不況時代に重宝する登録販売者の資格

登録販売者

登録販売者の通信講座は今とても人気がある通信講座でもあります。

登録販売者はそもそも2009年からスタートしたまだ新しい資格の一つです。

この登録販売者の資格は、薬剤師、医薬品のプロと一緒でドラッグストア、薬局などで活躍できる資格でもあります。

一般の医薬品の販売をするに当たっては薬事法という名前の法律が決められているのです。

2009年に薬事法改正が行われたことによって医薬品販売制度も様変わりしています。

薬剤師がいる薬局やそれ以外のドラッグストアでも一部の医薬品が販売されるようになったのです。

そして一般の医薬品の販売をする担当者として登録販売者の資格が作られました。

薬剤師との違いは、処方箋を見て薬の調剤ができるかできないかにあり、また、第一類医薬品の販売が可能かどうかが違っています。

独立開業も可能で勤務先によって資格手当てなどもつきますので、持っていると役に立つ資格です。

元々ドラッグストアや薬局で働いていた人が通信講座で登録販売士の資格を取得するケースがとても増えており取得によって時給がアップしたりします。

またこれからも登録販売者資格保持者の需要は高まるとされているので、とても魅力的な資格と言えるでしょう。

実は知らない… 登録販売者通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

登録販売者の通信講座を受けるメリットですが、通信講座という特性上、自宅で自分のペースで学習することができるので、仕事をしている人は仕事の合間にもまた家事や子育ての合間にも、学習をすることができるメリットも在ります。

働きながら学習するときに通学では時間がなかなか確保できない人の方が圧倒的に大井のですが、通信講座なら学習をあきらめることなく自分のペースによって自分の都合のいい時間帯に学習を進められるメリットがあります。

また最近は家庭に結婚して入ってからでも、通信講座を受ける人も増えており、子供が小さく、今は働きに出られない人でも、将来のために通信講座で学習したいと思っている人もとても多いのです。

通信講座ならお子さんが小さくて家にいたとしても勉強できるメリットがあります。

それ以外にもお年寄りの介護をしているために家にいなければいけない人でも、自宅で介護と両立させながら登録販売者の資格取得を目指せるのも通信講座のメリットと言えるでしょう。

これからもっともっと登録販売者の資格を持っている人のニーズは高まると予想されていますので、自宅学習で自分のペースで資格取得できるのはとてもメリットとしては高いでしょう。

知って得する! 登録販売者通信講座のデメリット

デメリット

登録販売者の通信講座を受けるデメリットについてですが、自宅で自分の空いた時間を利用して自分のペースで学習ができるのは、とてもメリットとして大きいですが、反対に言えば、自分のペースを必ず守って、計画的にやらなければいけませんし、途中で挫折したり断念したりする可能性が高いのが通信講座を受けるデメリットです。

計画やカリキュラムは最初から立てられていますが、その通りに進められるかどうかは最終的には自分にかかっています。
登録販売者の通信講座に限ったことではありませんが、強い意志をもっていなければ、いけないのです。
自分のペースで学習をすることはとてもいいように聞こえますが、実は通学で登録販売者の資格を取得するよりもとても大変なのです。

常にモチベーションを一定にもっていなければ続けることはできません。
登録販売者の資格を通信講座でこれから受けようと検討しているのなら、三日坊主にはならないと自信を持っている人や計画的に何でも進められる性格の人でないと難しいでしょう。

なかなか学習と家庭や仕事の両立は思った以上に大変で続けられる人の方が少ないというデメリットがあるので性格的に自分のペースを守り学習できるなら受けましょう。

登録販売者の資格を取得すると…

≪資格・スキルの活かし方≫
今までドラッグストアや薬店では、薬剤師がいないと一般用医薬品の販売ができませんでしたが、2009年以降は登録販売者がいれば一般用医薬品が販売できるようになります。
現在、ドラッグストアなどに勤めている人がこの資格をとれば、大きなキャリアアップにつながるでしょう。

また登録販売者を取得すれば、これまで薬剤師か薬種商しかできなかった薬店の開業も可能となるため、独立開業を考えている人にもおすすめの資格です。

≪気になる将来は?≫
現在、薬局・薬店や一部のドラッグストアなど薬を扱う店舗には薬剤師が常駐することになっていますが、残念ながら、十分な数の薬剤師がいるとは言えない状況です。
また2006年から薬学教育が6年制となったことも影響し、薬剤師の不足は今後ますます深刻になってきています。

このような厳しい状況はしばらく続くと予想されるため、登録販売者の活躍の場は広がっていくことでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

たった3ヶ月の学習期間でしっかり理解できる受験対策講座
登録販売者合格講座
費用 【入学金】0円
【受講料】35,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約3ヶ月
送付物 ・講義DVD 3枚
・講義レジュメ
・試験対策テキスト
・合格サポートナビ
・略語・用語集
・学習ガイド/質問票/返信用封筒
[ 添削レポート:3回 ]
対象 登録販売者試験は受験資格があります。まずは受験資格の有無をチェックしましょう。
<受験資格一例>
①高卒以上かつ1年間の実務経験がある方
②4年間の実務経験がある方
③6年制薬学部または旧4年制薬学部などの卒業者
など
目指せる資格 登録販売者試験
(公的資格)
【今だけ!1万円割引実施中】合格できなければ全額返金!「薬」のスペシャリストとして医療業界で活躍
(医薬品)登録販売者 合格指導講座〈3〉
費用 【入学金】0円 【受講料】37,000円(税込)(総額制) 【その他】※キャンペーン期間限定価格。通常価格47,000円 ※分割払いあり
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト5冊、DVD5巻(講義)、添削問題1冊、練習問題1冊 ※講座申込者に限り、DVDプレイヤーを特別価格で提供
対象 「知識ゼロという初心者でも大丈夫」「全国どちらでも受講可能」
目指せる資格 登録販売者