不況時代に重宝するケアクラークの資格

ケアクラーク

ケアクラークの通信講座ではケアクラークになるための知識を身につけることができます。

ケアクラークとは、2000年4月から新たにはじまった介護保険制度をスムーズに運用して行くために介護保険事務の仕事を請け負うのが仕事です。

介護保険事務も種類は色々とありますが、ケアクラークは、具体的にはヘルパーさんやケアマネージャーさんが、介護のサービス費用の請求をする際に、こうした費用の請求をする事務処理の代理をするのが介護保険事務のケアクラークの仕事なのです。

今ケアクラークは、介護の仕事の需要が高まっているのでケアクラークの仕事の重要性も需要も高まっているのが特徴です。

難易度的にはそれほど高くなく、最短で通信講座なら、1ヶ月半から2ヶ月で、資格取得ができますし、普通で4ヶ月から半年もあれば、取得可能です。

注目の資格ですし需要も高く、また働ける場所も沢山ありますので、ケアクラークの通信講座を受ける人はとても増えています。

とくに主婦や女性からの申込みがとても多く、通信講座を仕事や、家事、育児の傍らに行っている人はとても多いのです。

これからまだまだ介護業界はニーズが高まると予想されますので、資格取得を目指しておくと良いでしょう。

実は知らない… ケアクラーク通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

通信講座でケアクラークの資格を目指すメリットはこれから介護業界はまだまだ人材が不足していくと予想されますので、人材の確保が必要になってくるでしょう。
ですからケアクラークの通信講座で資格を取得しておけば就職や転職、キャリアアップにも有利に働くのです。

ケアクラークの通信講座では費用が通学コースに比べると安いのがメリットとしてあげられます。
また通学と比べても時間の拘束がありませんので、自分の都合のいい時間を使って仕事と両立をさせたり、家庭や子育てと両立させて資格取得をすること藻で着ます。

ケアクラークの通信講座は普通にカリキュラムどおりに学習を進めていれば、4-5ヶ月くらいで学習が終わるようになっています。

通学に比べると空いた時間で学習をすることができますので、生活スタイルを変えることがないメリットもあります。
現在介護事務系の仕事についている人にとっては、ケアクラークの資格を取得しておくことはキャリアアップにもつながりますし、場所によっては資格手当てがつくこともありますので、メリットとして大きいでしょう。

受験資格はないので、誰でもチャレンジできますから、将来働きたいと思っている人は、通信講座で空き時間を使って学習できるメリットがあるのです。

知って得する! ケアクラーク通信講座のデメリット

デメリット

ケアクラークの通信講座を受けるデメリットですが、これはケアクラークに限ったことではありませんが、通信講座なので、自分で学習を進めなければ通学コースと比べると学習が全く進みません。

頑張って通学すれば学習が進むのと違って全ては自分のやる気の問題ということになるので、その点はかなりキビシイと言ってもいいでしょう。
自分で学習を進めていけるよほどの強い意思や計画性を持っている人でなければ、挫折するメリットも高まりますので、それがデメリットと言えるでしょう。

人によっては通学コースにしておけば挫折することもなかったのにと、後で後悔をしているケースもあるのです。
ですからケアクラークの資格取得を目指すのであれば、絶対に最後までしっかりと資格取得を目指すのだという強い医師をもっておかなくてはいけないでしょう。

また通信講座で時間の拘束がないとはいえ、空いた時間に片手間にできるほど簡単な仕事ではありません。
空いた時間に出来るというよりも、空いた時間を作らないと学習はできないといってもいいでしょう。

ですからきちんと毎日の生活の中で三日坊主にならないためにも、計画を立てて進める自信がある人だけが通信講座を選んだほうがいいでしょう。

ケアクラークの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
介護保険が適用される在宅介護サービス事業者や介護保険委託事業者、老人保険施設、各種病院などが主な活躍の場。
介護保険処理のコンピューターシステムを作成するソフト会社などで働くこともあります。

ホームヘルパーなどと違い事務所の中で働くため、確かな知識を身につければ誰にでも手軽に始められることも魅力です。
全国の在宅介護サービス事業者の数は、現在20万を超え、介護保険事務のスキルを持った人材の活躍の場は大きく広がっています。

≪こんな人が向いています≫
請求業務のため、スピードと正確が求められます。
また、介護保険事務は、他の医療・福祉系資格にプラスすることで、活躍の範囲を大きく広げられる資格です。

例えば、ホームヘルパーにプラスすれば、ケアと事務、両方の知識を持った人材として重宝されますし、医療事務にプラスすれば、介護保険を導入した病院への強いアピールになります。
高齢社会が進み、介護サービスの充実が求められるなか、介護事務のニーズはこれからますます高まっていくでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【介護保険請求事務講座】 介護事務コンピュータも学べる!講座修了時には、「介護事務実務士」の資格が取れる!
費用 【入学金】0円
【受講料】34,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払

≪支払方法≫[一括・分割]クレジット/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払い/代金引換払い

標準期間 約4ヶ月
送付物 ・介護報酬基本テキスト
・介護報酬サービスコード
・介護保険演習問題集/解答解説集
・介護報酬請求事務ソフトCD-ROM
・実力診断テスト
・学習ガイド/質問票/返信用封筒
[ 添削:5回 ]
対象 初心者のかたにも安心して学習していただけます
目指せる資格 介護事務実務士(R)
(※内閣府認証設立法人医療福祉情報実務能力協会認定)
「介護事務通信講座」
費用 【入学金】0円
【受講料】45,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込・クレジット可
標準期間 約2ヶ月
送付物 介護事務講座テキスト、介護給付費単位数サービスコード表、練習問題集、レセプトセット
対象 初心者
目指せる資格 介護報酬請求事務技能検定試験
介護事務講座+介護コンピュータ通信講座
費用 【入学金】0円
【受講料】64,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込・クレジット可
標準期間 約2ヶ月
送付物 介護事務講座テキスト、介護給付費単位数サービスコード表、練習問題集、レセプトセット、介護保険演習問題集(コンピュータ講座用)、CD-ROM
対象 初心者
目指せる資格 介護報酬請求事務技能検定試験