不況時代に重宝する保育士の資格

保育士

保育士の通信講座は保育士の資格を取得するために国家試験に合格するための講座です。保育士になりたいと思ったら国家試験を受験して合格するか、または専門課程を持っている学校を卒業しなければいけません。

学校に通えば試験を受けなくても四角を取得することができますが、まとまった時間も必要ですし学費などもかなりかかります。

学生とは違い一度社会に出て、育児、家庭に入った人にとっては、通学で保育士資格を取得することはとても難しいですが、時間的にも費用の面でも通信講座で学習をして試験を受験して合格をすれば保育士になることはできるのです。

保育士通信講座は今、様々な通信講座専門の会社や、または専門課程を持っている学校の通信講座コースとして存在しています。

自宅で自分の都合のいい時間帯に勉強ができるようにカリキュラムも計画も組まれている教材を使って、仕事をしつつ、家事をしつつでも学習できるような仕組みになっています。

最近は教材もかなり充実しているので、資格を取得するに当たっての学習内容は、通学とそれほど引けをとらない内容です。
ただし最終的には、国家試験を受験して国家資格に合格しなければいけないということはありますが、社会人になってからでも保育士資格を取得することができるのです。

実は知らない… 保育士通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

保育士の通信講座のメリットですが、やっぱり通学とは違って時間の拘束がないこと、そして費用が通学と比べると安くつくことなどにメリットがあります。
特に保育士の通信講座を受けようと思っている人は、社会人だったり、家事や子育てをしている人が多いのですが、こういった人たちにとっては、自分の空いている時間を有効に使って活用しながら学習できる通信講座という学習方法は、資格を取得するに当たってこれ以上ない方法ではないでしょうか。

保育士資格を取得することを社会人が今多く目指していると言われています。
その中では、通勤時間や休憩時間、家に帰ってきてからのわずかな時間を有効的に使って学習をしていますから、これが最大のメリットとなるでしょう。

合間の時間を使っていてもそれが積み重なればかなり大きな時間になりますから、十分に国家試験に対応できるほどの学習時間になるというメリットもあります。
それだけでなく、費用の面でも、通信講座は大学などの学校で学ぶよりも通信制ということもあり、かなりリーズナブルな値段で学習できるメリットもあります。

分割払いが可能な通信講座もありますので、そうなれば保育士資格取得がとても敷居が引くく思えるのではないでしょうか。

知って得する! 保育士通信講座のデメリット

デメリット

保育士の通信講座を受けるデメリットですが、これは保育士の通信講座に限ったことではありませんが、通信講座という特徴上、自分自身がやる気がなくては、学習を続けることもできませんし、学習が先に続かないデメリットがあります。

講座のカリキュラムも計画もある程度決まっているので独学に比べるととても学習しやすくはなっていますが、それでも最終的にはそのカリキュラムや計画に沿って自分で学習を進められるかどうかは自分の意思に左右されるのです。

ですからいくら計画が決められていてもその通りに進められなければ意味がありませんし、学習が進みません。
本人の強い意思がなければ保育士の資格取得にまでいたらないこともあるのです。

通信講座で保育士の資格を取得したいと思っているのであれば、かなり本気で学習を進める意気込みが必要ですし、空いた時間にやるのではなくて空き時間を自分でも確保しなければいけないでしょう。
社会人になってから保育士を目指すのはかなり高い意識を持っている人が多いとは思いますが、それでも家で学習を計画通りに進めていく思いが強くなければ挫折する可能性が高いこともデメリットとして上げられるでしょう。

通学に比べると途中で挫折する確率は高いのです。

保育士の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
資格取得者の9割が公立や民間の保育所に勤務しています。
それ以外にも、児童施設や知的障害児施設、乳児院、さらには近年増えてきている劇場や映画館・美術館・デパートなどに併設されている一時預かり所も保育士の活躍の場です。

結婚・出産後に職場復帰を果たす女性も多い現在、延長保育を実施する保育園も増えており、非常勤やパートの募集も増大しています。

≪こんな人が向いています≫
もちろん第1条件は子供が好きなこと。
そして、真剣に子供のことを考えられることが最低条件です。

幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。
女性の仕事というイメージが強い職業でしたが、近年では、保母から保育士へと名称も改正され、女性だけでなく男性でも目指す人が増えています。
一日中子供の相手をする力仕事でもあるため、意外に男性の方にも向いています。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

実技対策だけしたい方に!絵画・言語・音楽のセット!添削指導オプションもあります 【四谷学院保育士講座 実技試験対策コース】
費用 【入学金】0円
【受講料】9,800円(総額制・税込)
【その他】・実技3科目セットでの価格です。
・代金は安心の後払い。
・添削指導オプション…1科目15,000円で3回の添削指導が受けられます。
標準期間 約1ヶ月
送付物 学習の手引き、実技試験対策冊子、DVD(音楽・絵画制作・言語)、バイエル解説書(1冊)、バイエルCD1枚、コールユーブンゲンCD1枚
※オプションで添削指導もつけられます。
対象 実技試験(絵画・言語・音楽)の対策をしたい方
目指せる資格 保育士
初心者から合格へ! 筆記も実技もこれなら安心! 【保育士講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】54,000円(総額制・税込)
【その他】教材費・添削・質問込み
※分割払いあり(月々3,900円×14回)
標準期間 約12ヶ月
送付物 テキスト9冊、学習資料集、実践問題集、保育所保育指針、音楽・絵画・言語実技試験対策DVD各1巻、合格BOOK1冊、でる保育士、ガイドブック、*パーソナル添削セット一式
対象 初心者歓迎!
試験合格を目指す全ての方に。
目指せる資格 保育士
最短2年!卒業と同時に保育士資格を取得できる 【児童学科 児童保育コース (3年次編入)】
費用 【入学金】30,000円
【受講料】190,100円(総額制・税込)
【その他】※190,100円は初年度納入金額になります。入学金は受講料に含まれます。
他諸費用あり。詳細は募集要項参照。
標準期間 約24ヶ月
送付物 安心して学習できるよう、学習指導書を組み込んだ「オリジナル教科書」や「聖徳通信」(月1回)を送付
対象 初心者歓迎。
すでに他の大学で2年分の単位を修得されている方や、短期大学を卒業している方に
※詳細についてはお問い合わせ下さい。

保育士を目指す方にお勧めのコースです。

目指せる資格 保育士、幼稚園教論一種免許状、小学校教諭一種免許状、児童学学士、図書館司書、学芸員