不況時代に重宝する介護事務の資格

介護事務

介護事務の通信講座は、介護保険事務ともいわれている通信講座です。

高齢化社会が進んでいる今の日本では、これから介護関係の保険事務作業はどんどんニーズが高くなると考えられていますから、介護事務ができる人材は引く手あまたとも考えられます。

介護事務は、その名のとおり介護保険事務ができる人材のことです。

介護事務のスキルや知識を身に付けるだめには学校へ通うか、それとも通信講座を受けるかどちらか選ぶことができますが、通信講座なら自分の好きな時間に学習を進められるので重宝されてます。

介護事務の資格は民間の資格ですが、介護保険事務の業務をする際にはこの知識とスキルがなければ計算していくことができません。

独学や通学でも知識を身に付けることは出きるのですが、やはり自分の家で自分のペースで学習できるということはとてもいいことです。

主婦や将来医療事務系の仕事に転職をしようと検討している人が、家事や仕事の合間、子育ての合間の時間を利用して学習しているケースがとても目立っています。

講座によっては、実際の業務の演習ができるところもあるので、前もって演習しておけば、将来就職したときもすぐに即戦力として働くことができるでしょう。

実は知らない… 介護事務通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

介護事務の通信講座のメリットは、介護業界はこれから高齢化社会がどんどん進んでいきますからニーズが高いことにあります。

介護事務が必要な場所、そして活躍できる場所はさらに増えると言われているので、通信講座で身に付けたものを活かせる場所は沢山あるメリットがあります。

介護事務の仕事ができるように知識や技術を身に付けるためにも、介護事務の資格を通信講座で取っておくことはとてもいいことなのです。

ですが介護事務の資格は1種類ではないのです。

例えばケアクラークも介護事務管理士も介護事務実務氏、そして介護保険事務氏、介護保険事務管理士、介護事務管理専門秘書検定資格など実に様々な資格があるのです。

こうした資格取得は、学校でも取得できるかもしれませんが通信講座だったら仕事や家庭との両立も可能なのです。

そして自分が都合が良いと思った時間帯に合わせて勉強できるのもメリットです。

介護事務の通信講座は色々な会社で、様々な種類の資格が現在存在しているので自分が取得したいと思っているものを選んで受けられるというメリットもあります。

子育てがひと段落してから仕事をしたいと考えている人にとっても、空いた時間を利用して学習できることが最大のメリットです。

知って得する! 介護事務通信講座のデメリット

デメリット

介護事務の通信講座のデメリットですが、まず、この介護事務、検索をしたり資料請求をしたりすれば分かると思いますが、今様々な通信講座の会社が、様々な講座を行っているために種類が多すぎるというデメリットがあります。

受けようと思ってもどの講座を選ぶのが一番いいのかそれがわからないのです。

そしてサポート体制や添削システムなどについてもそれぞれの通信講座の会社によって違いがありますのでこれもデメリットの一つといえるでしょう。

自分の都合が良い時間、空いた時間を利用して自分のペースで学習をすることができるのはとても良いメリットと言えるかもしれませんが、実際にはこれはメリットでもありデメリットでもあることを知っているでしょうか。

なぜなら自分のペースでもきちんと計画を立てて続けていけるならいいですが、きちんと計画が立っていても続けられない人も多いのです。

ですから通信講座で受けると通学よりも時間がかかったり、場合によっては、学習が進まずに、途中で挫折する人も多くいるとされてます。

なので通信講座で学習することは人によっては、その人の性格によっては、合わないかもしれませんからよく考えた上で選んだほうがいいでしょう。

介護事務の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
介護保険が適用される在宅介護サービス事業者や介護保険委託事業者、老人保険施設、各種病院などが主な活躍の場。
介護保険処理のコンピューターシステムを作成するソフト会社などで働くこともあります。

ホームヘルパーなどと違い事務所の中で働くため、確かな知識を身につければ誰にでも手軽に始められることも魅力です。
全国の在宅介護サービス事業者の数は、現在20万を超え、介護保険事務のスキルを持った人材の活躍の場は大きく広がっています。

≪こんな人が向いています≫
請求業務のため、スピードと正確が求められます。
また、介護保険事務は、他の医療・福祉系資格にプラスすることで、活躍の範囲を大きく広げられる資格です。

例えば、ホームヘルパーにプラスすれば、ケアと事務、両方の知識を持った人材として重宝されますし、医療事務にプラスすれば、介護保険を導入した病院への強いアピールになります。
高齢社会が進み、介護サービスの充実が求められるなか、介護事務のニーズはこれからますます高まっていくでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【介護保険請求事務講座】 介護事務コンピュータも学べる!講座修了時には、「介護事務実務士」の資格が取れる!
費用 【入学金】0円
【受講料】34,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払

≪支払方法≫[一括・分割]クレジット/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払い/代金引換払い

標準期間 約4ヶ月
送付物 ・介護報酬基本テキスト
・介護報酬サービスコード
・介護保険演習問題集/解答解説集
・介護報酬請求事務ソフトCD-ROM
・実力診断テスト
・学習ガイド/質問票/返信用封筒
[ 添削:5回 ]
対象 初心者のかたにも安心して学習していただけます
目指せる資格 介護事務実務士(R)
(※内閣府認証設立法人医療福祉情報実務能力協会認定)
「介護事務通信講座」
費用 【入学金】0円
【受講料】45,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込・クレジット可
標準期間 約2ヶ月
送付物 介護事務講座テキスト、介護給付費単位数サービスコード表、練習問題集、レセプトセット
対象 初心者
目指せる資格 介護報酬請求事務技能検定試験
介護事務講座+介護コンピュータ通信講座
費用 【入学金】0円
【受講料】64,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込・クレジット可
標準期間 約2ヶ月
送付物 介護事務講座テキスト、介護給付費単位数サービスコード表、練習問題集、レセプトセット、介護保険演習問題集(コンピュータ講座用)、CD-ROM
対象 初心者
目指せる資格 介護報酬請求事務技能検定試験