不況時代に重宝するフラワーデザインの資格

フラワーデザイン

フラワーデザインの通信講座は、花を自由自在に操って従来の生け花とはまた違った観点から花を楽しめる通信講座です。
フラワーデザインをやったことがない人向けの初心者の通信講座もありますので、心を落ち着けて花と戯れることはとても大切なことなので、趣味としても楽しい講座です。

今フラワーデザインの通信講座は、花が好きな人のみならず、高齢者で生涯教育としても選ばれてます。
生け花教室に通ったりフラワーアレンジメント教室に通ったりするとお花代もかかったり、何かと費用がかかると思われがちですが、通信講座ならそんな心配もありません。

通信講座で自分のペースで自宅学習ができるので、もし庭に自然の花が咲いているという人はその花を使っても学ぶことができるのです。
花の扱い方から色についての知識やノウハウまで色々と教えてくれます。

普段仕事をしていて教室に通えない人でも、フラワーデザインの通信講座なら手軽に自宅で学ぶことができるのです。
テキスト教材に加えて大半のところで、DVDなどの動画を見ながら教えてくれますから先生がするのを真似ながらフラワーデザインのノウハウや知識を学ぶことができるのです。
初心者でも趣味で始められる講座です。

実は知らない… フラワーデザイン通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

フラワーデザインの通信講座のメリットは、自宅で手軽に花についての学習ができるメリットがあります。
お花が好きで、やってみたいけど、わざわざ教室に通うのもちょっと・・・と思っている人や、教室に通う時間はない人、教室は高くつくので安く学びたいと思っていた人にとっても、ぴったりな通信講座です。

フラワーデザインの通信講座の大半が本格的に職業を目指している人のための通信講座というよりも、花と戯れて楽しむことができる趣味を目的にしている人向けが多いです。
楽しみながら花と戯れたいと思っている人にぴったりな通信講座です。

フラワーデザインの通信講座なら自宅で好きな時間に学ぶことができますし、お花など材料も自分で安く手に入る花屋さんや、または、庭に花が咲いているのであれば、その花を利用することもできるので、通学やお花の教室に通うよりもかなり安い値段でしっかりと学べるメリットもあるのです。

通信講座ですから仕事をしていて普段帰りがおそく、教室に通えない人でも自宅に帰ってから自分のペースで学ぶことができますからいいですね。
自分のペースで趣味として楽しみながら花を学習できるのがフラワーデザインの通信講座のメリットです。

知って得する! フラワーデザイン通信講座のデメリット

デメリット

フラワーデザインの通信講座を受けるデメリットは、通信講座なので講師がいて、それを見て学ぶこともできませんし、また講師に自分のフラワーデザインを見てもらって、それをすぐに評価してもらうことができないデメリットがあります。

もちろん通信講座によってはサポート体制も整っているのでとてもしっかりとサポートしてくれて、DVDなどの教材を使えば、講師がいるのと同じ、通学とかわらない内容で学習を進めていけることもあります。

しかし実際にフラワーデザインを生で見るのとDVDなどの教材で見るのとでは、随分違いがありますのでその点で少し仕上がりにも差が出てしまう可能性があります。
また分からない点があったりしても後からアドバイスをもらうことができるかもしれませんが、わからないと思った時点ですぐにアドバイスを受けることができないデメリットがあります。

デザイン系は、あっているのか、あっていないのか、ちょっと心配になったりして、その点通学だとすぐに見てもらって評価してもらえるので、安心ですが、通信講座なのでその点で自分ができているのか、できていないのかわからないというデメリットがあるでしょう。

学習も自分で進めなければ進まないので通学より挫折する可能性が高いです。

フラワーデザインの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
フラワーショップでは花のアレンジセンスが売り上げを大きく左右するので確かな技術をもつことが証明できれば就職にも有利でしょう。
お店によっては昇級につながる場合もあります。

その他、ホテルやレストラン、ショップのディスプレイ、結婚式や各種イベントなど、活躍の場は多岐にわたります。
能力次第ではフリーのフラワーデザイナーやフラワーコーディネーターとして独立したり、フラワーインストラクターとして教室を開くことも可能です。

≪こんな人が向いています≫
初心者がフラワーデザイナー1級を取得するには、早くても3、4年はかかります。
スクールに通いながら1級取得を目指しましょう。

就職先はフローリストはもちろん、将来の独立も視野に入ります。
1990年開催「国際花と緑の博覧会」以来、フラワーデザイナーは一気にスポットライトを浴びた感がありますが、まだまだ参入の余地はあります。

安く、品種も増えたフラワービジネスの現場では、デザインが大きな付加価値となっているのです。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

自然の花色そのままの押し花づくりと押し花作品制作の様々なテクニックが身に付く【押し花通信教室】
費用 【入学金】0円
【受講料】29,800円(総額制・税込)
【その他】★分割払いなら月々3,900円から手軽に始められます! (3,900円×8回)★

☆先着500名様限定!プレゼントキャンペーン☆
「押し花通信教室」にお申し込みいただいた方の中から、先着500名様の方に、四季折々の草花の特徴や押し方を解説した「押し花野草図鑑」と「押し花 花図鑑」(各 全160p)をもれなくプレゼントいたします!!お申し込みはお早めに!!

標準期間 約8ヶ月
送付物 テキスト2冊、バリエーション作品掲載単行本、押し花パック、カード、クリスタルボックス、ペンダント(ゴールド・シルバー各1)、アロマキャンドル2個、押し花制作用キット、額3点、専用ピンセット、専用カッター、フラワーポンプ、コーディング剤、ほか
対象 初心者歓迎!
花が好きな方や、自宅でできる趣味を持ちたい方、将来、教室開設を目指したい方に。
目指せる資格 規定作品提出者には修了証発行
【魔法の花 プリザーブドフラワー製作講座】基本からアレンジまで、プリザーブドフラワー技術を自宅で習得!
費用 【入学金】0円
【受講料】48,000円(総額制・税込)
【その他】分割払いあり
標準期間 約5ヶ月
送付物 A液(脱水用)6本、B液(染色用)赤、青、黄色、ピンク各1本●加工用具(真空容器・ポンプ、クリアカップ、ビニール手袋)●アレンジ用副花材(ワイルドベリースプレー、テヌイフォリウム、ソフトミニカスミ草、ライスフラワー、アイビー、モス)●アレンジ用材料・用具(花器、サハラ、ワイヤー、フラワーテープ、ボンド、専用ハサミ、ピンセット、リボン)●ガイダンス●実物指導提出用紙●質問用紙 他
対象 初心者歓迎
花が大好きな方、ご自宅でできる趣味をもちたい方におすすめの講座です。
目指せる資格