリジナル教科書」や「聖徳通信」(月1回)を送付
対象 第21、22回社会福祉士国家試験合格率が通信制大学の中で2年連続第1位。
福祉のプロを目指す方にお勧めの学科です。
目指せる資格 社会福祉士受験資格、精神保健福祉士受験資格、社会福祉学学士、養護教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状(福祉)、社会福祉主事任用資格、訪問介護員(ホームヘルパー)2級、図書館司書、学芸員