不況時代に重宝するベビーシッターの資格

ベビーシッター

ベビーシッターの通信講座ではベビーシッターになるための知識や技術を身につけるための資格を取得するための学習をします。

ベビーシッターになるためには昔は特に資格を持つ必要はないとされていましたが、女性が社会進出をしたり、共働きになったりする課程が増えたことで、ベビーシッターは、一定の水準以上の能力を保証することを求める要望が増えて、ベビーシッターの信頼性や能力水準のアップを目的にして、2002年から資格制度が作られたのです。

通信講座で一定の条件を満たした知識や技術を身につけるベビーシッターは、プロとして認定ベビーシッターになることができるようになりました。

厚生労働省認可の公益法人、全国の大手ベビーシッター会社が加盟している社団法人全国ベビーシッター協会では、受験資格もあり、18歳以上でベビーシッター協会が主催している2つの研修を終了していて、なおかつ一定の条件のシッター実務経験があることの3点をクリアしていなければいけません。

ベビーシッターに成りたいと思っている人は通信講座で学習することで、これらの条件をクリアすることができます。

共働きを余儀なくされる家庭はこれからも増えていくと考えられますのせ、ベビーシッターとして活躍したいと思う人が通信講座を受けるケースが増えています。

実は知らない… ベビーシッター通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

ベビーシッターの通信講座のメリットですが、通信講座を受けることによってプロのベビーシッターの資格を取得することが出来ます。

ベビーシッターになるために必要な子供の特徴や心理、接し方や病気などさまざまなことを通信講座を通じて学ぶことができるのです。
通信講座ですから学校に通う必要はなく、今子育て中の人でも、自分のお子さんの成長と重ね合わせながら家で学習を進められるメリットがあります。

自分の子育ての知識やノウハウが、そのままベビーシッターになってからも活かされますから、今は自分の子育てが忙しいけど、将来ベビーシッターとして活躍したいと思っている人は、ベビーシッターの資格を取得しておけば、すぐに就職活動をはじめることができるメリットもあるのです。

自宅で学習を進められますので、仕事や家事、子育てとの両立も可能ですし、それだけでなく、自分のペースで学習をすることができることにメリットがあるでしょう。
空いた時間を利用して学習をすることができて、修了したらベビーシッターとしての資格を取得することができるのでとてもスムーズな資格取得です。

今保育の需要はとても増えており、共働きや働くお母さんが増えていますが、保育園に入ることが出来ない待機児童も多いので、ベビーシッターは不足しているのが現状ですからこれからもっとニーズは増えて行くでしょう。

知って得する! ベビーシッター通信講座のデメリット

デメリット

ベビーシッターの通信講座を受けるデメリットですが、まず保育士の資格ではありませんので、保育園への就職はできません。
ですからベビーシッターを募集しているところへ応募することになりますが、保育士が勤める保育園に比べるととても募集数は少ないのが現状です。
ですから場合によってはベビーシッターの資格を通信講座で取得したところで、すぐに働くことができるかどうかはわからないというデメリットがあります。

また学習方法についてですが、通信講座という特性上、自分で最終的には、学習を進めなければいけないのです。
カリキュラムも計画も通信講座の会社が決めてくれていますが、それは決まっているだけで最終的に学習をするかしないかは、自分にゆだねられています。

今までに何をやっても3日坊主だった人や、長続きさせることが難しい性格の人は、とくに、通信講座でのベビーシッターの学習はむかないというデメリットもあるのです。

こつこつ毎日時間を作って学習しなければ進みません。

空いた時間を使えばできるとはいっても、それは空いた時間を作らなければ学習はすすまないでしょう。
手軽にはじめられますが、その分きちんと計画を立てて進めなければいけないデメリットがあることを覚えておきましょう。

ベビーシッターの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
ベビーシッター派遣会社に登録して個人宅での保育、自宅で子どもを預かる保育ママ、と活躍のスタイルはさまざま。
シッターをメインに働く以外にも、学業や主婦業の空き時間を見つけてアルバイト感覚で働いたり、本業とシッターのかけもちで仕事をしたりと、働く日数や時間は自分のライフスタイルにあわせやすいのも魅力。

最近はレストランやホテル、デパートなどでもベビーシッターのニーズがあるため、活躍の場はますます広がっています。

≪こんな人が向いています≫
第一条件は「子供が大好き」ということ。
この気持ちこそが、シッターにとって一番大切です。

シッターを目指す上で、経験や年齢はあまり関係ありません。
たとえ育児未経験の方でも、専門講座でしっかりとスキルを身につければ、立派にプロとして働けます。
自分の子どもを育てた経験よりも、正しい育児の知識や「ベビーシッターとは何か?」という考え方を身につけていることが大切になります。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

■■JADP認定資格講座■■ ベビーシッター資格取得講座〈7〉★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!★★
費用 【入学金】0円
【受講料】47,000円(税込)(総額制)
【その他】※分割払いあり 2,250円X24回(※各種クレジットカードによる支払可)
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト3冊、DVD4巻(講義・実技)、添削問題集1冊
※講座を申し込んだ方に限り、DVDプレイヤーを特別プライスで提供
対象 「子どもの好きな方」
「子どもと接する仕事をている方、興味をお持ちの方」
「ベビーシッターになりたい方」
目指せる資格 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定
「ベビーシッター資格」
「子どもが好き」を仕事にする! ベビーシッター講座 通信コース
費用 【入学金】0円
【受講料】49,350円(総額制・税込)
【その他】分割・各種割引あり
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト3冊/シッティングスタディブック1冊/実技・実習DVDビデオ/うたとおはなしCD/学習ガイドブック/就業ガイドブック
対象 初心者歓迎
子どもが好きな方、やりがいのある仕事にチャレンジしたい方、育児に役立てたい方等。
目指せる資格 ベビーシッター講座の修了認定証書