不況時代に重宝するホームヘルパー2級の資格

ホームヘルパー2級

ホームヘルパー2級の通信講座は今注目されている通信講座の一つで一番人気があると言ってもいいかもしれません。
今の日本は高齢化社会で、これからもっと高齢化社会が進みます。
介護についての広い知識も技術というのは仕事だけでなく普段の生活にも役に立ちます。

ホームヘルパー2級の通信講座の多くが、講座を受講して修了すれば、資格がもらえるものが多いので比較的取得しやすい資格でもあります。
主婦を中心に子育てと家事の合間に、ホームヘルパー2級の通信講座を受けて、将来の再就職やパートに役立てようとしている人は増えてます。

ホームヘルパー2級の通信講座は未経験でもすぐに活躍できる資格です。
介護の仕組みやサービスについての基本的な知識を自宅で自分のペースで額数をして、そしてヘルパーの経験がある講師から実践的に技術を学び、そして施設や利用者の家へいって実際に介護の実習をして資格取得となります。

修了まで全てを自宅学習で進めていくことはできないのですが、それでも、実習とあわせても外へ出る回数はそれほど多くはありませんから、お子さんが小さくても学習を進めることができるのがメリットです。

通信講座によっては、ホームヘルパー2級の通信講座修了後の就職相談にも対応しているところも多数あります。

実は知らない… ホームヘルパー2級通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

通信講座でホームヘルパー2級の学習をするメリットは、テキストや教材などを使ってしっかり知識を身に付けられますし、自分のペースで、学習をすることができることが最大のメリットです。

自分の都合のいい時間や空き時間に学習ができるというのは、今仕事をしながらホームへルパー2級を目指している人にとってはこの上ないメリットと言えるでしょう。

例えば目指している人の多くに主婦がいますが、主婦をしているので、そして子供がいて小さく、学校に通うことができなかったとしても、通信講座だったら自由に自分の都合のいい時間に学習することができうるのです。

また通信講座なら空いた時間の活用だけ出なく自分のペースによって学習を進められるというメリットもあります。
主婦の場合家事や子育てが急がしい人も多いので学習する時間が限定されますから、自分のペースにあわせて学習を進められるのはかなり嬉しいメリットでしょう。

もちろん仕事をしている人でも仕事の帰りが遅くなった場合でも夜に学習可能ですし休日を使えば学習できるのです。

ホームヘルパー2級を取得したいと思っていても学校には通う時間がない人なら通信講座を受けることはとてもメリットとしては大きいでしょう。

知って得する! ホームヘルパー2級通信講座のデメリット

デメリット

ホームヘルパー2級の通信講座を受けるデメリットについてですが、ホームヘルパー2級の通信講座だけに限った話ではありませんが、通信講座という学習の方法の特性上、都合がいい時間帯に勉強をすることができるメリットはありますが、その反面で自分でも計画を立てなければ続きません。

カリキュラムも計画も決められているので独学するよりは、計画に沿った学習をすることができますが、それでも、しっかりと自分の中でやろう、続けようと思わなければ続かないのです。

だから、資格を取りたいと思っていて、学校に通うなら、行けば、とにかくカリキュラムどおりに予定された計画に沿って、資格取得するための学習が進められますから、決められた期限の中で資格取得を目指せます。


ですが自分の都合のいい時間に学習をしたり、自分のペースのみで行っていれば計画が立ててあったとしても崩れてしまうものなのです。
もちろん、意思が相当強くて、絶対に続けられるという意気込みがあって毎日学習できるならいいですが、その通りに仕事や家庭を両立させながら勉強させるのは大変なものなのです。

費用に関しても学校に通うより安いメリットはありますが、期間内に終われない場合には延長料金が出るデメリットもあるのです。

ホームヘルパー2級の資格を取得すると…

≪活躍の場≫
資格取得後は、特別養護老人ホーム、在宅福祉サービス団体や民間のサービス企業に所属して仕事をするのが一般的です。
市町村役所の公務員になって関連の業務に携わる、独自にヘルパーの派遣センターに登録し紹介を受け、在宅ケアの仕事に就くという道も。

雇用形態も正社員だけでなく、準社員や派遣スタッフ、アルバイトと豊富なので、ライフスタイルにあわせて働けるのも魅力です。

≪気になる将来は?≫
介護保険制度が施行され、活躍の場も広がってきた現在、ホームヘルパーを目指す人材は社会に強く求められています。
制度の充実のため、厚生労働省はホームヘルパーの数を2004年までに35万人に、さらに2010年までに56万人に増やす方針を打ち出しました。

ですが、実際にはまだまだ有資格者が不足しているのが実情。
高齢化社会の進行で、ホームヘルパーのニーズはこれからもますます高まっていくでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

短期間で取得できる ※北海道・静岡県・兵庫県のみ開講
ホームヘルパー2級講座※北海道・静岡県・兵庫県
費用 【入学金】0円
【受講料】97,650円(総額制・税込)
【その他】教材費・実習費込み・健康診断費別途
標準期間 約3ヶ月
送付物 テキスト、課題集他
対象 希望者
目指せる資格 ホームヘルパー2級
基礎から知識を身につけ介護のプロを養成!
介護職員初任者研修/通信+スクーリング※池袋校・大宮校・高崎校
費用 【入学金】0円
【受講料】150,000円(総額制・税込)
【その他】教材費、実習費、傷害保険等すべて含まれています
★「友人どうし」・「ご家族で一緒に」…など複数人のグループでお申込いただくと、受講料の割引などの制度があります。
標準期間 約3ヶ月
送付物 テキスト、学習課題
対象 初心者歓迎! 介護の経験の有無にかかわらず、幅広い年代の方々にお問い合わせいただいております。
目指せる資格 介護職員初任者研修
【割引キャンペーン実施★】真似のできないメリットがいっぱい!
ニチイの介護職員初任者研修
費用 【入学金】0円
【受講料】158,000円(総額制・税込)
【その他】※分割・各種割引あり
★オープニングキャンペーン実施!158,000円⇒138,000円
受講料2万円OFF!(7/5まで)
キャンペーン開始時期は都道府県により異なります。
標準期間 約4ヶ月
送付物 テキスト5冊/学習ガイドブック/スクーリングノート/レポート問題/レポート問題 解答・解説
対象 初心者歓迎
介護・福祉分野の勉強は初めて、という方にもおすすめの講座です。
目指せる資格 介護職員初任者研修の修了証明書