不況時代に重宝する調剤事務の資格

調剤事務

調剤事務の通信講座は、調剤報酬請求事務の知識やスキルを身に付けるための通信講座です。
今は医薬分業によって診療事務、そして薬の調剤業務が分けて考えられていて、院外処方箋の発行枚数もとても増えているのです。

調剤薬局事務は保険薬局において、処方箋に基づいて薬を調剤してから調剤報酬明細を作って、調剤報酬を請求するための事務作業のプロという位置づけです。
医療事務と並んで通信講座の中でも、今とても人気がある通信講座でもあります。

医療事務と同様にして、調剤薬局は医療機関の側にあったり、様々な場所にありますので、知識や技術を身に付けておけば、就職先に困ることがないのです。
また女性でも働きやすい時間帯であることも魅力ですし、全国に豊富に調剤薬局がありますので、結婚して引越しをしても、夫の転勤でついていったとしても、働き口があることから女性の仕事としてはとてもメリットがあるでしょう。

また調剤薬局は医療機関で診察を受けて処方箋をもらって調剤薬局で薬をもらうという流れが定着化しているので、これからももっと需要はたかくなると考えられてます。
医療業界の医薬分業の流れによって今後さらに調剤薬局事務の必要性は高まると考えられているのです。

実は知らない… 調剤事務通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

調剤事務の通信講座のメリットは、調剤事務の資格を取得するための講座が豊富にあるのですが、これからはなくてはならない仕事としての位置づけがさらに確定しますから将来が安定しているメリットがあります。

今、お金や時間にあまり余裕がなくて、学校に通うことができない人なら、通学よりも通信講座なら受講料も安くすみますし、受講の内容もとても充実している調剤事務の通信講座で専門的な知識や、スキルを身に付けられることはとてもメリットとして大きいでしょう。

通信講座の一番のメリットは自分の好きな場所、都合のいい時間に学習ができる点です。
空いた時間を利用して仕事や家事と両立させながら調剤事務の資格取得を目指せるのです。
そして今は通信講座も進化しているのでネットやメールでわからないことも聞くことができますし、添削も指導も受けられるので学校とさほど変わらないサポート環境の中で学習が進められるメリットもあります。

自分のペースで学習で来ますから、仕事との両立もしやすいですし、家事や子育て中の人も、一段楽した空き時間を利用して調剤事務のスキルを身に付けられます。
また通学に比べると受講料がかなり安くなることもメリットとして上げられるでしょう。

知って得する! 調剤事務通信講座のデメリット

デメリット

調剤事務の通信講座のデメリットは、通信講座全般に言えることですが、勉強を自己管理するのが難しいことがデメリットとして挙げられます。

通信講座は自分の時間を使って学習ができるメリットもあるのですが、その反面で、自分で学習を進める気がないと続かないデメリットもあります。
通信講座は無期限ではなくて受講期間にも期限があるので、それまでに終わらないと添削などもサポートも受けられませんし、場合によっては延長料金を支払わなくてはいけないデメリットもあるのです。

学習計画は講座が運営している会社が立ててくれていますが、最終的には自分でそれを見て計画を立てて意思をもって進めなければ進まないのです。

やる気が起こらないで自分がやりたくないと思ったら全然進まないですし、今日はここまでは絶対に頑張るんだと決めていれば計画通り進むでしょうけれど意思が弱かったりいつも3日坊主で終わっている人は挫折する可能性がとても高いのも、通信講座で調剤事務の学習をするメリットです。

他の人に何もいわれませんので時間ばかりがどんどん過ぎるのです。
ですから調剤事務を通信講座で学習しようと思ったらよっぽど計画性を持って学習しなければ続きません。

調剤事務の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
院外処方は年率12~18%の高い伸び率を示しており、調剤薬局も年々増加しています。
調剤薬局には薬剤師が常駐していますが、保険請求事務ができる人は少なく、まさに保険請求事務ができる人材は引く手あまた。

また調剤報酬請求事務専門士には、専門知識だけではなく保険や薬剤の基礎知識をもち、患者を接遇することも求められるため、薬局や薬店、ドラッグストアなどの受付やフロアでの活躍も期待されています。

≪こんな人が向いています≫
迅速に、正確に細かい計算ができる事務能力と注意力が必要です。
保険の種類もさまざまあり、法改正にも対応しなければなりません。

患者との対話も多いため、明るく人あたりのよいタイプに向いています。
また薬剤師がスムーズに動けるように、医院との円滑な連携をはかるコミュニケーション能力も大切です。

医療現場の電子カルテ化、IT化に合わせ、OA機器の操作ができればさらに就職に有利です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

月々1,600円で学んで資格取得!【調剤薬局事務講座】 保険調剤薬局での業務に即したカリキュラムで、効率的に学習!
費用 【入学金】0円
【受講料】35,000円(総額制・税込)
【その他】●月々1,600円は初回3,240円の24回払いです。
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト「医療保険制度と接遇マナー編」「調剤報酬編」
保険薬早見表
マイベストノート(学習の道しるべ・修了試験問題付)(通信用)
対象 初心者歓迎
◎保険調剤薬局での就業を希望している方
◎保険調剤薬局で就業中だが、医療保険制度や調剤報酬に関する知識をより確実に習得したい方
◎医療保険制度や調剤報酬に関する知識を習得したい方
◎子育後やキャリアアップしたい方
※自宅の近所でパートタイムのお仕事を探している方など、可能性が広がります。
目指せる資格 調剤報酬請求事務技能認定
就活サポートも充実★4ヵ月の短期速修で合格力を身に付ける!
費用 【入学金】0円
【受講料】39,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々3,300円 ×12回)
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト2冊、トレーニングブック、トレーニングブック 解答解説、資料集、接遇マナーハンドブック、調剤レセプト用紙集、調剤薬局事務MAP、調剤報酬点数早見表、ガイドブック、合格BOOK、調剤試験問題、添削関連書類、その他
対象 初心者歓迎!
資格を取得して就職を目指したい方に。
目指せる資格 調剤事務管理士技能認定試験
わずか1カ月で人気資格取得!「調剤事務通信講座(DVDコース)」
費用 【入学金】0円
【受講料】40,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込み、クレジット可
標準期間 約1ヶ月
送付物 DVD全5巻、医療事務講座基礎編、調剤報酬点数表、処方せん、算定ノート、レセプトセット、薬効表
対象 初心者
目指せる資格 調剤報酬請求事務技能検定試験