不況時代に重宝するドッグトレーナーの資格

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーの通信講座は、ドッグトレーナーになりたい人が学べる通信講座です。
ドッグトレーナーとは人と犬が一緒に暮らせるためのマナーを教える存在です。
一緒に暮らしていくためにはしつけをしなければいけません。

きちんと躾されている犬は、人間と一緒に住んでもストレスになりませんが、しつけがあまりされていなければ、一緒に暮らしていく上でお互いストレスになってしまうこともあるのです。

子供の頃に私達が親からしつけをされてきたのと同じように、犬にも躾をしていく必要があります。
ですが飼い主は人間とは違う犬を躾するのは初めてなので、どうやって躾をしたらいいのか困ってしまいますので、ドッグトレーナーとして犬の躾をしたり飼い主に指導したりアドバイスをしたりしていきます。

通信講座のドッグトレーナー講座を取り扱っているところは今多数ありますが、テキストだけでなくDVDなども付属されているところもありますので、動画を見ながらノウハウをしっかりと身に付けられて学習しやすいのが特徴です。

おすわりや、まて、伏せといった基本の小犬の躾を中心にしてドッグトレーニングを通信講座で学ぶことができるのです。

仕事に活かすことができるのは勿論自分のペットの躾にも活かせます。

実は知らない… ドッグトレーナー通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

ドッグトレーナーの通信講座を受けるメリットは、まず将来性にあります。

ペットを飼う人が増えている現代で特に犬を飼う人は圧倒的に増えています。

犬を取り巻いているペットビジネスもとても変化しているのですが、犬のしつけにかんしてのビジネスはまだ発展途上段階で、日本ではドッグトレーナーの需要が高いとされています。

ペットビジネスの中でも躾ビジネスはまだまだこれからですから通信講座で学習をしてノウハウやスキルを身に付けることは将来的にも期待できるというメリットがあります。

今は別の仕事をしているので、ドッグトレーナーの勉強は学校に通ってまではできないという人でも、通信講座なら自宅で自分のペースで学習を進めていけるというメリットもあるのです。

仕事や家事と両立させながらドッグトレーナーとしてのノウハウやスキルが学べますし、通学を選ぶよりも時間の拘束もなく自分のペースで学習できるのです。

費用の面でも通学よりも安いというメリットもあります。

ドッグトレーナーの知識やノウハウを通信講座で身に付けた後は、ビジネスに活かさなくても、自分のペットの躾に活かすこともできるというメリットもありますから、将来性は公私共に充実していると言えるでしょう。

知って得する! ドッグトレーナー通信講座のデメリット

デメリット

ドッグトレーナーの通信講座を受けるデメリットですが、通信講座は自分のペースで自分の好きな場所で学ぶことができるというメリットもありますが、その反面で、わからないことが出てきてしまった場合や、つまづいてしまった場合に、自分ひとりで全て解決していかなくてはいけないデメリットがあります。

通信講座によっては、専任の講師がいて、添削指導からわからないことに対してのサポートなども請け負ってくれるところもありますが、それでもすぐに聞くことができず、疑問が生じてからしばらく時間が経ってから答えてもらうので、そういった面でタイムラグが出るデメリットがあります。

また、通信講座なので独学とは違いテキストの内容も充実していますし、ドッグトレーナーになるためのノウハウをしっかりと身に付けることができるとは思うのですが、それでも学習が進まなければ意味がありません。

自分で学習を進めていける人でなければ、みにつかないデメリットもあります。
通学の場合はその点いけばイヤでも学習することになりますが、通信講座は自分で学習を進めなければ進まないのです。

こうしたデメリットが、ドッグトレーナーの通信講座を受けるに当たってはありますので、よく考えて受けるようにしましょう。

ドッグトレーナーの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
警察犬や盲導犬、災害救助犬などの各種訓練施設での研修後、もしくは各種専門学校を卒業した後、訓練士として活躍、もしくは、ペットのしつけを目的とした施設のトレーナーとして活躍するのが一般的です。

特に近年、増加しているペットに関わるトラブルを軽減させるために、社会に適応する犬のしつけと飼い主への指導ができるドッグトレーナーが注目されています。
今後、しつけ教室や出張サービスなどで、独立開業する人も増えてくるでしょう。

≪必要な知識とスキル≫
ドッグトレーナーになるための国家資格はありませんが、訓練対象となる犬の種類によって、各団体・各協会がそれぞれの基準や資格を設けています。
いずれにせよ、犬の習性や行動に関する知識、犬に対するコミュニケーション方法とトレーニングスキルは必須。

また犬との信頼関係を築くと共に、対障害者、対飼い主とより良い関係を築くためのコミュニケーション能力も必要です。
そして何より「犬が好き」という思いが大切です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

愛犬と飼い主が一緒に楽しむアジリティの入門編。初めての方でも安心!!★資格が取れる!
ドッグスポーツ入門講座【アジリティで遊ぼう!】
費用 【入学金】0円
【受講料】49,800円(総額制・税込)
【その他】※受講料10,000円割引中!(5月6日まで)
※1万円分のポイント還元中!(5月7日~5月31日まで)
※お支払い方法は 一括払い/カード払い/代引 から選択
標準期間 約3ヶ月
送付物 ・オリジナルテキスト1冊
・DVD1巻
・添削課題1回
対象
目指せる資格 ・JCSA(日本キャリア教育技能検定協会)認定「アジリティドッグトレーナー2級・プライマリーライセンス」を交付
【ドッグトレーナー基礎講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】75,000円(総額制・税込)
【その他】※お支払い方法は 一括払い/分割払い/カード払い から選択
標準期間 約3ヶ月
送付物 ・総合テキスト1冊
・訓練テキスト1冊
・DVD訓練編3巻
・添削課題3回
・学習ガイドブック1冊
・学習質問シート
対象 全くの初心者から、ペットサロン・ペットショップ・ペットホテル・動物病院などへの就業に役立つスキルを身につけたい方。
目指せる資格 ・JCSA(日本キャリア教育技能検定協会)認定「ドッグトレーナー・プライマリーライセンス」を交付
【ペット飼育アドバイザー】 ペット共生社会が待ち望む専門家を目指す!
費用 【入学金】0円
【受講料】210,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫[一括・分割]クレジットカード/教育ローン[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約6ヶ月
送付物 ・テキスト4冊
(「動物看護学」「ペット社会学」「繁殖飼育学」「犬種標準学」)
・冊子テキスト2冊(「トリミング技法」「ペット専門用語事典」)
・資料DVD 10枚
・添削課題
・犬・猫骨格ポスター 2組
[ 添削:4回 ]
対象 初心者歓迎
目指せる資格 一般社団法人 日本ペット技能検定協会認定 「ペット飼育アドバイザー」「小動物看護士」「小動物介護士」「ドッグシッター」